動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日のお話で真面目路線はもうやめて、いつものお茶らけで行こうと思っていたのですが、実はかねてより記事にしようとしながら記事にしていないことがらがあったので、これでダメ押しの最後といたします。お狂の「賢い飼い主になろう」最終シリーズ(どの辺が賢くなっているのかよくわかっておりませんが。あまり具体的なお役にたっていないような気も)。

 気をとりなおして、さて今日はストラバイトです。ご存知、結石ですね。猫砂の成分をなめるために微量でも体に入っていって、ストラバイトの原因を作っているかもしれない(あくまでしれない、です。獣医さんに確認できていませんし、そんな実験、獣医さんがしてくれるとも思えないし)と、一昨日にもちょこっと書きました。私自身は、それも多少はあるかもしれないとは思っておりますが、さてこのストラバイトです。

 おそらく原因ははっきりまだわかっていないと見ましたね。おそらく、いろんな説が出回っている段階かと思います。それで、ご存知と思いますが、うちに三匹にいる猫さんたち、まず町子は二回発症しました。助三郎も一回。年子だけ石を作っておりませんね。

 最初、三匹で使っているトイレの砂(白い紙)が赤くなっていました。「ぎょ! 血尿じゃん!!」こうなってくると、トイレの複数頭使用は大変です。どの子だろうかと思っているちょうどその時。町子が目の前でトイレに入りました。赤い。しかも、しばらくしてまた。膀胱炎か!! 病院に連れていきますと、ストラバイトだと。それで私が若い獣医さんに言われたことは、「原因は、犬は違いますが、猫は体質です」とはっきり断言されたのです。町子がうちに来て何ヶ月だっていたでしょうか? 半年たってないですね。四ヶ月くらいかな。町子は一体何歳だろうか? 体の大きさから見て助三郎より小さいので助ちゃんより年下だろうと思っていました。発症当時一歳くらいでしょか? 

 町子が処方食になってしばらくすると、今度は助三郎から血尿が。雌より牡に多い病気で、牡の方が命にかかわると教えられておりました。しかし、三匹いて、そのうち二匹ですよ。うちに来る猫は、体質的に石を作る猫なのか。年子は長毛なので、短毛の二匹はなりやるくて、長毛の方がなりにくいのか、とか、黒猫はなりにくいのか、とかいろいろ想像してみましたが。

 ご存知のように、うちは三階建てのケージに猫さんたちは入っています。一日のうちに何時間かそこから出して、家の中を自由に動いてもらっているのです。食事もトイレも三匹とも一緒。獣医さんに「年子だけ、違う食事にするんですか。皆、一緒に食べているんだけどなあ」「2段階めの処方食は、年子ちゃんも食べても大丈夫ですよ。おなかの調子がかえってよくなるかもしれません」とのこと。

 さて、そこで、です。町子と助三郎が石を作ったという記事をupしましたら、どなたかおわかりになる方はおわかりになると思いますが、うちのブログの御贔屓様で当時9匹猫さんを家族にしていらっしゃる方がいらっしゃいました。その方が「そんなにポピュラーな病気なんですか? うちはお宅よりずっと数が多いのに、一匹もなったことないですけど、これから気をつけないといけないですよねえ」

 この時、私は疑問に思ったのです。体質というけれども、猫が9匹いるところに、1匹も発症しなくて、3匹のところに2匹発症する。猫は紀元前から飼われていたというけれど、体質というなら、石ができやすい体質はいのちを落としやすいわけだから、これまでにそこそこ淘汰されてきたのではないか。本当に体質だろうか。

 二匹とも石がなくなって二ヶ月後。なんと、町子はまた発症してしまいました。獣医さんも処方食を食べていて、どうして発症したのでしょうと驚いています。こうなってくると、体質というのはまことしやかに聞こえてきます。しかしながら、そのとき更に疑問として、年子は処方食を食べていて本当にいいのかと思ったのです。処方食を食べていたら石ができない。できやすい体質の猫にできないのなら、できていない体質の猫に何もないわけがないのではないか?

