動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 昨日、珍しく書く内容といいますか、ネタがなかったんですよね。それで、まあ、自分の反省でもするかと書いていったのですけれども(休めよ)。どうせ、こんな独り言を書いても、受けがいいわけはないよなあと思っていたのですが、思いの他、皆様のいろいろな思いが書かれてあって、実は驚いておるのです。

 いつも書いておりますし、ご贔屓様は皆様ご存知だと思います。私は動物愛護の進展を願って、自分のブログを書いております。まあ、時々昨日のようにつまらない独り言を書いたり、親として子供のことを嘆いてみたり、社会人として世の中を憂えてみたりはしていますよ。まあ、それでも基本スタンスは動物愛護の進展を願っておりますので、動物愛護ということばはどなたか嫌いとおっしゃておりました。私だって好きなわけじゃないんです。ですが、いつか死語になることを願ってこの言葉を使っております。ついでに、自分のブログもいつかなくなることを夢みております。しかしながら、そのときまでは、自分がどこの動物愛護団体の会員でもなく、活動らしいこともしておりませんが、それでも、動物愛護の発展を願って、続けていきます。

 昨日、なんといいますか、驚いたのは、皆様が私のことをどのように捕らえていらっしゃるか、それに驚いたこともありますね。そんな風に受けとられていらっしゃたのかと、非常に新鮮というのでしょうか、ありゃ、そうなの?みたいな感じでした。それとともに、ご贔屓様もいろいろなところを通られてきた印象を受けまして、どなたもいい大人だなあと思いました。もちろん、中に高校生などという方がいらっしゃったら、これまた違ってきたとは思うのですけどね。

 私がブログを続けていて感じているのは、おそらく皆様もそうだと思います。似たような人が集まるようになっていますね。そりゃ、そうですよね。基本的に相手の書いていることに賛同しているからのぞいているわけで、読んでいて「なんだよ、この意見は」と思っていたら来ません。まあ、おもしろがって来る方もいるかと思いますけど。

 最近のご贔屓様はご存知ないかもしれませんが、私はブログを始めたときから、「人を傷つけることは書かない」と決めています。ですから、「人を不快にしたり、傷つけるようなことを書いていたら、ご遠慮なくご指摘ください。すぐ書きなおします」と告知しております。それはなぜかと言いますと、一つはインターネットが公の場だからということです。当たり前ですね。

 もう一つは、「動物愛護」と考えなしにタイトルに入ってしまったからには、この看板を背負っていると。活動しているわけでなくても、私が動物愛護に携わっていると、訪問された方は思われるでしょう。私が人を傷つけたら、「動物愛護」の看板を傷つけたことになるのです。

 動物愛護の歴史は涙ぐましいものがあります。一歩前進するために、先輩諸氏は大変な苦労をしてこられました。別に私は歴史に参加しているわけではないですが、私がもし人を傷つけたなら、ふらっとやってこられた方が「動物愛護をやってる人間て、過激だな」とか「動物は大切にするけど人は邪険に扱うんだな」と思われるかもしれません。

 ですから、言葉もなるべく変なことばを使わないようにしています。

 そういうわけで、今一度、皆様には、もし私が書いた記事で人が傷ついたりするのではとお思いになったなら、どうぞ、おっしゃってください。私の印象が悪くなる、のではなく、動物愛護の印象が悪くなることを避けたいのです。

 一度、コメント欄で、私の書いた記事について不快だということを書かれたご贔屓様がいらっしゃいました。私はそのとき、そういうつもりじゃないんだけどなあと思ったもので、「ちょっと考えて直してみます」と書いたのです。コメント欄には険悪なムードが漂っていたのではと思います。ですけども、別のご贔屓様が「何やってんですか、いい大人が」と来られました。それで、私は深く反省しました。そういうつもりでなくても、そう取られた方がいらっしゃる。しかもご贔屓様ですから、私がどういう風に考えるかわかっていらっしゃったのです。その方が不快だと言われている。すぐ近くの方を不快にして、どうして遠くの方を不快にせずにいられるのかと反省しました。気まずくもなっておりませんよ。

 このクレームをつけてくださったご贔屓様はそれからも一度、「そういうつもりでないのはわかるけど、こういう人が読んでいたら、ちょっといい気持ちはしないかもしれない」とご指摘くださいました。正直、私は自分のブログは弱小ブログと自覚しておりましたので、おっしゃるような方が読んでいるとは思って書いていなかったのです。しかし、絶対ないとは言えないので、そのご忠告に感謝して書き直したのです。あとで、アクセス解析で検索したら、この時に限って、ご贔屓様がご指摘くださったような方がご覧になっていたのです。これには驚きましたね。

 注意しすぎて、しすぎることはないんですね。私はこのご贔屓様を私のブログの監査役として、信頼しています。そして、コメント欄で険悪な雰囲気だったときに、間に入ってくださったご贔屓様がいらっしゃいましたが、そのような方がいらっしゃることに安心しています。

 インターネットといいますと、顔が見えないメディアで、好き放題できると勘違いされている方もいらっしゃと思いますが、何の目的でHPをブログを開設しているのか。それをきちんと把握していれば、顔が見えないなりにそこで築かれる人間関係というのがあります。自分が信頼される人間になるのは大変なことだと思いますが、真摯な態度というのでしょうか、それは毎日(とまでいかなくても、数日ごとでも)関わっていれば相手の中に見ることができます。

