動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 ご存知の通り、昨日のコメント欄に「命のバトン」が回ってきております。返信コメントでも書かせていただきましたが、実は私は非常に情けない人間でして、動物であろうが、人間であろうが、虐待を直視できないんです。御飯時にニュースの時間となり、テレビをつけますが、その時に、児童虐待、高齢者虐待、もちろん動物虐待もそうですすが、その種の話題が流れれると、すぐチャンネルを変えます。子供は、「何がどうなったのかわからないじゃん」と怒るので、そういう場合は目を閉じていたり、耳をふさいでいたりします。

 それでまずお願いをしておきます。鍵コメ様はあるブログで私の存在をお知りになり、私のブログでこのバトンを回してほしいと思われたご様子です。鍵コメ様の願いはバトンを回すことではなく、動物虐待がなくなることだと私は理解しています。それで、バトンにつきましては、私がコメント欄で書かせていただきましたように、実は最後まで読めませんでした。ですから、貼り付けとはいえ、自分の記事に読めなかったものを上げることに躊躇がございます。それで、もしお回しになる方はどうぞお回しください。しかし、鍵コメ様はおそらく思い切って、私のブログにコメントくださったと思うのです。私自身は動物虐待を悲しくおもった鍵コメ様の思いを大切にしてさしあげたい。ですので、バトンをお持ち帰りになったかどうか、回されたかどうか、これは今回皆様におきましては、コメントなさらないでいただきたいのです。お名前をお書きになるのに、躊躇されるような繊細な方ですので、皆様が「回さなかった」とお書きになれば、あまりよい気持ちはしないと思います。清水の舞台から飛び降りるつもりで、コメント欄に書き込んだのに、個人の自由ではありますが、「いやだ」といわれると、なんかがっくりくるじゃないですか。

 また、この鍵コメ様には、いつかまた私のブログに、動物愛護の考えなど書き込んでいただきたい。いろいろな思いがおありだと思うんですね。皆様がたといろいろな意見を交わすことができればと、そんな時がくればなと思うのです。そのときに、バトンがどうこうということでわだかまりがあったら、なんか書き込みをしにくいと思うんですね。鍵コメ様は、おそらく純粋にバトンを回せば、それで動物虐待反対の輪が広がるとお考えになっただろうと思うんですね。もしくは、動物虐待を阻止するために、何か方法があるかどなたかよい意見を出してくださるとか。大きなムーブメントになって行政を動かすとか。そこは想像ですが、善意から始めたことは、まあ私の最初のコメントもなんか冷たかったとは思うんですけどね、暖かくお迎えしたいんですね。

 というわけです。ここまでで長くなりましたので、一回で終わるかどうかわかりません。今日は前哨戦とまいりましょう。

 私はクリスチャンです。ご存知かどうか、神様はすべてのものをまず光から創られて、最後には人を創られたんですね。人より先に動植物が創られています。ご存知のように、すべてを六日で創られて、七日目はお休みされました。それで、一週間のうちに一日お休みが公然とあるんです。三世紀ですかね、キリスト教がローマの国教になったときからの、習慣ですよ。

 まあいいです。それで神様は人を創るときに何と言われたかと言いますと、

 われわれ(神様ですね)に似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう。


 前から私は言っておりますね。この支配するというのは、私は管理するということだと思っております。神様はすべてを創られて、「よしとされた」と聖書には書いてあります。このよしとされた形をそのまま残しておければ、何も問題なかったのです。もう今更もどれませんね。私はクリスチャンですので、神様がよしとされた地球になるべく戻せるものならもどしたい。。少しでも近づかせたいと願っています。まあ、飛行機や自動車や図書館とか、そんなものがなくなってしまえばいいわけないですから、本当に少しでも、なんですけどね。環境破壊などない状態に少しでも、なんですけど。

 そして、この後、アダムが土からできて、アダムからエヴァができますね。ここまではよかったんです。

 この後に出てくるのが悪魔で、悪魔は蛇の形をとって、エヴァをそそのかすんです。神様が食べてはいけないおっしゃった木の実を食べたらどうですかと。詳しいことはいいですが、この悪魔の誘惑に負けたときに、人類に悪が入り込んだといわれています。

