動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 皆様、「逆説の十か条」というのをご存知ですかな?

 マザーテレサがカルカッタの「孤児の家」の壁に掲げてあったとために、マザーの言葉と間違われていることもあるようです。修道女であったマザーテレサとこの言葉から受ける印象がなんのぶれもないので、無理からぬこととは思うのですが、ケント・M・キースという方の詩だそうですね。おそらくどなたも一度は読んだことがあるかも。

 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
 それでもなお、人を愛しなさい。

 何か良いことをすれば、
 隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
 それでもなお、良いことをしなさい。

 ここまでで二条なんですけど、これは大内博氏の訳です。これが、神田昌典氏の訳になると、こうなるんですね。

 人は無理を言う。理屈が通らないし、自分勝手だ。
 それでも愛そうじゃないか。

 良いことをすれば、エゴでやったんだと、
 人はあなたを批判する。
 それでも、良いことをしようじゃないか。

 原文はこうですね。
 
People are illogical, unreasonable, and self-centered.
Love them anyway.

If you do good, people will accuse you of selfish ulterior motives.
Do good anyway.
 
 このanywayというのが、「それでも」という訳なんですね。私だったら、学校で習ったとおり、「とにかく」と訳すでしょうね。

 七条と八条にはこう書いてありますね。

 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。
 それでもなお、弱者のために戦いなさい。

 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
 それでもなお、築きあげなさい。

 マザーテレサがどうしてこの言葉を掲げたかはわかる気がしますね。クリスチャンだったら、誰もが知っています。クリスチャンでない方もご存知でしょう。イエス様の言葉ですね。「右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出しなさい」という言葉があります。

 私は牧師じゃないですが、これはどういうことかというと、旧約聖書では「右の頬をぶたれたら、右の頬をぶってもOK」だったんです。「目には目を」の教えがありますからね。これとて、仕返ししていいよという教えではないですよ。自分に危害が加えられたら、人間は逆上しますからね、やられた以上のことをするんです。目をやられたのに、鼻にまで危害を加えてしまう。倍返しをしてしまう。それを、やられたところまでで留めておきなさいという教えが「目には目を」というハムラビ法典にもある教えなわけですね。

 マザーテレサはおそらく、イエス様のことを思い描いておられたんでしょう。イエス様は多くの人々に裏切られた。だからといって、イエス様は人を裏切ったりはなさらなかった。裏切られてもなお耐えておられたんですね。

 そして、クリスチャンなら誰でも知っている「この世に良い人は誰一人としていない。誰もが罪人だ」という教えを思い出そうとしていたのでしょう。

 なぜこういうことを書いているかといいますとね、コムスンですよ。あの事件を見ていて、介護に直接携っていらっしゃる方々をりっぱだなあと思ったんです。安い給料ですよ。ボーナスもない。だけれども、介護にあたっていらっしゃるんですね。あの方々はどうしてやっていけるのだろうと思って見ていたんですよ。しんどいお仕事ですよ。重労働です。中には、話しても理解していただけないお客様もいらっしゃったでしょうね。

 おそらく、上の人たちが儲けていることはご存知だったでしょう。しかし、それでも介護を続けてらっしゃった。必要とされていたからです。弱い方々に必要とされていたからです。お若い方々が、安月給でこきつかわれて馬鹿馬鹿しいと思わなかったのかなあと。

 マザーテレサは「人に必要とされないことがつらいことなのだ」と言われたらしいですが、でもコムスンの方々は必要とされていたんですよね。いろいろと不満もあっただろう。言いたいこともあっただろう。しかし、「とにかく」「それでもなお」お仕事されてるんですよね。

 今の世の中、こんな仕事を進んでするお若い方がいるんだなあと思ったら、脱帽ですよ。もちろん、主婦の方もいらっしゃったでしょうし、いろいろな年齢の方々がいらっしゃったでしょう。連日、TVでいろいろと報道されて不安でしょう。しかし、「それでもなお」働いていらっしゃるとしたら、神様は報いてくださるでしょうね。この方々が報われなくて、誰が報われるんだと思います。

 十条ではこう締めくくっていますね。

 世界のために最善を尽くしても、
 その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
 それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

 犬さんたちのために、同じようなことをしていらっしゃる団体をご紹介します。同じ大阪の団体がいろいろと問題をおこしてくれたために、なかなか大変な台所事情となっております。一度、HPをご覧いただければと思います。