 町子の治療が始まったところで、インターネットペットショップからのメールニュースにふと目がとまりました。あれ買ってね、これはバーゲンだからねというお店が多い中、そこのお店は犬さんや猫さんの体にこれがいいですよ、なぜかというとこういう見地に立っているからです。そういうわけでこの商品をお勧めしますよ、というメールがくるのです。目に止まったメールとは、処方食をずっと続けていてはだめですというメールです。

 体のバランスを崩すことになります。基本的に栄養価の高いフードを与えて、サプリメントなどで個々に補充してあげた方がいいです、というものでした。

 何を信じるかというのは、人によって受け入れ方が違うので、どう表現していいのかわかりませんが、私はなんかもっともだなあと思ったのです。年子は大丈夫なのかといつも思っていたからです。

 そして、その一ヶ月後ですか、私のブログの御贔屓様の猫さんがストラバイトで、こちらの獣医さんのブログが参考になりましたというので、覗いてまいりました。

出てますか?弱酸性尿

 中島先生は、ゆで野菜と運動不足が原因であり、ストラバイトになったら、肉食にするこことブログで書いてらっしゃいます。ご贔屓様のブログでこの先生のブログを御紹介すると、そこの方々は「極論だ」という方もいらっしゃいましたし、「そういう説もあるのかな」という反応でしたが、私は町子も助三郎も運動不足であることは否めない、いや絶対そうだと思ったのです。体質ではないなと思いました。

 うちの家には動物が触れては困る楽器が多くあります。また、犬の格之進は最初こそ猫さんに対しておとなしくしていましたが、うちに馴れてくると、猫さんに吠えるようになり、猫さんがケージから出ると、ひと悶着あるので、猫さんたちをケージから出す時間が次第に短くなっていったのです。もともと、どうしてケージに入れてあるかといいますと、「猫は上下運動できればいいです。家の中では短い時間、運動するのでいいのです」と本に書いてあったから、ケージに入れてあったのでした。

 なぜ、9匹の猫さんに発症しなくて、うちでは3匹のうち2匹も発症したのか。運動不足だからだ。そう私が結論づけたのもも、無理からぬことではないでしょうか。ゆで野菜は食べさせていません。

 それからは、なるべくケージから出すようにし、時々(現在ストラバイトがおさまっていますから)格之進が食べているお肉を三匹に食べさせてあげたりしています。

 そうそう、お肉といいますと、基本的に肉食の動物にはお肉をあげるのが一番いいのではと思ってはいます。しかしながら、お肉だけに頼るとちょっと怖い気持ちもあります。というのも、生で与えてはいますが、ヴィタミン、ミネラルなど補給がいるのではないかと思ってみたりもしますので、このあたりはフードの問題とからんでいて、何をどのくらい与えるのが理想的なのか。という問題に結論が出ていない間は、いくつかの方法を試してみないと不安があるということでしょうか。野生でどのように暮らして、食事してきたか、ということに明快な答えがなく、野生ではなく人間社会では、その食生活のどこを違えればいいのか、という答えもまた出ていません。そういうこともあって、格之進も朝はフード、夜はお肉です。

 というわけで、私は石ができるのは、体質ではない、と思っています。体質の猫さんもいるとは思います。しかし、これはわからないだろうなあと思いますね。もっと医学が進歩しなければね。

 今回学んだことは、少しでも納得いかなければ、調べてみる。幸い、今回、納得のいく答えが出ました。運動不足であることは間違いありません。もちろん、体質の可能性だってあると思います。でもいろんな症例が、簡単に検索できるようになれば、飼い主はもっと病気について知識を得ることができますよね。
スポンサーサイト

2007.04.24(Tue)21:07 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0

賢い飼い主様です
ストラバイト体質論のインチキを見抜かれたのは、誠に賢明なことだったと存じます。よろしければ、私の部録70号と81号をお読み願います。
犬との悶着を回避するためケージに猫たちを閉じ込めておくのは感心できません。恐怖のストレスによって交感神経が緊張し、尿が酸性化するのです。安全なケージの中では交感神経が弛緩し、副交感神経が作動するので尿pHがアルカリ性になりがちです。こういう理屈を並べても納得できますまい。論より証拠、ご自分で猫たちの尿pHをチェックなさってみては如何でしょうか。pHデータに基づいて考察していただければ、益々、賢い飼い主様になられるに違いありません。敬具

