動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 今日は日曜日とて、なんとか起きて、礼拝に行ってまいりました。最近、クリスチャンとしての自分の行く末といいますか、日本のキリスト教会の行く末を案じております。これは大変なことになっているなという予感、しかし、自分には何もできないし、何も言えないだろうなという現状。失望みたいなものもありますけれども、動物愛護活動よりもまだ閉塞感があります。それで、勢い、教会にいる時間が短くなっておりますねえ。

 ルターのように、私が牧師であれば、教会を割って出て、自分の主張を展開していってもいいのですが、一信徒ですよ。何より、訴えても理解してもらえないだろうなという感じがあります。聖書の解釈の違いというのでしょうかねえ。

 今日、新聞を読んでいまして、アメリカ大統領選挙の解説ですけれども、「アメリカ国民は黒人が大統領になるのはかまわないと思っているが、女性が大統領になるのはまだよいとは思っていないということか」という論説があって、笑ってしまいましたね。アメリカはキリスト教国ですが、聖書の中に書いてあることは、けっこう古いですよ。女性は教会で発言するなとか書いてありますね。もちろん、現在、女性の牧師もいますよ。それでも、「大草原の小さな家」みたいなのが一番望ましい家庭の形として刷り込まれているのかなと思いますね。

 先進国の中で、女性の首相が一番早くに出てきたのは、イギリスでしょう。こちらもキリスト教国ですけれどもね、これも笑ってしまいます。歴史をご覧になればおわかりになるように、イギリス王室はキリスト教会に逆らってきたんですね。離婚できないという理由で、カトリックから離脱した国王もいれば、離婚歴のある女性とは結婚できないという理由で王位を捨てた国王もいますね。一昨年でしたか、同性の結婚が許されたらしいですけれども、これは聖書の中で厳しくいさめられている関係です。おそらくイギリスは、歴史の中で宗教の対立が激しかったので、「偉そうに言ったって、宗教ってその程度のもの」と思われているのかもしれませんけどね。

 宗教というのが何なのかと言ったときに、それは人と創造主である絶対者との関係を規定するものだと思うんですね。しかし、精神的には、やはり慰めであり、よりどころでないといけないと思います。ですから、宗教から諍いがおこることは見たくないですし、あってはならないと思います。人が許すことを学び、傷を癒し、そして、自分が一人で生きているのではないことを知らされる。自分が何のために生まれて、どこに帰っていくのかと知らされる。

 今の宗教はどの宗教をとっても、社会に対して無力です。社会には大きな問題がおこって、精神世界そのものが悪い方向へと進んでいっている。なのに、それに対して何の解決策ももたない宗教は本当に無力です。人を創られた神様が無力であるわけはない。なのに、何の解決策も提示できない。これに私は憂えます。結婚式とお葬式と初詣、そんな時でないと宗教が見えてこない。

 宗教からはなれた自分を見たときにも、非常に無力感を感じますねえ。動物を取り巻く社会をかえたいと願う。どのいのちにも平安があるようにと願う。しかし、何もできない自分にぶつかると。

 でも今、無力だと感じるからこそ、皆様に署名のお願いをし、皆様に里親探しのリンクをお願いする。自分に力があれば、私は頭を下げたりしないでしょう。

 そう考えると、自分に力があると主張することは、非常に愚かなことなのかもしれません。自分が大統領になるにふさわしいと、胸を張ること。強い国を引っ張っていく強い大統領になれるということ。それは愚かな主張なのかもしれませんねえ。「自分には力がない。しかし、この国の行く末を憂えている。だから、力を貸してほしい。ともに、良い方向にこの国を変革していこうじゃないか」そう訴えることの方がよいのかなと。

 そういうわけで、北海道から、猫さんの家族を探しています。
hama1917-thumbnail2.jpg
 一歳の雌猫さんです。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

2008.03.03(Mon)02:49 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0

やはり一人ひとりの力は小さいもの。
と、私も思っています。
だから集まって、協力し合って、思いやりあって生きていくんでしょうね。
友達を作ったり家族を作ったり、同志が集まって活動したり。
一人だと、心細いし寂しいし(笑)。

