動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 以前に二回ほど、ある動物愛護推進員さまのブログから転載で里親様の募集をしたことがあります。幸い、募集されていた犬さん、猫さんの里親様は見つかりましたが、それからしばらくその方のブログを拝見しておりませんでした。

 それで、先月久しぶりに覗いてみたら、猫さんの里親様を募集されていて、募集してからかなり月日がたっていたので、「今更、転載しますというのもなあ」と躊躇してそのままになっておりました。

 それが、ある時見にいってみますと、「里親様は見つかりませんでした」という記事になっていました。

 敢えて言うまでもないですが、それでも言っておきましょう。動物愛護推進員さまは保健所の犬猫さんの里親さがしをされていらっしゃるのです。

 悔やみました。しばらく覗いていなかった間に里親様の募集があって、「今更なあ」と思った自分を情けなく思いました。それまでに二回ご協力させていただきましたが、もちろん私のような弱小ブログから里親様が出るわけがありませんでした。しかし、私はいつも言っていたはずなのです。その転載されたブログから里親様が出てきてくれればいいけれども、多くの方々の応援が神様に届いて里親様が見つかるのだと。

 いつも言っていました。動物のいのちを救うためなら、できることなら何でもさせていただくと。できることは自分のブログに転載することでした。なのに、しなかったのです。

 私が動物愛護に足をつっこんで、三年にはなりません。しかし、初めてでした。「里親様は見つかりませんでした」という記事を見たのは。それまでだってあったのでしょう、しかし、それを記事にする人はいません。ひそかに泣いておられた方ばかりなのでしょう。

 これが現実なのだと思いました。ぼけぼけしていて、できることをせずに、静観している間に、いのちは天に帰ったのです。この動物愛護推進様はどんな思いで、記事になさったのでしょうか。

 聖書の中には、「喜ぶ者とともに喜び、泣く者とともに泣け」という言葉があります。もし私が関わっていたなら、一緒に泣いただろうか。私は泣くことを考えなかった。なぜなら、いのちを軽く思っていたからです。「まあ、今回も何とかなるだろ」と思っていたのです。自分が関わっていなかったからです。関わっていたとしても、記事を転載するだけ。何の責任もありません。しかし、それでも、私は「今更いいか」などと思っている場合ではなかったのです。

 在庫処分しないと次の品物が入荷できないわ。その程度にしかいのちを考えていなかったと言われたら、その通りなのです。いのちと思えば、記事にしていただろう。前回のように、いろいろな方に記事にしていただくために、お願いして回っただろう。「何とかなる」という無関心のために、おとしたいのちは数はどのくらいだったんだろうか。そんなことをしないために、ブログを書いていたのではなかったのか。

 誰が無関心でも、自分が取り上げて、自分は無力だから、自分のブログから多くの方に転載していただきたいと思っていたのではなかったのか。

 神様、申し訳ありませんでした。「保健所の犬猫たち、ペットショップの動物たちを救ってください」と祈りながら、私は祈ったとおりのことをしていなかったのです。もう一度力を与えてください。そして、皆さん、どうか力を貸してください。すべては救えないとしても、一頭でもそのいのちを救うことができるように。お願いします。

 20071116171605.jpg
 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

 「ねりま猫」は東京で募集しています。
スポンサーサイト

2007.11.17(Sat)00:26 |  日記  | コメント : 12 | トラックバック : 0

それを後悔しても、せんないことです。永くてもセンターは1週間で処分だし、推進員さんが保護していたとしても東京ドームくらいのシェルターと予算が無ければ、人間が破綻しますからね。幸せになる遺棄動物の命は何万匹にひとつだよ。行政がこれをせずに処分効率でやってる事を、遠方のブログが責任とれるわけもありませんてば。ボランティアを無視して旧習にしがみつくのが保険行政だ。殺す予算で里親募集せよ!野良を避妊せよ!叫び続けるしかありません。

