動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 なんか、遠大なトピックに関わっている間に、次から次へと事件がおこり、腰を落ち着けて自説を展開している暇がなくなってきそうです。

 まず、鳥取県の町内会での野良猫捕獲。中止となった模様。まだごとごとしているようで、目は離せませんが、署名にご協力いただいた方々、ありがとうございました。いや~、やはり行政を動かせるだけのパワーがありましたね。よかったです。この後、地域猫活動、避妊、室内飼いの徹底までいってくれればいいのですけれども。

 また、ペンギン隊。いじいじしつつ、待機しております。みいさん、ねこつかいさん、またまた猫さんを保護。気合を入れていきますぜ。詳しい資料等、お知らせください。ペンギン隊、またまた忙しくなってまいりました。ねりま猫も記事にあげなおししないといけません。お休みまでお待ちくださいね。

 始めてしまった以上、終わりまでいかねば。昨日まで、人の本質には悪がある。それを子供時代に抑えこむ訓練をされるということでした。それで、今日は本質ではなく、新たに生きていく上で抱え込んでいく闇について。うちの家族がらみの例話を三つ。

 まず、小学時代のダイナ君。家に帰ってきて何やら浮かぬ顔。筆箱を友達に隠されたそうです。さがしてみたけど、なかったと。「どうして先生に言わないのよ」と怒るぶんちゃん。「いじめられてるんじゃないだろうか」とりあえず、連絡帳に、「お友達に筆箱を隠されたようです」翌日、いつものように教室の前までダイナ君のお迎えに行くと、先生が「おかあさん、ちょっと」

 ダイナ君の筆箱は見つかりました。ダイナ君が数人の友達にからかわれたというので、その子たちを呼んでダイナ君の筆箱がないんだけど、誰か隠したのかとたずねると、○○君が「あ、僕だ」とあっさりと言いました。悪気はなかったようで、遊びの延長戦上のものと考えていいと思います。
「そうですか。ぶんちゃんが(小さい小学校なので、先生は全校生徒の顔がわかっている)いじめられてるんじゃないかと言いましたが、筆箱ごときでと言っていたんですが」

 すると私より少し年上の男性の先生はおっしゃいましたね。
「おかあさん、いじめというのはね、第三者がこれくらいどうってことないだろうということではなくて、受けた本人が傷ついたら程度はどうであれ、いじめとなるんですよ」

 これはなるほどと思いましたね。「幸い、ダイナ君の友達は軽い気持ちだったようで、いじめではなかったようです。大勢でそういうことをやると遊びにはならないからね。ダイナ君が傷ついたら、遊びではなくなるんだからねと言っておきました」

 私が高校時代、自主的にクラブの練習をしようと朝早く、登校した自転車置き場でのことです。同じように練習しようとやってきた男子部員が、「おまえ、何だよ」「え? 何?」「おまえ、その顔、ちょっと見てみろ」と自分の鞄の中から鏡を出して見せてくれたのです。あわててきたものですから、冬の朝、べたべたとクリームを塗ってきていたのですが、あちこち固まって白くなっていたのです。はずかしかったですね。

 「まずい、俺の鏡、大丈夫かな。おまえの顔を映しちゃったよ」
「うちの鏡、皆割れてないよ」
「そりゃ、おまえんちの鏡は毎日おまえの顔を映してなれてるからだよ」
 私はその時、うまいこと言うなあと思ったんです。ですが、私がもっと繊細であったなら、彼の言葉に傷ついたかもしれませんよね。まあ、相手が私だったから、彼もそう言ったんでしょうけどね。

 最後にうちの世帯主は鶏がこわいんです。嫌いじゃないですよ。こわくて、見ると逃げ出すんです。本人に理由を聞くと、わからないといいます。どうしたんでしょうね?

 人間は生きていく上でいろいろな目にあって、傷つくことがあります。人によって傷つき方は様々です。誰が見てもいじめだという、先日の飛び降り自殺した高校生みたいなこともあれば、ちょっとした言葉、「おまえ、太いなあ」というだけで傷つくこともあります。大きな傷、小さな傷。すぐ治ってしまった傷。治らずに何年たっても血が流れている傷。いろいろあります。

 それは心の闇となって、蓄積していきます。中には、思い出したくない。触れたくないというので、自分でその傷の記憶に蓋をして、自分で忘れていることもあります。傷を負ったときにはいろいろな思いをします。恐怖のこともあれば、悲しみもある。憎しみもあるし、殺意もあります。その心の闇は、子供から大人になっていく過程で、人間形成をする上で、大きな影響を与えます。性格に影響を及ぼすこともあれば、行動に影響を及ぼすこともあります。

