動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 というわけで(え?)、ダイナ君は体育の時間には保健室にいて、昼休みには保健室で昼寝する(血圧が高いため)生徒となったわけですね。

 そして、時々、この先生といろいろとお話ししてきます。ダイナ君の学校は中高一貫校なので、ダイナ君のように高校から入学してきた生徒の方が多いとはいえ、養護の先生は中学生もみることになります。それで、先生は、中学の修学旅行に引率教諭として旭山動物園へ。ダイナ君にお土産をくださったのですが、ご存知かどうか、ダイナ君の修学旅行(高校は二年)は、八月に東京にいったわけですね。で、ダイナ君には、養護の先生と、スクールバスの運転手さんと塾の先生には、ボールペンでいいから買ってきなさいよと言っておったのです。

 スクールバスの運転手さんはですね、ダイナ君だけ停留所でない場所に止まってもらって、一人乗せてもらっているんですね。そして、ダイナ君は登校時だけ乗らせてもらって、下校時には私がお迎えにいっておるのです。そういう変則的なことをしているので、何かの折には、スクールバスの運転手さんにも心遣いをするようにしているんですね。

 それはいいとしてですよ。ダイナ君は二年から全く体育の授業を見学もしておりませんので、期末テストのときには、非常に困るんですね。体育の先生が課題を出してきて、それについてレポートを書くわけです。前回、一学期のときに、「期末試験の発表になった!! 体育のレポートが出た」という事態になったので、今回は私はひそかに同じ轍は踏むまいと、期末試験の発表一週間前から、ダイナ君に指令を出していたのです。

 試験が発表になってから課題を出されたら困るから、発表より前に出してもらいなさい。


 ところがですよ。ダイナ君ときたら、「体育教官室に先生がいなかった」「忙しいみたいで、相手にしてくれない」とかいうので、私はきれまして、「試験の発表になってからレポート書いてたらどうなるの!! ダイナ君は他の生徒さんみたいに、夜中の二時、三時まで起きてられないんですよ!! 睡眠時間を削るわけにはいかないのだから、しっかり尋ねてきなさい」

 「先生がまだ考えてないから明日来てって」翌日は「あ、今日は忙しいから明日にして」こういうことが五日続きました。さすがに、私はきれましたぜ。「おかあさんが担任の先生にお電話するわ!!」「いや、おかあさん、それはやめて」


 そして出てきた課題が、「教科書のサッカーのところをレポート用紙五枚にまとめる」


 五日悩まないといけないような課題なのか、これ。

 ダイナ君は首尾よくレポートを提出したのですが、これが再提出となりました。
「書き直しだって。もっとイラストとか、赤線とかひいて、書いてこいって」

 ダイナ君がイラストを書きかけていたのですが、教科書じゃないんだから、そんなのいいんじゃないのと横から口出した私が悪かったんです。ダイナ君は保健室で、養護の先生に「体育のレポート、書き直しになったんです」と言ったらしいのですよ。そしたら、先生が「書き直しなんて、信じられない!!」というリアクションが帰ってきたとのこと。

 翌日でしたか、翌々日でしたか、担任の先生が「体育のレポート、書き直しになったって?」「そうです」「テストが終わるまでに提出するようにということらしいけれど、大丈夫か?」「土日がはいってますから、その時に仕上げます」

 担任の先生も養護の先生も、ダイナ君にとって、睡眠時間が削られることは負担になるということをご存知です。それで、お二人ともダイナ君の体を心配してくれたんですね。

 で、ダイナ君は休み時間とかを上手に使って、あまり家で時間をとられないように、なんとか試験が始まるまでに提出したんです。その直後に、担任の先生が「体育のレポートの期限は、伸ばしてもらったから」「いや、もう出しました」「そうか」

 保健室に行くと、「担任の先生と話して、ダイナ君は期限を延ばしてくださいとは言わずに、絶対期限通りに提出しようとするから、体育の先生に延ばしてもらった方がいいと言いにいったのよ」「あ、ありがとうございました」「いいのよ。私がダイナ君にしてあげられることって、これくらいしかないからね」

 養護の先生とお話ししたときに、ダイナ君は養護の先生には非常に受けがよいらしく、
「私の教師生活25年の間で、ダイナ君みたいに素直な子ははじめてです。おかあさんの育て方がよかったんでしょう」「いえ、全然」

 これは誤解のないように言っておきます。非常に大きな誤解で、ダイナ君は幼稚園児のままなのです。単純な子供なんです。いやしくも高校生なら、自分の将来についてとか、社会のことについてとか、それなりに意見が出てくるものですが、ダイナ君ときたら、出てくる話はレゲエばかり。確かに、素直だと思いますわ。何も他にないんですから。