2007.04.24(Tue)22:43 | Dr.中島健次 #Yv3g3TW2 | URL [ 編集 ]
中島先生
やはり専門家のご意見は聞くもんです。
お馬鹿な飼い主であること、まるばれって感じです。
確かに人間の都合で、うちの猫さんはケージの中に入っているわけです。
犬さんの都合ではないんですよね。
恐怖というのは悪いことしかないと思っておりましたが、
そういう効果もあったのですか。
う~ん、やはり人の意見を広く求めていかねば、
賢い飼い主になる道のりは遠いですね。
中島先生、敷地の土をかえるというのも私、ひそかにやってみたいと思っているのです。
またお教えください。

2007.04.25(Wed)00:17 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
うちも只今ようやく結晶が見えなくなりましたが、はじめは大焦りでした。
雄猫ゆえに注意はしていたものの、考えてみると発症したころは、こちらも忙しく、一緒に遊ぶ時間も少なかったように思います。獣医さんからストレスが原因になるともいわれました。
家の中だけで暮らす猫さんにはどうしたって、運動量や、緊張感の限度はあって仕方が無いですよね。そのなかでも、最良のみちを見つけられたらと思います。
今回もとてもとても参考になりました。私も賢い飼い主にならなくては!

2007.04.25(Wed)04:36 | 順梟 #- | URL [ 編集 ]
一連のシリーズありがとうございます。参考になります。とても賢い飼い主とは言えないわ、私。

うちの子がストラバイトを発症したのは生後半年経ってない頃でした。獣医さんからは、まさしく「体質」と言われました。私に取っては衝撃でした。雄猫には命に関わるってことでしたから。
動揺が収まっておかしいなと思ったのは、うちの実家は代々ずーっと猫が切れたことがない家なのですが、尿が出なくなった猫っていなかったのです。
実家の猫は家と外を自由に行き来し、また家は山にあるので山中を走り回って遊ぶという半野生の猫なのです。

しばらくして、にゃん吉が庭や畑で遊ぶようになって、その頃から一度も発症しなくなったのです。その時原因の一つに運動不足があるとどこかで見た記憶が甦り、やはり運動不足が原因なのかもと思ったことでした。

恐怖って悪いことばかりではないのですね。人間もある程度の負荷がかかっている方がいいとも聞いたことあるし。

猫は外で獲物を捕ると、全部食べるといいますね。そうやって必要な栄養を摂っていると。お店のお肉はそう言う意味では肉食とは少し違うのかも?色々と勉強しなくちゃ、です。考えるきっかけを与えて下さってありがとうございます。にゃん吉には長生きして欲しいのです。20年は一緒にいようねって約束してるのですから。


2007.04.25(Wed)06:19 | にゃん吉ママ #- | URL [ 編集 ]
“恐怖”。。。。そうかぁ~~
うちには11匹の猫と時々「ウゥ~ガオォ~!」なんて言う犬も家の中にいるから、緊張感や恐怖がいっぱいなのかもしれませんねえ~~
それが良かったのかな?!
でも、気が弱くて神経質なぷりんは時々オシッコが出なくなることがありました。。。でも、これは結石ではなく精神的なストレスからだったのですが(意地悪パン太のいない2階でくらすようになってからは大丈夫なんですが)
お狂さんは猫や犬の健康について勉強されているし気を使っておられてて本当に偉いです!!
少しは見習わなきゃ。。。。。!!!