 いじめでいうなら、いじめられた子供は二次被害といって、自分より弱い相手を見つけて、自分が受けたいじめと同じことをするということもあるそうです。そうせねば、自分が保てないのかもしれません。まだ自傷行為に走ることもありますし、拒食、過食に走ることもあります。心の闇から出てくるものには、他人では伺い知ることのできない行為が様々あります。

 ダイナ君がお世話になっている東京にいらっしゃる牧師の先生はインナーヒーリングをなさいます。そのために、海外からも、もちろんクリスチャンでない方々からも、相談にのってほしいといわれるそうです。先生はどんな方のためにも、その心の闇を取り除くために、お会いになってお時間をとるそうです。

 私は本でしか先生のやり方を知りませんが、その傷を受けた時にまで遡り、その傷を癒されるそうです。そして、いつも先生は私に言われます(カウンセリングの内容なんかじゃないですよ。つぶやきなんですけどね)。皆、傷ついている。この世の中には愛が欠如しすぎていると。
 vynil-004.jpg
 それで、ようやく、明日は、ではどうしたら動物虐待を防ぐことができるのかという結論です。こういう話って、読まれる方々もしんどいでしょうね。ですけどねえ、動物愛護も社会福祉もそうなんですけど、現場が一番大切なのはわかっているのですが、しかし、反面、理性で意見を組みたてねばならないことがあると思うんですよ。それはなぜかといいますとね、感情論ではどの活動も進んでいかないからです。

 行政に抗議一つするのでも、「かわいそうだからやめてください」では行政は取り合ってくれないんですよね。だから、なるべく理性的に物事を考える一面を持っておかないと、同じテーブルにつけないことがあるような気がするんです。私一人では整理しきれませんので、どうかご助言をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

2007.09.28(Fri)19:57 |  日記  | コメント : 24 | トラックバック : 0

ダイナ君は明るい子だからそんなの平気だい、と言ってはいけないんだよね。たとえ遊びであっても、遊びでそういうことをする子が100%悪いのです。虐められる子にも原因があるという馬鹿な論調が、かつては学者の口から出たりしてビックリしましたが、今は少し変わってきました。自殺したり引きこもったりした「いじめられっ子」たちの叫びが、やっと大人にも聞こえてきたんでしょうか。彼ら虐めの被害者の心に、もっともっと配慮し、攻め込まなければいけませんでした。
おっしゃる通り、動物はちょっと違います。動物にも心があるとか傷ついているとか、ましてや可哀想だなんていっても学者も行政もポカンとします。そうじゃなくて、虐待する子供の心とそういう子供を育てた親と、社会が危ないのだ、ということ、人間がだめになるからやめなさい、と言わなくてはいけませんね。動物の側に立って過剰に加害者を非難するのを「動物愛誤」と言うそうですよ。虐待の議論で目を向けるべきなのは、親子、社会、教育の未来であって、虐められた動物ではないです。こげんたのバトンで意見を書いたからその続きですが、あくまで虐待についての議論の場でのことですよ。(僕は猫が可哀想だと思います)
埼玉の空ちゃん事件の公判記録では、犯人の母親が子供について「そんなことはしそうもない優しい子だった」と言っている。なにも見てあげていなかった訳です。両親も先生も気付かなかった。屈折したまま心に障害のある子を育ててしまった。
彼が人をアヤメル前に、これに警鐘を鳴らすのが動物虐待の問題です。児童の虐めや動物虐待がなくなれば、社会や教育は必ず子供たちのために良いものとなりますよね。いまはどうですか?逆に、社会の大人や教育者にとって良いために子供を犠牲にしているのではないでしょうか?

2007.09.28(Fri)23:38 | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo | URL [ 編集 ]
鳥取県の猫捕獲、とりあえずは良かったですね。
お狂さんの仰るとおり、感情論だけでは子供と同じですよね。
根が深い問題だけど、私はこういう問題が起こるたびいつも思うんです。
地球は人間だけのものではないのに。って・・・。

今回のテーマはそれぞれ、とても興味深いです。
最近は、一見普通に見える人が、動物虐待をしたり、人を刺したり殺したり、とても怖いです。
こういう人たちは、子供時代をどんな環境で過ごしてきたのか・・・。
きっと、大なり小なりの心の傷を負ってはいるのだろうけど、やっぱり私が思うのは、今の時代が殺伐としているせいだと思います。
みんな、自分の事だけに忙しすぎて心の余裕がない。
ダイナ君の牧師の先生のお言葉、そのままだと感じました。