 つまり、ここから人の本質には悪があるということになるのです。その証拠に、人は教えなくても、人に意地悪するし、嘘をつくし、人の悪口を言います。

 人の本質に悪がある。人が曲りなりにも善に近い存在になろうとすると、悪と戦って抑え込んでおかねばならないと。

 というわけで、明日は悪と戦う雄雄しい人間、なわけはないなあ、心の中に闇をかかえつつ、どうやって生きていくのかということをお話できればと。

 どこに、動物虐待の話があるかって? おそらく推察されておわかりになっているとは思うのですが。




 
スポンサーサイト

2007.09.26(Wed)00:34 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.09.27(Thu)05:04 |  # |  [ 編集 ]
いろいろと知ろうとすること
たとえば、環境問題は具体的にどのようなものがあって、今自分にできることはどのようなことがあるのだろうかとか、相手が大切にしていることを理解してかかわっていくとか、そういう心のあり様が大事なことだなって今日の記事を拝読して思いました。

2007.09.27(Thu)05:21 | モモマルル #- | URL [ 編集 ]
この話は こげんた君のことかな?
わたしはこの事件を去年 全部を知りました。本も買いました。
命のバトンはとっても大切なことだと思います。
しかし 動物好きの集まる猫ブログで訴えてもともおもうし・・・
自分にできることは何だろうと考えるとやはり 猫好きさんがする 捨て猫問題のほうが大きく思ってしまいます。
なるべく かわいさを伝えることが わたしにできることかなぁとおもっています。動物愛護を扱うってかなり難しいですよね。
わたしも 数件クレームのメールをいただいたことありますし。

2007.09.27(Thu)17:51 | ぴんぐ #- | URL [ 編集 ]
鍵コメさま
おっしゃるとおり、動物虐待は皆いやですね。
いいと思っていらっしゃる方はいらっしゃらないです。
そして、どうすればなくなるのか。
これについて、どなたも具体的な解決策は持っていないでしょう。
自分ことではなく、自分ではやらないであろう虐待を防止する。
これはなかなか…。
しかし、それでも何か案を出してみる。
今、出なくても、常に問題として自分で抱えておく。
ということになりますかねえ。

2007.09.27(Thu)19:36 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
モモマルルさま
モモマルルさんて、本当に真面目な方ですよね。
いつもコメントをお読みして、そう思うんですよ。
ご自分のブログでは、かわいい猫さんの様子を記事にされてますけど、
うちにくると、本当に真摯な態度でコメントをかかれますよね。
どなたもいろいろとお考えになっているけれども、
その方のブログですべてわかるわけではないんだなと
思うときがありますね。

2007.09.27(Thu)19:38 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ぴんぐさま
動物虐待はあってはならないことです。
しかし、里親さがしと違って、
具体的にどう行動するかというと、
ほとんどの方々はどうしていいかわからないと思うんですよね。
そして、バトンというのは、きっかけです。
皆様が問題意識としてもってくだされば、
記事にした意義はあったなと思います。


2007.09.27(Thu)19:40 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
こげんたちゃんの事件は、とても衝撃的でした。
偶然、2チャンネルで見てしまい、その夜は眠れませんでした。
私はそれから怖くて2チャンネルは見てません。
この鍵コメの方の気持ち、お狂さんのおしっしゃる通りだと思います。
バトンをまわすことではなくて、動物虐待をなくしたいという思いで、コメントされたのでしょうね。

人の本質には悪がある。
子供を見てると良く分かります。
今は大人になりきれてない、子供のような大人がたくさんいますが・・・。


2007.09.27(Thu)21:50 | みい #- | URL [ 編集 ]
動物愛護は麓が広すぎて、何をどうしていいのか、何が真実なのか、分からなくなることもあります。人間のやることだから、そこには利害関係も生じたりしますしね。

こげんたちゃんのことは、自分の日記でも命日にあたって書いたことがあります。また本も数冊買い、図書館に寄付したりしましたが、
動物愛護は、それぞれの人がそれぞれの形で関わり、影響しあう、それが素晴らしいことだと思っています。


2007.09.27(Thu)22:38 | 美葉 #XlY8LeCo | URL [ 編集 ]
みいさま
こげんたちゃんの事件を知れば、誰でもこんなことは二度とおこってほしくないと
思うと思います。
自分はつらくなりますし、何とか二度とおこらないようにせねばと思うのが
人の情けでしょう。
それをどういう具合にとらえ、向き合い、少しでも改善していくか。
人によって取り組みは違うと思いますね。

2007.09.27(Thu)23:53 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
美葉さま
本当にそうですね。
動物愛護と一口にいいますが、
シェルターを作って保護する人もいれば、
法律を改正しようとする人もいます。
動物実験の反対を唱える人もいれば、
保健所での殺処分減少を考える人もいます。
それぞれがそれぞれの分野で、
時には協力していく。
どの運動も大切だと思います。
誰もができることを一つから始めると、
必ずや動物愛護の輪は広がります。

2007.09.27(Thu)23:56 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年09月 26日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 人の本質には悪がある
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 人の本質には悪がある
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年09月26日 (水)
  • 00時34分49秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。