動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 本日は昨日の続きなのですが、関係ないところから入っていきます。

 ぶんちゃんが私のために借りてきてくれた本の第二段なのですが、それはその昔、輸血拒否をしたエホバの証人のお話です。この宗教団体は「ものみの塔」です。著者がこの団体の中に入って、どうしてわが子の輸血を拒否して子供を天に返してしまったか、その事件の根源をさぐるというお話なんですね。

 私、クリスチャンですので、ここではっきり言っておきますが、この「エホバの証人」と言われている方々はご本人たちはキリスト教徒と名乗っていらっしゃいますが、キリスト教会では異端と言っております。何が異端で何が異端でないか。どなたにもわかりやすく申し上げるなら、まず聖書以外の教典を使っていると異端です。「エホバ」の方々は独自の聖書をお持ちです。そして、人を神とあがめる。これはおかしいので、韓国の文鮮明氏率いる「統一教会」これも異端とされておりますね。他に「モルモン教」も異端とされております。

 それはいいとしてですね、「エホバ」の方々は伺ってはおりましたが、非常に真面目です。教えられたことを忠実に実行されます。それで輸血拒否となるのですが、実にりっぱな理論武装をしています。だいたい、そこらのクリスチャンでは、おそらく牧師クラスの方々でも、論破されることは間違いないです。それくらい、学びをなさっておられますし、それが子供の頃からそうなんですから(親が信者だった場合ですね)。

 この本を読んでいて思うのは、「これは輸血を拒否しても仕方ないよな」という雰囲気ですね。なぜなら、彼らは聖書の言葉を忠実に守ります。そして、次の世界、つまりは天国ですね。それを堅く信じておりますので、この世で栄えても、そんなものは無意味。聖書の掟を破って、天国に入れなくなることの方が大変となるわけですね。

 で、私は読んでいて、実にりっぱな方々だと思いましたよ。確かに天国で会えるという核心があれば、どうせこの世での生は長かれ短かれ、仮の生。輸血して天国に入れなくなることの方が問題だと思いますよねえ。理論上はですけどね。

 私、お気楽クリスチャンでよかったと思いましたよ。なぜなら、「神様はどんなことがあってもあなたを捨てない」とおっしゃってくださっているので、罪を犯しても自分からはなれていかない限り、神様は受け入れてくださるという信仰だからですね。聖人君主でなければ救われないのならば、クリスチャンでいられないのならば、私、クリスチャンになった次の日にやめてますよ。

 確かに、天国で生活する時間の方がこの世でいる時間より長いに違いない。しかし、です。では、それでは神様は何のためにこの世に私たちを送りだして下っているのか。人間は全知全能ではないのです。ということは、間違うことがある。エホバの方々がおっしゃるような罪を重ねていくのです。子供を助けたいと思い、輸血をお願いしますという親の気持ちを許してくださらないような神様なら、間違いの多い私など、天国に行く一段目の階段に足をかけた途端に、跳ね除けられるでしょう。

 それで、何が動物虐待のアートと繋がっていくかといいますと。人間というのは、間違うものですが、自分の信念というものを確固として持っている人々は、自分が間違っていると疑うことはない。この犬さんを虐待したアーティストは、その国の動物事情をわかってほしいと思われたのでしょう。

 しかし、この世で生きているのは、その人だけではない。他のいのちを犠牲にしてその信念を貫くだけの傲慢を許していいのかという話ですね。人間は信念や理念を持って、それが悪いことではないでしょう。その強い思いがいろいろな閉塞を打ち破ってきたのでしょう。しかし、他のいのちを犠牲にしてまで、その信念は貫かねばならないものなのか。

 人は生きていくために、他人を傷つけることがあります。自分のやりたいことをするために、多くの人を傷つけることがあるでしょう。それとて、ほめられたことではないかもしれませんが、人の価値観や、ものの考え方が違う場合には、いたしかたない場合があります。人は人を傷つけながら、生きていくのかもしれません。しかし、それでも、自分のやりたいことをするために、他のいのちを奪っていいわけがない。それがまさしく傲慢だというのです。