最後になりましたが、少しだけ保護した子を記事にしました。
短時間でも働いていると、こうも時間がないものかと痛感してます。
明日あさってで、オットにも協力してもらって、可愛い写真をたくさん撮るつもりですが・・・。
紹介して頂くのは、お狂さんのご都合のいい時で結構です。
よろしくお願いしますm(__)m

ねこつかいさん、ビックリしました~!
ポーの時も、募集が同じ時期だったし不思議なご縁ですね。



2007.09.28(Fri)23:48 | みい #- | URL [ 編集 ]
わたしもぴんがもいじめられた経験の持ち主で いつも弱いものいじめ的な話に 敏感になってしまいます。時津風部屋のこととか・・・
動物虐待などもそうですが こういうことは無くならないのでしょうか?
さて ねこつかいさんはちょっと前からお話を聞いていました。
大きさも大きいですし 急がないとですね。止まってられない!ッて感じですね。悪いニュースもあるけれど なるべく明るいニュースをつたえていきたいですね。

2007.09.28(Fri)23:51 | ぴんぐ #- | URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.09.29(Sat)00:14 |  # |  [ 編集 ]
みゆきさま
みゆきさんは私と年齢も近いせいもあると思うのですが、
比較的、意見が一致するんですよね。
なんか明日の記事を書く必要ないかなと思いますが、
そういうことを書こうと思っているのです。
まあ、明日はライブ活動でお忙しいでしょうから、
結論を読まなくても、よくなりましたね、ははは。

2007.09.29(Sat)00:34 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
みいさま
私もですね、みいさんとねこつかいさんって、
二人で連鎖反応かと思いましたよ。
ペンギン隊、一気に暇になったなと思ったら、
一気に忙しくなったなという感じでして。
笑っちゃいますね。
いや、笑い事ではない。
しかし、こうなってくると、お二人とも保護主さんとして、
励ましあっていこうじゃないですか!!
がんばるぞ~!!
(すでに、自分の中で今日の話題は終わっている?)

2007.09.29(Sat)00:36 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ぴんぐさま
そうですね。
角界につきましては、これは伝統という名の体質が
変質したというんでしょうかねえ。
組織に新しい人材が入ってこないと、よどみますよ。
自分たちの世代、外国人力士も少なく、新弟子も多い頃とは
もう違うんですよ。
角界が多国籍企業となったからには、
組織には知恵が必要でした。
角界のよい伝統をわかってもらうための、ですが。
こうやって事件がおこってみると、
何を大切に思っていたかが透けてみえてきますよね。
人ではなかったわけです。

こうやってみると、動物虐待も根底は同じところにありますよね。
そう、傷つけるという行為は皆同じところから出ているんですよね。

2007.09.29(Sat)00:41 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
鍵コメさま
そうですか。
いろいろなところを通られたんですね。
お気持ちを理解することはできないかもしれませんが、
でも今のあなたがいらっしゃるのは、そういうところを通ってこられたからですね。
もちろん、その傷はまだおもちかもしれません。
早く癒されますようにとお祈りいたします。
そして、あなたの優しいまなざしが今なお動物に向けられていることを
感謝します。
よく暖かい気持ちを持ち続けてくださいました。

2007.09.29(Sat)00:44 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
鳥取の件。中止になりましたか。
良かったです。
誰にでもきっと心の闇という物を抱えているのでしょうね。
私の時代のいじめと今のいじめでは今は度合いが違うのでしょうね。
そして学校の対応も。
なんだか・・・色々忙しくて頭の中が混乱状態で、難しいことが考えられないです(T_T)
うまくコメントできなくてすいません。

2007.09.29(Sat)02:58 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
ナツママさま
ナツママさん、病院に行ってお疲れでしょ。
ここはいいですよ。
早くお休みください。
週末ゆっくりなさってくださいね。
ブログもね、お休みしたっていいんですよ。
もちろん、ナツちゃんを見たい方々、多いけど、
たまには、ゆっくりしてください。
ご無理なさらないでくださいよ。
がんばりやさんなんだから。

