動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 お狂はクリスチャンなので、書いている内容が堅いとか、居丈高だとか、いい気になってるとか、長い文章ばかりでつまらないと言われておりますが、今日も堅い内容です。

 ダイナ君の入院時に、世帯主が買ってきた週刊誌、そうそうダイナ君がクロスワードパズルに梃子摺ったやつですよ。その週刊誌にですね、昭和の文壇を物語る写真が数枚掲載されていたのです。嬉しかったですね。何が嬉しかったというと、昭和という時代を皆様がたはどうお読みになるかは知りませんが、私の中ではまだ常識があった時代と思っております。

 文壇の集まりに十三人の方々が集まった写真があります。男性ばかりで皆スーツですよ。あの石原慎太郎氏も若いながら、ネクタイはしめていませんが、ポケットにはチーフ。さりげなく、ダンディなところをアピールしたのでしょうね。目つきが生意気だね、デビューしてすぐの頃ですよ。いわゆる作家が文士と言われた時代なんですね。

 この写真をお撮りになったカメラマンは、「当時の文士たちは書くことだけに集中し、他のことには全く興味がない」とお書きになっています。また、「文士たちは書くときも遊ぶときも真剣で、だらしない格好はしない」三島由紀夫氏はこの写真の中にはいらっしゃいませんが、書くときには袴をはいて書いていたらしいです。

 この同じ週刊誌に、あのライブドア裁判の模様が書かれてあるのです。堀江氏の悪口を書こうと思えば、今日も明日も明後日もしばらくずっと書けるくらい、私は書けますよ。しかし、この文士の方々の写真を見て、どうして私があの方も嫌いか、良くわかったのです。つまりは、堀江氏の格好、仕事中もプライベートも同じ。あれがおかしいと感じるのですね。おかしいというより、仕事に対する感覚が違うのですよ。おそらく堀江氏は、楽しくないなら仕事じゃないとか、楽しいから仕事してるんだとか、やりたいからやってるんだ、遊びも仕事も同じとか言うんだろうなと思うのです。

 日本文学はようやく明治になって始まりました(古典文学はおいといてね)。言文一致運動がおこったり、とにかく文学というジャンルを確立するのに、明治時代の作家と呼ばれた方々は苦労した。作家の地位は低かった。それを菊池寛が戦前、戦後を通してきちんとした職業として確立してくれた。もちろん、そこには文壇で物を書いてきた方々の精進があってこそですが。昭和の文士たちは、戦後になって、ようやく小説でも読もうか、小説を読むのか楽しいかなという時代を担ってきたわけです。先人たちの努力を受け継いで、ですね。まだ、あの時代、それがあったなと思います。

 彼らは必死であったと思いますね。必死だった先輩がたを見ています。言論統制があった時代もそれほど昔でもありません。彼らは時代を担って仕事をしていました。

 堀江氏は「時代の寵児」と言われましたが、私は「なんじゃ、そりゃ」といつも思っていました。マスコミもいいかげんな人をいいかげんに持ち上げたなと思います。確かに、既成概念を崩すとき、破天荒な人物が出てきます。だけれども、彼はあまりにも軽すぎる。時代を担う者の責任はおろか、会社を率いる責任すらない。

 彼の著作の中で、すみません、読んでいないので、前に週刊誌に書いていたと思うのですが、ご自分のお父様のことを「一生懸命働いているわりには、報われていない」つまりはお金を稼いでいないと書いていたらしいのですが、私は目の付け所が全然違うと思います。「一生懸命働いている」ところに目をつけるのが普通の人間だと思います。つまり、彼は一生懸命働いている感じがしないのです。ライブドアの幹部の方々のことを「体育会系サークルののり」と何回か表現されるのを聞きましたが、そこに会社に対して、株主に対して、社会に対して、責任がない。これをなんか腹立たしく見ていました。

 で、動物愛護運動ですけど(やっとか)、これがどこから始まったのか、どうなっていったのか、ざっと歴史はわかっていますが、現在私たちはどのように受け止めていけばいいのか。誤解なきよう、一言付け加えておきますが、私は動物愛護運動家ではありません。どこの動物愛護団体に所属しているわけでもありません。