 私も傲慢な人間ですが、動物愛護を考えるときには、何度も記事にしてきました。謙虚でなければ、間違った道に踏み入ってしまうと。そこには理想もある。いのちを救うという思いもある。しかし、それでも、何をしてもいいわけではありません。「広島ドッグパーク」の問題でいやというほど思い知らされたことです。謙虚に人の意見を聞きながら、救わなければならないいのちに一番よいことを考える。支援してくださった方々の思いを大切に受け止めながら、無駄のない活動をする。

 アートもりっぱな行為でしょう。動物愛護活動もりっぱな行為です。しかし、そのりっぱな行為に手を染めているからと言って、何をしてもよいわけではない。第一義のことができるなら(アートなら、自分の信念を伝える。動物愛護活動なら、動物のいのちを救う)、方法は何でもよいわけではない。そこを決して忘れてはならないのだなと、改め思ったことでした。

20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。
a-re-.jpg





四国の高知からはみえっちさんからの募集です。イエローラブラドールのチョコちゃんとアーレーちゃん親子。詳細は「いつでも里親募集中」でご覧ください。


chimi.jpg
 埼玉県では、みいさんの保護された猫さんの新しい家族を募集しています。
 ちゃみちゃん 雌
 募集条件はかなり厳しいです。が、ご贔屓様の間では、当然の条件ですよというご意見となっております。
ご確認は『我が家の仲良し日記』からお願いします。

スポンサーサイト

2008.02.23(Sat)02:42 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.02.24(Sun)11:30 |  # |  [ 編集 ]
鍵コメさま
宗教について議論しても確かにいたし方ないですが、
しかし、自分の子供が輸血したら助かるのに、輸血を拒むかねえと私も最初に思いましたね。
おそらくこの方々にとったら、移植など持ってのほかでしょうねえ。
それだけ、天国を信じられるというのは本当にうらやましいですよ。
もちろん、私、天国はあると思っておりますけれどもね。
ですが、生にも執着がありますよ。
せっかく生まれてきてますもんね。
薬だって、手術だって、神様がくださった病気を治すチャンスだと思っていますよ。
私は神様にすがったら、楽だったので、クリスチャンになったわけでして、
ダイナ君が病気でなかったら、なっていなかったと思います。
しかし、なっていなかったなら、傲慢で鼻もちならない人間のままだったでしょうねえ。
自分にはできないことができる方がいるというのが宗教の根本ですからね。
病気はなくなってほしいと思いますよ。
事故もですけれどもね。
そういうのがなくなっても、こういう理念を振り回す人がいたら、
暗くなってしまいますけどね。


2008.02.24(Sun)12:48 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
私の家に、エホバ。。。の人が布教に来たことがありました。
以前から私はこの団体の考え方に疑問を感じていたので、自分のことを話しました。
もし、私に輸血ができなかったら、今私はここにいない。。。と言っても、その人たちはとても穏やかに切り返してきました。
人の言うことには聞く耳持たない。。。という感じでした。
お狂さんの言うとおり、宗教のなかには、人間を信じ崇拝するものがあります。私はそんなのは宗教ではないと思っています。
お狂さんのおっしゃるとおりなんです!
人間は間違いを犯すし、欲もある。。。そんな人間の言うことなど信じてはいけないのだと私は思っています。
子供の頃から、お葬式や法事で来たお坊さんの、お説教にも疑問を持っていました。
「この人は普段、普通の人なのに、どうして皆頭を下げて有難そうに話しを聞いているんだろう。。。。。」って。
私には、お坊さんが、ただのおじさんにしか見えなかったのですね。。。
私はそんな子だったので、今でも無宗教なんです。