2007.09.29(Sat)03:05 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.09.29(Sat)03:53 |  # |  [ 編集 ]
私は子供を持たなかったのであまり大層なことは言えないのですが、
今は子供であることも親であることも本当に大変な時代だと思います。
私の子供の頃にも勿論いじめはあり、自身も小・中学校とそれに晒されたクチですが
少なくとも今のように金銭が絡んでくることはありませんでした。
ウン十万円脅し取られた、なんて既にいじめの域を逸脱していますよね。
大人の社会が子供の世界にそのまま映し出されているような気がしてなりません。
もし自分がこれと同じ事をやられたら、もしくは言われたらどう思うか。
そういうふうに考えられない人が、今はとても多いと感じます。
本来これは大人が子供達に教えるべきことだと思うのですけど、その大人もまた
それを教わってこなかった人達のほうが多いのかもしれませんね…。

2007.09.29(Sat)06:06 | myamo #TRL3c4kQ | URL [ 編集 ]
鳥取の件、あの対応が取り下げられたとのことでとりあえずほっとしました。
いじめ、病気、成績不振。どれも体験してみないと辛さはわかりませんね。
ちなみに私は病気以外は体験しまして・・・。
子供の頃ですが、大人になってからも心無い噂を立てられたことがありましたが
まぁ、子供の頃の経験が功を奏したとでも申しましょうか。
傷つきまして悲しかったのですが大丈夫でした。
昔、学校の先生になるヒトは優等生だから勉強が出来ない子の気持ちが
わからないんだ、と言う意見を聞いたことがあり、
すべての先生がそうではありませんし、みなと同じペースで覚えられない子の気持ちを理解しようと努力はなさっているでしょうが
一理あるな、と思ったことを思い出しました。
なら、成績不振になってみなさい、いじめられてみなさい、病気になってみなさいとは思いませんが
自分がその立場に立って初めて他人の痛みがわかるっていうのはとっても思います。
想像力の乏しい人種となってきました今日この頃、特に。
あなたと同じように痛いんだ、苦しいんだ、悲しいんだ、となぜ想像できないのか。
だから、動物虐待については、激しい言い方ですが、猫の尻尾を切った人には、そいつの指を切ってやれ。と思ってしまいます。
目には目を、も良くないのかもしれません。
それでもなおさら更なる憎しみに走るのかもしれません。
虐待してしまった人にも、そうなってしまった気の毒な心の闇があるのかもしれません。
こういうことを考え始めるとですね、自分の中で着地点は結局「ならぬものはならぬ」。これしかないんですね。

2007.09.29(Sat)13:01 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
鍵コメさま
ありがとうございます。
物事にはいろいろな側面がありますが、
基本はとにかく本質まで遡ってみることだと思っています。
そこがわかっていないと、いろいろと批判するのも、意見を言うのも
感情論の域を出ないと思っています。
とはいっても、わかっていても、わかっていない方々と同じ結論に
到達することはよくありまして、今回もそうなります。
しかし、問題の本質を見据えようとすること。
これがないと、問題の解決にはいたらないと思っておりますので、
表面上解決してもどうしようもないわけですね。
また、本質は解決できないままで、
とにかくとりあえず解決しないといけないこともあります。
どうぞ、ご一緒にお考えください。
そして、ご意見をお聞かせください。

2007.09.29(Sat)14:13 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
myamoさま
おっしゃるとおりです。
その通りだと思います。
子供を産んで育てることは至難のわざ。
親が普通の社会人としての意識を持っていることも
危うい時代。
そこへもってきて、お金があれば欲望を満たせることを
子供も小さい頃から知っている。
時々思います。
イスラム教徒がアメリカの物質文化を蔑んで憎むのはわかると。
あの方々がどういう生活をしているのかは知りません。
しかし、精神文化を尊んでいると、あのアメリカの様子は
悪魔が降り立った国にしか見えないと思いますね。
日本はアメリカナイズされ、それが格好いいと思ってきましたし、
それにあこがれてきましたが、
根本的に大切なものを捨ててきた。
いつもどんな問題もそこに到達してしまうのは
どうしてなんでしょうかねえ。


2007.09.29(Sat)14:19 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
同居人さんもいろいろとおつらいことがあったんですね。
経験があって見えてくることもありますが、
学校という現場の方々は、ひょっとしたらもう無我夢中で
職場にいるのかもしれませんね。
職場放棄する先生もいるといいますし、
病んでしまう先生もいるといいます。
そりゃそうでしょう。
親と話ししても、正論が通らないのですから。
私はぶんちゃんには、教育学部にだけは行くなといっておりました。
先生ほど大変な職業はない。
使命感のない人がなるものではない。
生徒がかわいそうだ。
どうしてもなりたいというのでないなら、絶対、この学部を受験するなと。
ぶんちゃん、はなからそんな気はなかったですけどね。
経験は一番強いと思いますよ。
説得力がありますからね。
でも、人間、何でも経験できないとなると、
人に対して憐れみと慈しみの目を持って、
想像力を働かせてその人をわかろうと努力する。
これしかないでしょう。
そして、悪は悪です。
おっしゃるように、絶対ゆずってはいけないところを
自分で弁えておかねばならないでしょう。


