動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 基本的に難しい話の好きなお狂ですが、一昨日、ネットサーフィンをしておりました。目にしたのが、「ペットフード事件簿」というサイトです。これはすごいなと思いましたね。よくこれだけまとめられたなと感心しました。管理人様はどういう方なのでしょうか。わかっていることは、英語は堪能であろうということですか。これだけの情報が集まるところにいる、ということは、なんらかのお仕事(しかし、ペット業界ではないのではという感じ。ボランティア的なものかなあと)に携わっていらっしゃるのかなと推察しました。

 アメリカでアイムスは裁判をかなり抱えていて、そのやり方というのがお金と弁護士を使って、問題提起をした消費者をねじふせてきたこと数回。フードの検査は個人が検査機関に依頼したらしいのですが、データを公開しないように要求しているとか。

 これは何かといいますと、つい先々月のフードリコールの折、リコール対象ではないけれども、リコール外で疑惑があるフードのことらしいのです。シアヌル酸が検出されたとのこと。ヒルズのサイエンスダイエットにもこれが検出されたとのことで、アメリカでの出来事とはいえ、ちょっと目が離せない状態になっておりますね。

 前にご紹介いたしましたか、アメリカのFDAというのはアメリカ食品医薬品局という検査機関ですが、このサイトを読んでおりますと、どうも過去に適当な検査結果を出していたことがたびたびあるらしいです。これと個人が別の研究機関に依頼した検査結果をめぐってフード戦争が勃発しているらしいです。

 個人の方がご自分の猫さんを病気で亡くしたらしいのですが、この飼い主様はフードが原因ではと考えたらしいのです。そして、個人的にある研究所に検査の依頼をしたと。すると、シアヌル酸とアセトアミノフェンが陽性だった。ご自分のサイトと研究所が発表したらしいのですが、FDAは陰性だと判定したらしいです。

 そして、FDAはそのフードをよこせといってきたらしいのですね。研究所は拒否しました。この研究所でFDAが選んだ専門家を連れてきて、立会いのもとにテストをしろと。メディアも入れろと。結果はまだ出ていません。

 個人がここまで執念で動くのかと思ったときに、何かをかえるとしたら、それはもう熱意しかないなあと思いました。国の検査機関が適当な検査しかせずに、企業側につくような結果を出してくる。それについて、おかしいと今までも疑惑があったというのですが、ここまでくると何を信じろというのか。このサイトに書き込みしている方の言葉ですが、「フードはこわくて、手作り食にしました」そうなりますわねえ。

 なんでも、アメリカではフードもそうですが、食品の原産国をパッケージに記載することを義務づけた法案が上院で可決。下院の可決を待つばかりだろうです。2008年から表示されるらしいですが、「原産国 中国」と書いていたら、買う人いないよ、きっと。

 これだけ信用のない国も珍しいですね。国内の方々は大丈夫なんでしょうか? 海外にいるから、いろいろとわかるのであって、悪いものを知らずに食べているんじゃないでしょうか。北京オリンピックまでは、対応もそこそこ早いでしょうが、オリンピックが終わったら、また聞く耳をもたなくなるんじゃないでしょうかねえ。

 とにかく、フードの問題は常にチェックしておかないといけませんね。手作り食を作っていたら、そんな必要もないんだろうけど。
スポンサーサイト

2007.06.16(Sat)14:33 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0

以前、北京オリンピックに向けての緑化対策として、枯れた芝生に緑色の塗料を噴きつけていたというニュースに失笑というか愕然としましたが、
最近のハミガキ粉のニュース、風邪薬のニュース、もちろんペットフードのリコール問題も残念なことにすべて中国。
中国のどこを、誰を責めたらいいのか、どう考えたらよいのか思案しているところへ続けざまにこんなニュースも読んでしまいました。

『誘拐児1000人以上、レンガ工場で強制労働』

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20070616k0000m030029000c.html