 少なくとも、私が目的にしている動物愛護の前進の輪というのは、こうやって広がっていくものであると思っています。間違った方に行こうとしたら、指摘を受け、それを受け入れることができる。そうでないと、動物愛護の前進はありません。

 昨日の皆様がたのコメントを読みつつ、皆様お一人お一人が時には悩みつらいところを通って今のご自分を形成されたんだなあと感じました。そういうところを通った方々が私のブログのご贔屓様にいらっしゃって、「猫さんを保護したんだけど」「あ、頑張って新しい家族を見つけましょう」「あ、私も応援する」というようなことになっているんだなと思ったときに、日本の動物を巡る環境は変わらなければ嘘だろと希望を見た気持ちがしました。

 今一度、皆様がたには、私のような者の書くブログにお越しいただいていることを深く感謝いたします。そして、私のためではなく、動物を取り巻く世界の改革のために、どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

 と、政界に進出するようなことを書いてしましました。
スポンサーサイト

2007.08.31(Fri)02:54 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0

政界進出、よいかも♪
お狂さんが政界進出となったら、お狂さんを信頼したり、お手本にしたりしている全国の方々が応援すると思います!
動物愛護をマニフェストに明確に盛り込んだ人がたくさんあらわれて、それを実現してほしいものだと思いました。

とはいえ、動物の幸せは仕組み作りだけではどうにもならないから、やはり一人ひとりが何を感じ、どう行動するかが大切なんですよね。お狂さんのブログを拝読すると、自分自身を振り返ることができます。
これからもよろしくお願いいたします。

2007.09.01(Sat)05:07 | モモマルル #- | URL [ 編集 ]
モモマルルさま
信頼はともかく、お手本などになるようなりっぱな人間じゃありません。
まあ、現在悪いことなどしておりませんが、
過去まで遡っていろいろと調べらたら、
ぼろぼろと悪事が出てきますので、
政界には進出しません。
そんな身を滅ぼすようなこと。
プライヴァシーもなにもあったものじゃない。
今はもう政治家は芸能人と同じですよね。
しかも資産公開してますけど(話がどんどん大きくなっている)、
貯金 10万とかいうのでは恥ずかしくて。
借金二百万とか。

いえ、こちらこそよろしくお願いいたします。
ぺこ。

2007.09.01(Sat)08:44 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ブログっていろんなきっかけで始められる方いますね。
確かに顔が見えないから何を書いてもいいと言うものではないと思いますし、
コメントも傷つけてしまうものもあると思います。
いろんな方と知り合って それで自分も勉強になる事もある。
不思議な世界です事(´・ω・`)
人それぞれに考え方もある事を知り、賢くなってる気もする最近の私です(´ω`*)
私もこれからもよろしくお願いしますね♪
お気楽なヤツですが・・・(っ・ω・;A


2007.09.01(Sat)13:43 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
なぜか・・・。
お狂さんの所では勉強になることが沢山で、自分の体験など素直に書ける場となってしまってます^^;
ネコちゃんの里親探しが縁で最近からお付き合いしていただいてますが、やはり色々なことがあるんですね。
私のような日頃のペットの日記でも、偶然近所の方のブログにたどり着いてしまって落ち込むなどと、いやな思いもあったこともありますが、同じ愛犬の日記でも色々聞くと皆さんもっとビックリするような経験があるんですよね>_<
お友達が出来ていい事もあるけれど、そればかりではない。
ちょっとしたコメントの言葉遣いさえも傷つけたりセクハラになったり・・・。
最近はアメリカからのお客様がいたりなどでその広さがわかります。
だれがみているか分からない物だからこそ、気をつけないといけないことがありますよね。


2007.09.01(Sat)15:10 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
私はお狂さんのブログに、自分の勉強のために来ているなぁと思うことがありますよ。
助ちゃんたちや格ちゃんのお写真が「今日はあるか??」みたいな楽しみもありますが(笑)。
私は視野の狭い人間ですのでお狂さんのおかげで知った新しいこともたくさんあります。
また、ここでお狂さんの記事や、みなさんのコメントをお読みして自分に喝を入れています。(^^)

2007.09.01(Sat)22:52 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
こちらこそよろしくお願いいたします。
なんというのでしょうか、いろいろな方がいていいのですが、
昨日の続きみたいですが、許容ですね。
ふところの広さみたいなものが必要かなあと。
しかし、私自身はブログを始めた目的を決して忘れるなよと言い聞かせております。



2007.09.01(Sat)23:21 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ナツママさま
一ついえることはですね、コメントを書いてくださる方と逆の考えの方がいらっしゃるということでしょう。
そして、黙っていらっしゃる。
時々、勘違いして、皆自分と同じように感じているんだと錯覚することがありますよね。
それが怖いかなと。
ですから、反対意見みたいなものが出てきて、
建設的に話しあえたら、いうことないんですけどねえ。

2007.09.01(Sat)23:23 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
まあ、慰められたりするブログでないことは、
私、自覚しておりますが。
こういうブログがあってもいいだろと思うことにしています。
一生懸命、自分の犬猫の写真を撮るほど写真の技術があるわけでなし、
何度もトライするほど気が長いわけでもなし。
というわけで、ご活用ください。

2007.09.01(Sat)23:25 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月 31日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 昨日の反省とお礼
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 昨日の反省とお礼
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年08月31日 (金)
  • 02時54分11秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。