 それはいいとして、ですね。実は、私、担任の先生に、体育の先生にこういうことをされた(というと、なんか被害者みたいですが)といいに行こうと思っていたんです。だって、五日間も日参して、なかなか課題を与えてくれなくて、書いてもっていったら、試験が終わるまでに提出しろと。体育の先生ですから、体力には自信があるでしょう。睡眠不足にも強いでしょうし、疲れにも強いのでしょう。そしてまた、ダイナ君の病気がどんなものか理解していただけていないのだなと思ったんです。一見、普通の生徒ですからね。しかも、ダイナ君の書き直しのレポートを返却するときに、どなたかのレポートを見せて、「全然、違うだろう。こんな風に書いてこい」と言われたとのこと。体育の授業が受けられない生徒さんが、他にもいたことも驚きですが、そんなこと言うかねえと。

 ですが、担任の先生と、養護の先生がダイナ君の体の状態を理解してくださって、体育の先生にいろいろと言ってくださったのなら、私が出ていく幕はないなと。

 ダイナ君の高校生活はまだ一年ありますが、安心してダイナ君を学校に送りだせるなと思ったのでした。

20071116171605.jpg
 それではいつもの募集です。寒い季節ですので、早くほっとさせてあげたいですね。本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。
zurezure1_s.jpg
 神奈川からは、生後三ヶ月の二匹の牡猫さんです。
にくきうさんのブログより募集となっております。
  「ねりま猫」は東京で募集しています。

 どの子も新しい年と新しいお家で、しあわせに暖かく迎えられますように。




 
スポンサーサイト

2007.12.17(Mon)00:11 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0

一見見れば普通の人だけど実際は重度障害者・・・そうゆう人私の周りにもいるし、私は障害者じゃないけど一応今は精神的に病人です。
実は書くと長くなるので控えますが、最近附に落ちないことが会社でありまして、ずっとストレスがたまっています。
分かってくれてる人もいて、メールで気にしちゃダメよいってくれる人もいるんですけどね。
たまに「私はいないほうがいいのかも」とか口走ってしまったりするので、心配してしまうみたいです。
笑うと健康だと思われて最近は笑うこともいけないのかと思ってしまいます。
お狂さんの体育の先生に思う気持ちがなんとなくわかる気がすると言うか・・・。
私も親だったら同じ行動に出るとお思います。
高校のときは私も体育は出来ませんでしたし。
でもダイナ君の学校では養護の先生や担任の先生はちゃんと理解してくれて協力してくれる。
お狂さんとしては安心ですよね。
でも、お狂さんからはダイナ君は単純な子供のように見えるかもしれませんが、きっと他の人から見たらホントに素直で純粋な子だと思うと思いますよ。
じゃなければ、学校での楽しいお話も聞けないかもしれません。
私は中学時代はずっと走れないのは仮病だと病院からも言われたので、いい子にならなきゃと必死でしたから。
だからダイナ君の周りの子(携帯坊やなど^^;)もみんないい子なのかなぁと思ってますよ。

2007.12.18(Tue)02:00 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
体育の先生なら、保健も勉強してるはずでは?・・
運動だけじゃなく、そういう部分もきっちり生徒の事を見る方が
体育の先生をすべきでしょうね。
だって「保健体育」ってあるでしょ?
でも ダイナ君は養護の先生がわかってくださってて
素直なダイナ君をサポートしてくだされば少し安心かもですね。


2007.12.18(Tue)07:29 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.12.18(Tue)07:53 |  # |  [ 編集 ]
うーん・・・
確かに先生といえど色々な方がいらっしゃいますものね
友人が医者に止められて体育をずっと見学していたのに
三年のときに体育の先生が変わって
「そんなの病気でもなんでもない」と無理やりうけさせて
結果学校に出てこれなくなった事件が・・・
多分「このくらい出来る」の基準が自分の物差しでしか見れないのかなって
生意気にもこの記事を読み進めるうちに思っちゃたかな(´・ω・`)

救いはそれをダイナくんが曲がった感じに受け取ったりするのではなく
素直に自分なりに頑張ろうとする姿勢
そういうのってなかなか成長するとズルさが加わってなくなるんですよね
だからダイナくんは今のままの素直な人間でいてほしいです(^∀^)
だってこちらで記事を色々読んでいると
ダイナくんが素敵だと素直に思える私がいますから

2007.12.18(Tue)13:05 | はる吉 #- | URL [ 編集 ]
他のクラスも受け持ってるからと言っても、ダイナ君のクラスは15人しか居ないんでしょ、ソレなのにこんな大事な事情を把握出来てないなんて、ましてや体に直接係わる授業を受け持ってるのに、その自覚が少ないように思います。