これが21世紀のニュースでしょうか・・・。

2007.06.16(Sat)23:10 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
はじめまして。
中国...すごいっすね。いろいろな意味で。
全てが短絡的な発想で...
狂犬病対策、偽遊園地などもあるし。

2007.06.16(Sat)23:30 | サンドゥ #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
中国という国をどのように位置づけたらいいか。
先進国、発展途上国というくくりではなく見たときに、
国連の常任理事国であり、四千年以上の歴史を持つ国であり、
古代に早くから開けた国であり、思想家も多く輩出している国でありながら、
一体この国には何がおこって何がおこらなかったのか。
ある意味、唖然としますね。
発展途上国に見られるおおらかさもないし、
仏教国に見られる誠実さもない。
宗教のない国ですから、倫理がないのか。
そんな印象がするのですが。
日本が中国に進出するのは早すぎたことはないですか?
人口の多さとマーケットの将来性とを短絡的に結びつけていないですか?

2007.06.16(Sat)23:34 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
サンドゥさま
ようこそいらっしゃいました。
この間もある方とお話ししておりました。
日本人は顔かたちが韓国人、中国人と似ているといわれますが、
はっきりいいまして、どちらの国の方も理解できない。
韓国人の方々の感情の表わし方を見ていると、
あれは日本人には理解できません。
中国の方々のものの考え方もまた理解できません。
それで、欧米から似ているからとひとくくりにされたら、
戸惑いを感じてしまいますね。
近いけれども、理解できないことが多い。
日本人が明治維新からアジアではなくヨーロッパを見てきたせいなんでしょうか?
そうとは違うと思うけどなあ。

2007.06.16(Sat)23:41 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
国の機関が企業とグルになるというのは、恐ろしい事ですが
どこにでもありそうな気がしますね。
薬害エイズ問題などもそうであったように、隠滅されてしまう事が多すぎる。酷い話です。
中国政府は理解不能ですね。
素晴らしい文化も生み出してきた国であることなど
忘れてしまって、今はなんだか格が違う別の国のようですね。


2007.06.17(Sun)04:39 | 順梟 #- | URL [ 編集 ]
順梟さま
人間、本質は悪というのがキリスト教の原点ですが、
ですから、いろいろなもので正しい方向に向かわせようとするんですね。
礼儀であったり、倫理であったり、常識であったり、
良心であったりするわけです。
それを考えますと、人ととして全うに生きるということが自然にできるというのは、
恵まれた環境にあったのかもしれません。
「生きていくのが先」であったかもしれませんね。
しかしそんな時代でも必ずや、
りっぱな方がいらっしゃるはずなのですよ。
外国なので見えていないのでしょう。
と思いたいです。

2007.06.17(Sun)09:02 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
“店頭にあるものは検査済みで安全なものに違いない”という前提で長い人生を生きてきたので、ここ最近のニュースには言葉も出ません。
他国の方と接して「カルチャーが違う」とびっくりすることはありますが、「安全」や「誠意」という国が違っていても同じであろう根幹までこれだけずれていると、なんだか違う生物のような気がしてしまいます。

いろいろ考えさせてくれるブログですね。
リンクさせていただいちゃいます。
ご迷惑でないといいのですが・・・。

2007.06.17(Sun)09:19 | がるまあ #- | URL [ 編集 ]
がるまあさま
あ、リンクいくらでもどうぞ。
ご迷惑ないです。
私もさせてもらおう。
堅い内容が好きなもので、なんというのかどうコメントしていいのかわからないという方も多い感じがいたします。はは。
あまり写真を撮るだけの時間がないので、癒し系にはなれませんが。
でも、中国はもう理解できませんよなあ。
日本大使館、なおしてもらったのか!?
オリンピックが近づいてきたら、ボイコットされたら困るもんだから、
ご機嫌伺いにきて、と思ってしまうお狂はひねくれているわけではありますまい。


2007.06.17(Sun)09:23 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年06月 16日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ アメリカでのペットフード戦争
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • アメリカでのペットフード戦争
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年06月16日 (土)
  • 14時33分40秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。