動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 八月は終戦記念日ということもあって、平和について考えることが多い月です。今月、3日と4日には、京都市と比叡山のある大津市で、「世界宗教者平和の祈りの集い」が行なわれました。この集いは実に20年続けられていて、今年が20周年ですね。比叡山ですから、仏教からのお誘いで多くの宗教家たちが集まってこられました。20年前に集うことは、ある意味命がけみたいなところがあった宗教家たちもいらっしゃいました。イスラム教の代表者は、比叡山に出かけていって、キリスト教の宗教家と同じ席につくことが危険なことだったんですね。

 私がクリスチャンであることはご存知だと思います。おまえみたいなのがクリスチャンかと言われるこもありますね。ダイナ君の治らない病気と戦うことが重たくなってきて、自分が戦うのではなくて、「もう神様、おまかせしますから、あなたが戦ってください」とお願いしたんですね。どうしてキリスト教だったかというと、中学、高校と教会に通っていたからですが、聖書に書かれていることが理にかなっていると思ったんですね。おそらくキリスト教を信仰している方の中で、自分は宗教をやっているのではなくて、真理を追究してこうなったのだと考えていらっしゃる方、多いですね。

 それはさておきです。この大会では、最初に現在アフガニスタンで拉致されている韓国のキリスト教徒の方々のために声明が出されました。当然といえば当然です。また、「宗教が平和をもたらすものではなく、戦争をもたらすものになっている」という意味の発言もされました。環境問題についても意見が出ました。地球を守っていくということですね。

 残念ながら、いつも物議をかもし出す、イスラム原理主義の方も、キリスト教原理主義の方も参加はなかったです。まあ、来るとなったら、大変なことになるでしょうけれども。

 自分がクリスチャンなので、その立場からいいますとね、どの宗教もそうでしょうが、信じる対象というのがありますよね。ユダヤ教とキリスト教とイスラム教は、これは理解できないでしょうが、同じ神様なんです。ところが、相容れない。ユダヤ教はイエス様を拒否しています。キリスト教はイエス様を通らなければ救いはないと言っていますね。イスラム教は、イエス様は預言者であって、神様の側の方ではないとしています。同じ神様を信じていても相容れない。ここにゾロアスター教や仏教の様々な宗派が加わっています。宗教の話をするなら喧嘩しかしないでしょう。

 しかし、今回のテーマは和解でしたけれども、宗教というものが、現実の世の中の多くの問題に解決を提示できなければ、何にもならないのですね。今回、平和を得るために、集まった多くの宗教家、皆、おそらく多くの期待と反省とを持ってこの席に望まれたと思います。

 歴史の中で、多くの宗教戦争がありました。これは利害がからんでいたからです。その利害は神様の利害ではありません。人間の利害です。宗教によっては対立もあり、憎しみもあったでしょう。それを反省し、未来には平和を期待する。そのために、対立することをやめ、平和を望んでいることをアピールしているんですね。

 私はいつも思うんです。クリスチャンですからね、教会が現実問題に何の解決の糸口をも提示できないことに、半ば憤りを感じているんですね。中学生や高校生の生活に、中絶は身近なものとなっています。これに対して、キリスト教はどういう解決方法を提示するか。モーゼの十戒の「汝、姦淫するなかれ」ではなんの解決方法にもなっていないんですね。やってはいけないことをやるなというには、「なるほど、やってはいけないんだな」と納得する内容を話さなければなりません。「やってはだめなんだ」「大人ならいいの?」みたいな会話では、なんの解決にもなりません。

 どんな社会問題に対しても、きちんと解決を提示できなければ、その宗教は真実ではなくなってしまいます。絵に描いた餅を見せられて、誰が嬉しいですか。上記の例は身近な例ですが、平和ですね。世界で起こっている戦争です。これに対して、具体的にどういう行動を起こすのか。それができなければ、宗教として存続することができない。そういうことになっていると、わかっておられるのかなと思ったりしますね。対話は必要です。対話できるようになったことは前進なのでしょう。宗教で政治を動かさせてほしいと言っているわけでも、アフガニスタンに乗り込んでいって、拉致された韓国の方々を解放してくれるように直談判してくれと言っているわけでもありません。しかし、真理としての宗教が無力であるのを見せ付けられたら、これは存在意義がありません。

 真理には力がある。物事を変えていく動力がある。そう願っています。

 それと同じようにです。動物愛護も環境問題も、スタンスとしては一種、この宗教とかわらないところがあると思うんですね。背中に看板を背負っています。一つ間違えれば、運動に障害をもたらします。戦争ではなく、平和をもたらしていただきたい。問題を定義するとともに、解決方法を提示しないければならない。

 熱意は時には、方向性を間違うことがあります。最初は善意で始まったものが、人間のエゴに取り込まれてしまうことがあります。同じ基盤に立っている仲間によって、罵倒されることがあります。