2008.03.03(Mon)19:51 | 「はたらくネコ。」の同居人 #- | URL [ 編集 ]
私もお狂さんの思われるように
「私には力はないけど、この国を変えたい!それにはみんなの力が必要」
と言うほうが正直なのかとも思います。
最初からなんでも自分の力でやれる人っていないでしょう。


2008.03.03(Mon)22:30 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
「はたらくネコ。」の同居人さま
社会の意識を変えるということは、ある種、戦いかもしれませんねえ。
一人で戦えるほど、人間強くないですね。
ですから、力強く訴えていきながら、
「ですが、私一人では何もできません。
ご賛同くださる方は私とともに立ち上がってください」
というのがよいのかもしれません。
カリスマといいますが、本当に一生懸命やっている人というのは、
黒子でいるのではと思いますね。
目立つ暇などないのではと思ったりします。


2008.03.04(Tue)00:07 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
人間はやはり自分の力の限界というのを
知っておく必要があるのかもしれませんね。
その限界がすぐそこにあると思う人ほど、
人に頭を下げ、人に頼むことをするのかもしれませんよね。
大きなことも最初は小さいところから始まりますけれども、
あるところで、自分の手をはなして、
「私はここから先は一人でできないので、助けてください」
と言う人の方が、より大きなことが果たせるのではと思ったりしますけどね。

2008.03.04(Tue)00:09 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
一人では思ったところで無力な部分が多いですね。
多くの賛同を得なければ大きな力にならない。
だからカリスマという言葉が流行ったりするのでしょうね。
動物愛護に関することならばなるべくなら協力したいと思ってますが、ブログを始めるまではこうゆう現状を知らなかったし、自分でお願いする術を知らなかったです。
↓の署名の件後で見て見ますね。
そして・・・ぶんちゃん♪
可愛いじゃないですかぁ~。
モデルさんみたいな顔立ちで。
一重を気にしてるって仰ってましたが、写真を見る限り全然分かりませんでしたよ。
町子ちゃんや年子ちゃんを見てたらネコを飼いたくなりました。
でもナツはネコ嫌いで格之進君同様、ヤキモチ焼きなので^^;


2008.03.04(Tue)00:16 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
ナツママさま
人をひきつけるというか、強い人に人は惹かれますよね。
それはやはり、よらば大樹の陰みたいなところもありますしね。
スター性のある人が見ていて痛快でしょうねえ。
ですけれども、現実問題、カリスマというのは非常に危ない状態になる可能性がありますね。
人はやはり謙虚になろうとしてなれるものじゃないですから。
ちやほやされて、持ち上げられたら、
その気になってしまうものですもんね。
いつも動物愛護へのご協力ありがとうございます。
私なんかより、ナツママさんの方が詳しかったりしますけどね。

2008.03.04(Tue)00:50 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
「自分には力がない。しかし、この国の行く末を憂えている。だから、力を貸してほしい。」これってすごくいい言葉ですね。国を「都道府県」とか「区市町村」にも変えて、いろいろな立候補者さんに見習ってほしいーーー!

2008.03.04(Tue)06:50 | モモマルル #- | URL [ 編集 ]
モモマルルさま
日本人が世界に出ていくにあたって、
やたらと自分を主張しないことをマイナスと捉えておりますけれどもねえ。
日本人の奥ゆかしさがリーダーシップを発揮できないことに直接つなげるというのも
どうかと思うんですけどね。
強いのがいいのかと思うんですね。
強いアメリカが間違うと、世界は突然悪の真っ只中に落としいれられますからね。
もっとも、外交ではもっと言わなければならないことを
言ってほしいとは思いますね。
ようは、人間、間違う。
それを根本に置いておかないと、強い=正義ではなあと思うんですね。

2008.03.05(Wed)00:39 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年03月 03日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 無力だからこそお願いする
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 無力だからこそお願いする
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年03月03日 (月)
  • 02時49分32秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。