2007.09.29(Sat)14:27 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
まずは鳥取の件よかったですね。少しずつでも正しい方向に進んでいけばいいですね。
みゆき楽団みゆきさんのコメントを読ませていただいて、動物愛護に対する今までのもやもやが何だったのか分かったような気がします。
違和感があったのは「動物愛誤」だったんですね。

他者のことを分かろうとしたり共感したりするために、人間には想像力があるのだと思います。
だけど想像力を発揮するには自分にゆとりがないと駄目なのかもね。
なかなかしんどい世の中ではありますね。


2007.09.29(Sat)16:03 | にゃん吉ママ #- | URL [ 編集 ]
にゃん吉ママさま
そうですねえ。
他者に思いやりをもとうとすると、
自分のゆとりがないと無理ですね。
自分はOK、問題なしでないと、
しんどいですもんね。

2007.09.29(Sat)16:48 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
鳥取は中止ですか!
よかったです♪
普通に考えると、行政は特に町内会の自治に対して何か権限がある
わけではないと思うのですが、きっと鳥取市とかか該当の自治体とか
保健所に寄せられた大きな反対の声が届いたということだと思います。
すごい。
動物虐待については、「可哀想」「ひどい」という感情は自分の中に大切
にもちつつ、理性的にいけないことはいけないと声を出すことが大事な
のではないか、って思いました。
お狂さんのブログ・・・すごいなぁ。

2007.09.29(Sat)20:38 | モモマルル #- | URL [ 編集 ]
会社のセクハラの指針を思い出しました。
結局、受け手の問題なんですよね。
信頼関係があればそのラインは低くなるし、そうでなければ、他人からみてばたいしたことのない言葉でも、十分刃になるし・・・。
個が重視される昨今、そのラインがめっちゃ低いですよね。
もっと密なコミュニケーションがとれていrれば、傷つくことも減るのになぁ・・・なんて思ったりします。

ご心配いただきありがとございました♪
復活!ですので、これからもよろしくです(^^)

2007.09.29(Sat)22:55 | がるまあ #- | URL [ 編集 ]
モモマルルさま
行政にしてみれば、法律違反をしているということは大きなことですからね、
一言あるでしょう。
それとともに、県や市、町のイメージが悪くなると。
これは大きいと思いますよ。

私はブログは堅いといわれますが、こんなブログもないといかんですよねえ。
というか、私自身、あまり深く考えていないので、
多くの方々のご意見を伺い、私も自分の意見を建て上げていきたいんです。
自分の立場というのは、説明できないといけませんからねえ。


2007.09.30(Sun)00:03 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
がるまあさま
明日はセクハラについてちょこっと書こうと思っておりましたが、
がるまあさん、鋭いなあ。
あっと、お帰りなさい。
大変でしたね。
ですが、無事復活でよかったです。
パワーアップしてお願いしますよお!!
ねりま猫も応援していきます!!

2007.09.30(Sun)00:05 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
お狂さんのご主人は鳥が怖いんですか。
うちも主人は鳥が怖い・嫌いです。
何故だか わかってるんですね。
昔 殺してるのを目の前で見ていたから。
隣がさばいてたそうですから。
トラウマ??
昔受けたキズがトラウマになり、一時記憶喪失になった私です。
いろんな心の闇の後遺症ってあります。
それを踏まえて 虐待は決して許せないので
戦うのみです。
でもまだどうやって記事にしていいか わからずにいます。
いざ記事にしようとすると、頭が真っ白になってしまうんです。
これも後遺症ってやつでしょう、きっと。
戦いましょう!!


2007.09.30(Sun)00:53 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
うわ、それは嫌いになりますね。
トラウマになりますよ。

主さんもまた壮絶ですね。
おつらかったでしょう。大変だったでしょうね。
そうです、虐待は許してはなりません。
虐待を許すことは殺人を許すことだと思います。
そうですね、戦いましょう!!
めざせ、虐待ゼロ!!

2007.09.30(Sun)01:26 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年09月 28日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 人の心には闇がある
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 人の心には闇がある
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年09月28日 (金)
  • 19時57分46秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。