 さて、そこで存在意義です。原点だけはぶれないように。そこには善意からでた良心だけがありますように。

 そんなことを願っています。
スポンサーサイト

2007.08.17(Fri)00:54 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 3

たしかに、人が生きていくうえで、必ず何かの指針があるのだと思っています。
私の考えでは宗教はそのひとつかな、と。
なのでどの宗教がよい悪いと論争をする気もまったくありません。
すべて良いと思っていいとこ取りで受け入れている派です(笑)。
あえていうなら家庭の教え(家訓等)それぞれもある意味「宗教」と言えるな、と思っていますので、論争しても無駄かな、と。無気力っぽくてすみません(笑)。
みな、何かの、誰かの教えに従って意識的に、無意識的に思考し行動していると思うんです。
なぜそんな考えになったのかと言うと、
私も聖書を思春期に勉強したことがありまして、
最初は読書好きの私の読み物のひとつとして「聖書」ってなに?っていう好奇心から、そして
たまたま知り合いにクリスチャンの方がいらして、うちに遊びに来るたびに教えていただいておりました。
とてもよいことが書かれておりました。
べたですが一番好きなのは「人に喜ばれることをしなさい」と言うこと。
そのクリスチャンの知り合いが「日本には自分がいやなことは人にもするな、と言う言葉があるが、聖書はもっと積極的でしょ」と言っていました。
お狂さんはそのとおりのことをなさっていると思います。

2007.08.18(Sat)11:12 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
動物愛護でもそうですが、
動物のいのちは大切だと。
しかし、そのためなら何をやってもいい、
特に人を傷つけてもいいわけではない、
ということは、広島ドッグパークを見なくても学ばさせられましたね。
そういう意味で、宗教もですね、
アメリカ人が物質文化で堕落しているいって、
テロなどやっていたら、
どの辺が宗教かと思いますよね。
基本的に、人を救うのが宗教で、
人を殺すのが宗教じゃないですからね。
宗教に名を借りた殺人集団ではいけませんし、
宗教に名を借りた拝金集団ではいけないわけですよね。
おっしゃるとおり、何かの指針というは、
自分を指針としないということです。
自分勝手ではないということですね。
基本はですから、どの宗教も自分を捨てる、といえば言葉が悪いですが、
目を自分の外に向けるということだと思いますね。
自分の欲望を捨てることは難しいですが、
まあ、一時、置いておいて、というところではないでしょうか?
人は無力ですからね、どうにもできないことが出てきます。
その時、絶望しないために、宗教はあるかもしれません。

2007.08.18(Sat)14:09 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
宗教のことはよく分かりませんし、実は勉強したこともないのです。
相手を尊重するということが大切なんじゃないかなとは思います。

被爆県に住んでいますので、8月はやはり平和のことを考えます。
宗教とは話がずれますが、私たちは学校で原子爆弾のことを勉強してきました。だけどこれって被爆県だからこそ、だったのですね。
私高校を卒業して進学先は関西だったのですが、他府県の人たちが私たちほど原子爆弾のことを知らないのに驚きました。おそらく私は東京大空襲や沖縄のことを当地の人たちほど知らないのだろうと思います。折に触れ知ろうとはしているつもりですが。
とりとめのない話になってきました。
理解しようとする、知ろうとすることは大切なんだろうと思っています。


2007.08.18(Sat)23:02 | にゃん吉ママ #- | URL [ 編集 ]
にゃん吉ママさま
負の遺産といいますが、
どのくらいの人がこの遺産を受け継いでいるんでしょうね。
普通に人間が病院のベッドの上で死んでいく。
それすら、精神的な打撃を受けるのに、
それが殺されていく。
一人ではなく大勢。
眠るようにではなく、むごたらしく。
人のいのちを人が絶つなどということが
あっていいはずがないではないですか。
そのことを声高に訴えていく。
人間として当然だと思いますね。
いつもいいます。
動物愛護では「知らないことは罪です」とよく聞きます。
何でもそうです。
負の遺産を受け継いでいる場合は、特にそうです。
私も理解を深めていく努力を怠らないようにしようと思います。

2007.08.18(Sat)23:21 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック

「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の
索引として利用するのに最適。日本の神様をこれだけ上手くまとめた本はあまりない。なんと言っても、調べ易い。ただ、表紙カバーのイラストが漫画チックなのでとても残念だ。むしろ威厳のある表紙のほうが、購買意欲をそそると思う。内容とは関係ないので、☆は5つとしたが
2007.10.01(Mon)10:58 | みかの日記

私訳 歎異抄
 親鸞(1173 ̄1262)に関しては、たとえば「しぶとくしたたかに『非僧非俗』の一生を貫き、年をとるほど円熟した思想を展開した」(末木文美士『日本仏教史』新潮文庫)人物との評価も可能であるが、同時に、浄土教の三大経典の一つである『大無量寿経』の「大胆きわまる乾...
2008.01.04(Fri)21:43 | 宗教がいいと思う

齋藤孝のざっくり日本史
 売れっ子作家の齋藤センセ。今回は「日本史」を取り上げました。 齋藤氏も、日本史が単なる暗記科目に思えてしまい、不得意科目になってしまったことがあります。そのとき、勉強法を工夫して「一度図にまとめてから文章にする」という方法をためしてみたところ、成績が...
2008.01.09(Wed)00:12 | 宗教がいいと思う
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月 17日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 堅い話ですが
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 堅い話ですが
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年08月17日 (金)
  • 00時54分33秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年03月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。