2007.11.18(Sun)13:58 | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo | URL [ 編集 ]
みゆき楽団みゆき様のおっしゃることに同感です。
すべてやれるわけではないとわかっていても
でもやはりひとつの命が消えていった事実を知ると
お狂さんのように感じるのもとてもわかります。
あまりご自分をお責めにならないでくださいね。
無理をしたら破綻しますから。

2007.11.18(Sun)17:02 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
私もご無沙汰していて 里親さん募集されてたのをかなり経ってから知った事、あります。
里親さん募集記事をリンクするにあたっては いつもハッピィエンドを迎えるとは限りませんよね。
最悪の状態をも考えて リンクする勇気も必要だと思います。
私も考えてみると そこまでの覚悟があったかどうか・・・・・
私も力がないブログなので、協力なんてできるはずもないので
どなたかが見て広めてくれれば有難いって思う気持ちがあったのは事実です。
最悪の状態で天に行ってしまった命のためにも 今考えなおさなければいけないのでしょう。
これからですよ。
お狂さん、あまり悔やまれないでください。
私も同じですから・・・・・
人間みな同じなんですよ。
それを踏まえてこれからだ思うんです。
えらそうなことはあまり言えない私ですが・・・・


2007.11.18(Sun)18:34 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
みゆきさま
みゆきさん、なんか慰めてくださってありがとうございます。
私が責任とろうなんて思ってないですよ、もちろん。
そんなにたいそうなこと、してないですからね。
ただなんというのでしょうか、自分の甘さというのに
がっくりしたというんでしょうか。
「今まで何とかなってきたから、これからも何とかなる」という
楽観的な思いがあったということ。
それが非常にいやだったというのでしょうかねえ。
医者にとって、同じ病気の患者が次から次へときます。
同じ症状でこの人は助かったから、次の人も、
と考えるかということですよね。
患者にとったら、自分は前の人と症状は同じでも、
前の人と一緒にされたくないんですよね。
自分は特別なんです。
そんな感じが理解できずに、動物愛護に足つっこんでいるというのかなあ。
もちろん、めげてないですよ。
おっしゃるように、自分の命の最期まで叫び続けていきます。
動物たちは訴えることができないんですから。

2007.11.18(Sun)19:32 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
同居人さん、ありがとうございます。
自分を責めているというより、自分の甘さにうんざりしたというんでしょうか。
「おまえが対峙してるのは、いのちだろ。
物なのか!!」と言われた感じがしたんですよね。
そして、転載する側は無責任でいいんですよ。
「転載しま~す」と言って、後は知らないですませられますからね。
保護している方の気持ちを本当に理解して転載していたのか。
そんな気になったんですね。
人の痛みがわからず、いのちを無駄にした。
そういう自分に気がついたというのでしょうかねえ。
落ち込んでないですし、自責の念に溺れてるわけでもないですからね。

2007.11.18(Sun)19:34 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
それを踏まえてこれから。
そうです。
立ち止まっているわけにはいかないですね。
泣いている暇があったら、もっと別のことをしなければなりませんね。
まあ、一生懸命、「やるぞ、やるぞ」という感じではないです。
やはり冷静にできることをだた黙ってやる。
できることを時にはさがしてみる。
そんな感じで、やっていきたいですね。
ぼけっとしている暇もなければ、落ち込んでる暇もないです。
それを踏まえて、これから、です。

2007.11.18(Sun)19:37 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
自分なんて何にも考えてないですもんね、でも1人でも多くリンクすればそれだけ情報が伝わると思ってますから、とりあえず自分の廻りだけでもリンクしようと思ってやってます。(結構抜けてますけどね~)
しかし、自分が里親探しをした時は結構ショックでしたよ、1件も問い合わせが無かったんですから・・・うちも弱小だから焼け石に水かもしれませんね、でもとりあえずは続けて行こうかと思ってます。