 しかし、こうしてブログで「里親さんを募集しています」というときに、いつも動物愛護運動のことが頭にあります。基本は「いのちを大切にしてほしい」ということですが、歴史の中で始まってきた動物愛護運動をもっと発展させて、殺処分ゼロの世の中になることをいつも願っています。「里親さん募集」しなくてよい社会になってほしいという思いがあります。別に運動をしているわけではありません。だけれども、すべてのいのちの上に平安が与えられるために、自分にできることがあれば何からでも一つからでもやります。

 その思いがあるために、今まで歴史の中で一生懸命やってきた方々の思いと逆行することはしたくないです。その思いを継いでいきたいなと思います。どの分野も自分が一番最初の先駆者であるということは、まずないと思います。市民権を得るために、戦ってきた方々がいたなら、そこに敬意を表するところから始めて、思いを継いでいく。方法は違うかもしれないし、これは自分のスタイルではないと思うかもしれない。しかし、そこから派生していくならば、派生していくそこまでを作った方々がいらっしゃたのだということ。

 それを忘れないでいたいと思うのです。一人で生きているのではない。自分は歴史の中の途中の点に過ぎないわけですから。もちろん歴史に名前など残りません。でも残るか残らないか、そんなことはどうでもいいことです。自分は今やっていることに真摯な思いで取り組んでいる。それが袴をはいて仕事するということなのだと思っています。

 別にお狂は動物愛護運動を仕事にしているわけでも、仕事にしたいわけでもありません。しかし、動物愛護という言葉が好きか嫌いかはおいておいて、この運動を邪魔することも印象を悪くすることもしたくはありません。

 また今日も堅くなってしまいました。
スポンサーサイト

2007.03.30(Fri)23:47 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0

ホントに里親募集なんてなくなる世の中が来るといいですね!!
その日まで自分の出来る事をするだけですね。。。コツコツと・・・e-365

2007.03.31(Sat)00:01 |  みえっち #- | URL [ 編集 ]
みえっちさま
みえっちさんも、いろいろと里親募集のアピールをなさっていますから、
心底そう願ってらっしゃるでしょう。
お仕事の方では、お体のつらい方々を治していらっしゃるし、
それもまた責任のある大変なお仕事ですね。
お休みがないっていつも言ってらっしゃるしね。
ご主人ともども、頑張ってください。



2007.03.31(Sat)00:07 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
「書いている内容が堅いとか、居丈高だとか、いい気になってるとか、長い文章ばかりでつまらない」って・・・。
すみません、よくわかってないのですがそういったご意見は鍵コメとかでくるのですか?
そういう方は何も言わずにそっと去ってくださればいいと思ってしまうのですが。。。
まぁ、いろんなご意見があって当然ですから。
気にされてはいらっしゃらないとは思いますが、お気になさらず!

2007.03.31(Sat)15:23 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
あ、同居人さん、ご心配すみません。
うだうだ言っているのは、ほとんどぶんちゃんですが、
まあ言われても仕方ないかと思っております。
鍵コメできたことはないです。
でも、思ってらっしゃる方は鍵コメでも書き込みませんけどね。
ある意味、自省の意味をこめて書いてみたのですが、
ご心配かけてすみません。
いろいろ言われる方もいらっしゃいます。
もちろん気にしてません。
いろんな方がいれば、いろんな価値観もありますしね。
実際、思いあたってもおりますしね。
ほめてくれる人が一人いれば、
悪く言う人は十人いるんですよ。
そういわれました。
だから、いつもいい気にはならないようにしております。
なんかご心配ありがとうございます。
ごめんなさい。

2007.03.31(Sat)21:23 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
例えば子供を育てられないなら、
去勢するとかしないといけないですよね。
捨てられて公園の横で車に引かれている犬や猫を見ると
可愛そうです。

2009.01.27(Tue)17:19 | たはら #YrIIMpuo | URL [ 編集 ]
たはらさま
ようこそいらっしゃいました。
はじめまして。
おっしゃるとおりだと思います。
猫などすごい勢いで繁殖するのですが、
最初の一匹を避妊さえしていれば、
一匹のままいのちを全うします。
それをしない限り、悲惨な光景は後を絶ちません。
本当につらい光景です。

2009.01.28(Wed)01:08 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年03月 30日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 袴をはいて仕事する
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 袴をはいて仕事する
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年03月30日 (金)
  • 23時47分06秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。