 DOG SALVATION


 
 
 

 

 
スポンサーサイト

2007.06.14(Thu)00:25 |  日記  | コメント : 6 | トラックバック : 0

今回のコムスンのことは氷山の一角のようなきがしますね。
大体いまの制度のままで、介護業者がやっていけるのが不思議です。人のために現場で働いている方々が、安月給のために苦労されているのが現実ですもんね。
買収先うんぬんとやていますがそれももうあらかた決まっていたのではないのかなぁと考えてしまいます。
経営者の責任は大きいですがそれを守るべき国も適当すぎるのではないかと思います。
一番に頑張っている人たちが報われないのは酷すぎますよね。

2007.06.15(Fri)04:20 | 順梟 #- | URL [ 編集 ]
お邪魔しま~す(^^)
私事ですが、同僚がお母様の介護をするための退職を決意されました。家族に話したところ、彼の知り合いの中でも何人かいるそうです。いずれも家計を支える立場の人間です。自分の時のことは運まかせ、だそうです。
そういう状況を支える基盤が社会に少なく、やっとあると思ったらこんな有様で・・・というのは、怒りのやり場がないですね。


2007.06.15(Fri)07:43 | がるまあ #- | URL [ 編集 ]
順梟さま
今回、社会保険庁の話とともに、
大きな話題となりましたねえ。
私、思いましたよ。
社会保険庁の職員に介護させろって。
公務員とというのは、人に仕える仕事となっておりますよ。
介護したらいいんですよ。
どういうことがわかるでしょう。
国ができないことを民間に丸投げしてできるわけないじゃん、
といわれましたが、
それとて、こうならなければ議論することもなかったわけです。
本当におっしゃる通り、国は適当ですよ。
民間委託ってこんなことなのかと思いますよね。

2007.06.15(Fri)09:01 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
がるまあさま
いらっしゃいませ。
家族の介護というのは、基本はやはり身内がみるものだと思いますよ。
だって、他人にさわってほしくないもんなあ。
ですが、介護のためにいろいろな支障がでるのは困りますよね。
介護と育児ってちょっと似ているところがあります。
だから、将来的に、介護休暇とかいうのがとれるようになるのかなと思ったりしますが。
ですが、育児と違って、徐々に楽になるのではなくて、
徐々にしんどくなるものですし、
場合によっては全く出口が見えないで、
ほとほと疲れることがあるでしょうねえ。
介護という大変なお仕事をされていらっしゃる方がやる気のでる体制にしてあげないと、
やってくださらないと困るわけですからねえ。
考えてくれよって感じですね。

2007.06.15(Fri)09:05 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
私の娘が、中学校の“職場体験”というので、養護老人ホ-ムを選んだことがありました。
何故かこの子は大変な職場体験を選ぶのです。その前は保育園でした。子供たちの遊び相手になってクタクタでした。
帰ってきた娘は大変なショックを受けていました。
まるで流れ作業で野菜でも洗うような入浴。。全裸にされて洗ってもらう順番を待っているのだそうです。
人間扱いしていない。。と憤りのようなものを感じたようでした。
しかし、少人数の職員で大勢の老人を介護されるのですから効率よく流れ作業のようにしなければならないのでしょうね。。。
家で親の介護をしていて、どうにもならなくなってホ-ムに入れたという方たちって多いですね。。。。生活していくために自分達も働かなければいけませんもんねえ。。。
私は将来どうなるのだろう。。。。
適当な歳になったらコロッと死ぬのが1番理想なのですが、年寄りになったら長生きしたい!と思うようになるのでしょうね。。

2007.06.15(Fri)10:08 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
人相手でありながら、人間扱いしていない。
いのちでありながら、物のように扱う。
人の手を借りる存在になったときには、
本当に無力になりますね。
言いたいこともきちんと伝えられない。
娘さんのショックはいかほどのことかと思います。
今のお年寄りというのは、長生きできるのです。
なぜか。
添加物をとっていないからです。
しかし、団塊の世代からは添加物もストレスも大気汚染も体験していますから、
今のお年寄りほど長くは生きられないだろうといわれています。
そのかわり、癌にかかる人は増えてきます。
老後ではなく、医療のためにお金を蓄えておかねばならないでしょう。

2007.06.15(Fri)16:56 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年06月 14日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ ANYWAY
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • ANYWAY
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年06月14日 (木)
  • 00時25分35秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。