2007.11.18(Sun)19:39 | とらのおまけ #GCA3nAmE | URL [ 編集 ]
とらのおまけさま
とらまけさん、いつもプラグインにありがとうございます。
でも本当ですよね。
ご贔屓様が里親様の募集をしていたら、
リンクしようと思いますよね。
一度でも保護した経験があったら、
どれくらい大変かわかってますもんね。
元気な犬猫さんでも最初に病院連れていって、
それだけでも結構かかります。
その後、病気でもあったなら、本当大変だなと思います。
「ちゃとらとはちわれ」のぴんぐさん、ぴんがさんが八匹保護したときには、
私すぐ「こりゃ医療費大変だな」と思いましたよ。
私だったら、ブログで弱音を吐いてますね。
そして、「医療費を募集しています」とかやったかもしれませんよ。
それでお問い合わせがないと。
これははらはらしますよ。
でも、私はいつも「一人なんだから、飼い主様は」
と言い聞かせています。
そして、「変な飼い主様が名乗りをあげるより、なしの方が楽だ」とか。
誰もがそういう経験をしているから、
リンクしようとするんですよね。

2007.11.18(Sun)23:06 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
自分も反省です。
「見つかりませんでした」・・・初めて聞きました。
きっと見つからなくても記事にしない人はいるのですよね。
私は影から応援しているだけで、何もしてません。
確かに動物愛護という活動はしていませんが、自分の子だけの日記で他の子は地域が遠いと尚更「見つかるといいな」などと言う軽い言葉で片付けてしまいます。
やっぱり自分のブログから見つかったと言う経緯がないのと、猫のお友達はいないと言う理由です。
以前1度里親様が見つかりつつあったのですが、やっぱり手放したくないなど、名乗りを上げてくださったた方に迷惑をかけてしまったこともあって・・・
ワンコで時間がないと言われるとしなきゃと思いますがそれ以外は・・・。
でも、少しの可能性でもあきらめないことは必要なのですね。


2007.11.18(Sun)23:30 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
ナツママさま
思えば、この愛護推進員さんは、ナツママさんからのご紹介でした。
ナツママさんはねこつかいさんからのご紹介でした。
きちんと輪はつながっていたのです。
なのに、その輪を大切にしなかった自分がいます。
いのちがからんでいるということは、
実はその間にいる人間関係もからんでいるということなのですよね。
ねこつかいさんは私を信頼してナツママさんに紹介してくださった。
ナツママさんも私を信頼して愛護推進員さんに紹介してくださったのです。
その信頼を裏切るようなことをしてはいけない。
今回、そう思いました。
別に「記事にしてください」と言われて、忙しくて「やります」と
言いながらやなかったのとは違います。
でも、なんか「何やってたんだ、私」みたいな。
記事しても同じ結果であったかもしれない。
おそらくそうだったでしょう。
でも、この情けない感じはなかったと思うんです。
どうぞ、ナツママさん、私がこの思いを忘れかけていたら、
「記事にあげた?」とご遠慮なくお尋ねください。


2007.11.18(Sun)23:51 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ナツママさんのコメントへのお狂さんのお返事を読みました。
そうなんです。ナツママさんからご相談いただいたときに、真っ先に頭に浮かんだのは。。。「お狂さんがふさわしい!」ということでした。
私はお狂さんを信頼していますから。
私はよかったと思っています。
これからも頼りにしてます!お狂さん♪

2007.11.19(Mon)23:14 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
あ、ありがとうございます。
思えば、猫飼いさんとしてはずっと先輩のねこつかいさん。
私など、猫のことなど本当はあまり知らずに、
理論ばかり追いかけてる頭でっかちの飼い主ですけど。
あれだけ多くの猫さんを飼いながら、
常に外猫さんにも目を向けて、
そうですよね、いつもいつも外に目を向けていなければ、
猫さんも犬さんも救えませんよね。
一匹からでも救っていかねばなりません。
頼りにされるようなりっぱな人間でもないですが、
ねこつかいさんや多くのご贔屓様に助けられながら、
心ある方々とご一緒に動物のために
動いていきたいですね。

2007.11.19(Mon)23:21 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年11月 17日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 後悔しています
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 後悔しています
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年11月17日 (土)
  • 00時26分11秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。