2008.02.24(Sun)23:03 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
キリスト教にもいろいろあるのは知ってました。
昔友人にさそわれて少し通った事ありますから。
そこでものみの塔とは違うんだって教えてらっしゃいましたよ。
行動の仕方も 考え方によって人さまざまなので、それが正しい方法だと思ってらっしゃるのならばこちらがいくら
反対しても無理な事があったりするもんですね。
根本は 動物の命について考えようって事なのでしょう。
それが多くの人に受け入れられないだけなのかも知れません。
しかしこのアートはやっぱり納得いかないですね。


2008.02.24(Sun)23:45 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
信念、っていうのは強情、とか頑固、てのとは違いますよね。
そこに柔軟性が入り込む余地は無いのかなあ…。
いずれにせよ、あれがあの男の信念に基づいたものかどうなのか私にはわかりませんけど
もしそうだと言われても到底納得は出来ないし、またしたくもないですよね。
なにが信念じゃこのアホンダラ!って感じですよ。

2008.02.25(Mon)00:29 | myamo #TRL3c4kQ | URL [ 編集 ]
大事なことは
自分が考えて、自分で判断して、自分が責任をとることかな、と思います。
人によって拠り所は異なると思いますし、自分で考えることを放棄する方が楽なこともあるかと思いますが、やっぱり大事なのは最終的にちゃんと考えることかな、って今日アップしてくださった記事を読んで思いました。

2008.02.25(Mon)01:35 | モモマルル #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
日本人ほど宗教と無縁の国民はいませんからね。
でも、イスラム教とキリスト教の対立を見たなら、
宗教など持っていなくていいと思うのが当然ですよね。
私が信頼する牧師の先生は、時々言われます。
「私は神様じゃありません。ですから、私が聖書に相反することを言っていたなら、必ずおっしゃってください」
人は神にはなれませんよ。
人は皆同じ。
おっしゃるとおり、誰もが間違います。
間違えば正せばいいですが、神様にされた人は正すことはできません。
神様は間違えることを許されませんからねえ。
宗教というのは、一つ間違えば危ういです。

2008.02.25(Mon)02:36 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
私はあまり他の宗教の悪口は言いたくありません。
が、エホバの方々は本当に熱心で真面目だからこそ、
どうかキリスト教もどきの教えを振り回していただきたくないんですね。
オウムの人たちも真面目な方ばかりだったと思いますよ。
真理を突き詰めたかったのでしょう。
しかし、「それ、間違ってませんか」というのは、
一つの団体の中では非常に言いにくいことだと思います。
それで、半ば心配はしているのですね、キリスト教の異端と呼ばれている方々を。
あちらでは、おまえに心配される必要はないといわれると思います。
しかしながら、今回のアートですね。
通常の神経をもってして、できることだろうかなと思うんですよ。
本当に悲惨だと思っているのなら、そういうことをするのかなと。

2008.02.25(Mon)02:39 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
myamoさま
おっしゃるとおり、だから許せる行為ではないですね。
何か非常に薄ら寒い気がしますよ。
そして、怒りも悲しみもおぼえます。
そのアートの何に共感せよといわれるのか。
そうどなりたくなりますけどね。

2008.02.25(Mon)02:41 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
モモマルルさま
ねこつかいさんの返信コメントにも書いた私の信頼する牧師の先生が言われてましたね。
「日本人は選択して責任をとろうとしない」
責任というのはどのようにとるのか。
いのちに関わると、責任がついて回らないことはありませんよね。
保護主様は、猫さん、犬さんを哀れんで里親様を探してくださいます。
しかし、その犬猫さんのしあわせは、保護主様にかかっておりますね。
その選択にかかっています。
責任重大なんですね。
どなたも、ですから、その責任を全うされるために、
非常に慎重にお申し出のあった方を吟味されています。
それで、このアーティストはどういう責任をとるつもりだったんでしょうか?

2008.02.25(Mon)02:45 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年02月 23日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 動物虐待アートの根源は、いたるところにあるかも
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 動物虐待アートの根源は、いたるところにあるかも
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年02月23日 (土)
  • 02時42分36秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。