2007.12.18(Tue)16:11 | とらのおまけ #GCA3nAmE | URL [ 編集 ]
ダイナ君、がんばり屋さんですね。
担任の先生も養護の先生もダイナ君のことを思って、いろいろと
心も気持ちも時間もつかって気持ちよく生活できるようになさって
いるんですね。ダイナ君の人柄がよいんでしょうね。
この体育の先生は感性が鈍い感じがします。他にも嫌な思いを
している生徒がいるかも。
ところで、ご心配くださってありがとうございました。元気になって
きまして、少しずつブログをアップしたり、皆様のところに訪問させ
ていただけるようになってます♪

2007.12.18(Tue)21:16 | モモマルル #- | URL [ 編集 ]
体育の先生にもっと理解しようとする心を持って欲しいところですが、
ダイナ君にとって、そんな事は取るに足らない事なのでしょうね。
そこでひねたり、挫けないダイナ君だからこそ、担任の先生や養護の先生がすかさずフォローしてくれるのでしょうね。
ダイナ君の姿をこちらで拝見させていただいていると、とても穏やかで清清しい気持ちになります。
レゲエ良いじゃないですか。じゃんじゃんいっちゃって下さい(^・^)。

2007.12.19(Wed)00:14 | 順梟 #- | URL [ 編集 ]
ナツママさま
なんと申し上げたらいいのか実はわかりません。
まず、ナツママさん、頑張らないでと。
そして、味方がいらっしゃるということに
半分ほっとしています。
感じていることは、自分もそうだったからわかるのですけど、
人というのは、単純なものではなくて、
外側だけを見て判断するのはやめて方がいいということでしょうかね。
ですから、ナツママさんがいろいろと誤解されて、
それゆえに頑張りすぎて、なんか文面から
痛々しさが出てくるというのでしょうか。
私も前は単純でしたから、笑っている人をみたら、
「いいよな、しあわせで」
と思っていました。
ですけど、そんなに人は簡単に生きてないと。
ですから、ナツママさんの職場でわかってくれない人がいたとしたら、
そういう人と正面きって対峙していてはだめです。
わかってくれない人に何も求めずに、
受け流せるのならいくらでも受け流してください。
もし無理なら、吐き出せる相手にいくらでも吐き出してください。
あ、私、お気楽主婦ですからね、いつでもお電話、
お待ちしています。
テレフォンショッピングとちゃうって。

2007.12.19(Wed)03:05 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
このあたりがどうなってるのかなあと思いますねえ。
ダイナ君に詳しくきいてみます。
ですけれども、ダイナ君の学校生活って楽しそうなので、
この程度の試練というのでしょうかねえ、
あってもいいかもと。
親にとっては理不尽なんですけど、
これもまた経験しておけば、いいかもと。
そして、そういうことをされたなら、
担任の先生や養護の先生のように、
人のために対処することを
覚えておくというのもいいかもと。


2007.12.19(Wed)03:07 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
鍵コメさま
お気持ち、わかりますよ。
人に弱みをみせずにいることが普通になると、
なんか弱音を吐けないんですよね。
ですから、鍵コメさま、弱音を吐く相手を
必ずきちんと確保しておいてください。
でないと、あなたがこわれてしまいます。
私、お気楽主婦ですので、
いつでもお電話をお待ちしております。
って、なんかよほど寂しい主婦みたいですね。

2007.12.19(Wed)03:10 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
はる吉さま
それもまたつらいお話ですね。
体育の先生って、時々その手のタイプの方が
いらっしゃいますよね。
いや、きっと体育だけじゃないんですね。
体育教諭というのは、体育が得意だからそういう職業に
ついているのであって、
苦手な人はついてないですよね。
そういう意味で、教師に必要なものは
これはもう想像力ですね。


2007.12.19(Wed)03:12 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
とらのおまけさま
そうですねえ、どうなっているのかよく私も
理解できていないのですけどねえ。
ダイナ君の中学というのはマンモス校でして、
学年がかわって担任がかわると、
「知りませんでした」とダイナ君の病気について
いう先生が毎年でした。
見た目、健康そうですからね。
しかし、学校もこういう大事な情報は共有しておけよと
思いますね。
きっと、ゲームセンターに下校時によっている生徒は
チェックできているんでしょうね。

2007.12.19(Wed)03:14 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
モモマルルさま
そうですねえ、ひょっとしたら、
部活動なんか張り切ってやっていて、
そして、運動神経のいい生徒しか見てくれていないのかも。
モモマルルさん、無理はなさらないでくださいよ。
猫さんたちが困りますからね、ゆっくり復帰してくださいよ。


2007.12.19(Wed)03:16 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
順梟さま
そういう意味ではダイナ君のあっけらかんとしたところは
救いなんだと思います。
深く考えるタイプだったら、
何かアクションをおこしていたかもしれないですね。
まあ、こういう場合、ダイナ君が幼稚園児でよかったのかも、
などと思いますね。

2007.12.19(Wed)03:17 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年12月 17日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ ダイナ君と養護の先生 その2
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • ダイナ君と養護の先生 その2
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年12月17日 (月)
  • 00時11分02秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。