2007.04.25(Wed)09:45 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
順梟さま
犬に比べるとお散歩がないので、気軽に猫を飼いますが、
そこに落とし穴があるかもしれませんねえ。
かわいいから事故に合わせたくはない。
室内飼いは当然ですよね。
それで安心してしまうのは仕方ないかなと思いますもん、自分のことを反省して。
順梟さんのようにブログに猫さんのどたばたふりをupしてらっしゃる方は、
大丈夫ですよね。
うちも動画つけるかなあ。


2007.04.25(Wed)12:24 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
にゃん吉ママさま
最近の動物研究の主流は、動物行動学ですぞ。
つまりはその動物の行動をじっと観察し、
その動物がどういうときにはどういう行動をおこすのかということから、
生態を解き明かしていったりしておるようですなあ(違っていたらすみません)。
それだけ、わかってないんですよね。
でもさすがに猫飼いの経験から「体質論がおかしい」と思われたのですね。
別に学者でなくても、普通に猫を何匹も飼っていればおかしいと思うんですよね。
「体質です」で片付けられてしまうのはやめてほしいですなあ。
中島先生の説を広めていかねば、なんか間違った治療されるような気が。

2007.04.25(Wed)12:32 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
お、噂の多頭飼い様、登場!!
あのとき、「うちには石ができた猫は一匹もいない」とおっしゃってくださらなければ、
あのまま「体質」で納得していたでしょう。
ブログは素人の集団ではありますが、
情報が集まる場所となっておりますので、
本当によかったと思った出来事でした。
長い間猫を飼ってらっしゃる方、多頭飼いをなさっていらっしゃる方、
こういう方々のご意見は大切に聞いていかねばと思っております。
動物行動学の一歩ですから。

2007.04.25(Wed)12:35 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
お狂さんすごいです!
ちゃんと勉強されたのですね~!
自分自身が納得できなければと思いつつ忙しさを理由にしてついついないがしろにしてしまいがちです…
反省です!
自分のところで一度紹介しておきながらなんですが(笑)
お狂さんのお話を改めて読んでみると思い当たることがあります。
ももが発病したのはいつも私の仕事が忙しくなった時でした!
帰りが極端に遅くなり、こちらも疲れがピークに達してしまい
家に帰ってから遊んであげることが出来なかったように思います。
少しの時間でも思いっきり遊んであげるべきだったんですね~!
もう再発はさせないように頑張ります!

2007.04.25(Wed)22:31 | rinko #KU.fK8B6 | URL [ 編集 ]
rinkoさま
いえいえ、お勉強などと。
どうしてうちにばっかりストラバイトがという疑問に、
体質ではどうもなあと思っていたものでして、
rinkoさんが教えてくださらなければわかりませんでした。
中島先生はお年を召された方ですが、頭が堅い方ではなくて、
いろいろとチャレンジされていらっしゃる方なので、
ブログの内容はおもしろいです。
健康に対する探究心というものがおありになって、
それがどうしてかというのがお年を召されていらっしゃる方だからこそお持ちのエピソードも拝見しました。
どうしてお若い獣医師さんが気がつかずに、
外来なさってない中島先生がおわかりになっていらっしゃるのか、
なんか不思議に思っています。
ご紹介いただきありがとうございました。


2007.04.26(Thu)00:02 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
興味深い話ですねぇ。

うちの姫ちゃんも一昨年、膀胱炎でストラバイトが出ました。

その時の原因として上げられたのは、やはり体質、
そして某有名メーカーの某缶詰を長く与えていると
そうなる猫が多いと医師から言われました。

私自身が考えたのは、
初めて猫砂を木を主成分にした特殊な砂にしてから間もなくだったので、
その砂が嫌で排尿を我慢して発症した?ということです。

幸い1か月で完治しましたが、
その時はまだ姫ちゃんひとりだったので、運動不足もあったかも、です。

今は2にゃんずで家中走り回ってます。(~_~;)
そして尿路疾患に配慮したカリカリを与えていますが、もうあんな辛い目には遭わせたくないですね。

2007.04.26(Thu)21:06 | 美葉 #XlY8LeCo | URL [ 編集 ]
美葉さま
う~ん、皆様結構の割合でストラバイトになっていらっしゃるのですね。
最初から運動不足と宣言された方もいらっしゃらない。
これは由々しき事態ですな。
しかし、本当にストラバイトは大きな問題ですから、
おっしゃるように二度とあんなつらい思いはさせたくない。
きちんとした治療法が確立されないことには、
皆体質で片付けられてしまいます。


2007.04.27(Fri)00:05 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年04月 24日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 様々な情報(ストラバイト)
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 様々な情報(ストラバイト)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年04月24日 (火)
  • 21時07分05秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。