動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 本日はですね、皆様方のご意見が聞きたいと思っているのです。最初にお断りしておきます。私は子供が二人おります。子供がいることが決して偉いわけでもありませんし、子供をもたないことを選択した方もいらっしゃると思います。また、ほしかったけれども、もてなかった方もいらっしゃると思います。そういうところからは切り離して、話は進めてはまいりますが、そこを触れずにはいられないかもしれません。社会的な問題として考えていきたいと思うわけです。

 私のクリスチャンの祈りの友に、十歳くらい年上の幼稚園の教頭先生がいらっしゃいます。それで、子供の問題、家族の問題、教育問題など話す機会があるのですが、少子化問題ですね。これについて意見が一致していることがあるのです。

 政府の対策はずれてる。

 私と彼女の意見は同じでして、子供というのは親が育てるものである。保育園が育てるものではない、祖父母でもない。親が育てる。親のいないお子さんの話はちょっと置いておいてください。で、働く母親のために必要なのは、保育園ではなく、早退できるような環境。三時に帰宅して、母親が幼稚園なり、保育園に子供をお迎えに行く。そして、夕食を家で食べる。もちろん、外食でもいいですが、そして、この役は父親でもいいんです。

 私はダイナ君が病気だったので、専業主婦をするしかなかったです。ですが、自分ではわかりませんでしたが、高校生になった子どもたちを家で迎えられること。これはよかったと思っています。子供二人は、帰宅して、まず最初に「おなかすいた」ということもありますし、「テストができなかった」ということもあります。時には、非常に暗い顔をしていることもありますし、明るい顔をしていることもあります。幸いなことに、迎えることができるので、学校であったことが顔をみればなんとなくわかるようになっております。

 おかげで私のような不良主婦でも母親がやれたのではと思います。家というのは、玄関に入ったときに、「さあ、気持ちを切り替えよう」という場所であってはいけませんし、「つらかった」と言える場所でなければならないと思っています。もし私が働いていて、彼らより遅く帰ってくる。学校でおこったことの気持ちをひきずっている時間は短く、気持ちの切り替えが彼らはできる。私が帰宅したときには、子供の感情の動きをとらえることは無理だっただろうと思います。

 親子の絆というのは、時間の長さで計るものではないとは思います。ですが、時間がフォローしてくれる部分は非常に多い。

 高度成長期から後、父親は一生懸命働いて、家にいる時間が短く、家族の動向など知らないということが多くなったと思います。それより前だって、そうだったかもしれませんが、しかし、それより前の時代は、兄弟の数が多かった。父親以外にフォローしてくれる人がいたような気がいたします。核家族になったところで、家族一人ひとりの役割がそれぞれ重くなってしまって(こういう言い方がいいのかどうか)、母親は一緒に子育ての責任を背負ってくれる父親が不在のもと、子供は親以外の相談相手である兄弟がいなくなっている。

 ここにもってきて、母親が働けば、子供と共有する時間は非常に短い。母親が働くことは別に悪いとも思いませんが、母親が母親業をきちんとやろうとすると、どうしても働く時間を短くして、それでも仕事に支障がでないような状態を用意してあげなければ無理です。政府も企業も、会社員の代わりはいくらでもいるけれども、母親の代わりはいないという考えのもと、時短と給料の補填をしてあげてほしい。

 ただですね。ここには一つ問題があって、母親業が嫌いな人も多くいるということです。子供よりも自分が遊びたい、そのためにお金がほしいという人もいると思うんですね。昨今の新聞をにぎわせている事件を見ると、ちょっと信じられないなあと思うような親がいることも事実です。

 それは前述した高度成長期からの家族崩壊、ここに起因しているのではないかなと思うのですが、家族というもの。この本来の姿というのでしょうか、これを守るために、母親の就業形態を考えることは必要かなと思います。

 もっとも、地域の方々、祖父母、親戚など、親の代わりができる方がいれば、かなり話はかわってくるかなと思ったりするんですね。基本は、自分を大切に思っていてくれる大人がいる。そこに行けば、自分は守られている。そう子供が感じることができればいいと思うんです。ですが、今の社会にそれを求めるのは少し無理かなと感じるのです。

 いかがでしょうか。ご意見等、お聞かせください。明日は、婚外子について考えてみます。
20071116171605.jpg
 この子たちを愛してくれる本当の家族が、どこかで待っていてくれるはずです。どうぞ、早く、見つけてあげてください。

 アクアちゃん、さっちゃんの里親様を募集しています。大阪在住。 お問い合わせは、ドッグサルベーションまでお願いします。一時預かり様はたんたん様ご一家で、ブログで様子がわかります。

  「ねりま猫」は東京で募集しています。
satuki mei
 同じく、北海道からサツキちゃんとメイちゃんという犬さん。保護主様はブログを書いていらっしゃいます。「共生日記」というブログです。二匹の様子はどうぞそちらからご覧ください。詳しい募集条件は「いつでも里親募集中」からご覧いただけます。


hama1917-thumbnail2.jpg
 北海道からは、一歳の雌猫さんの家族の募集です。お馴染みになりました北海道宗谷からの募集です。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

2008.04.02(Wed)20:34 |  日記  | コメント : 20 | トラックバック : 0

年齢を超えた地域のコミュニティーが子供を育て、守らなければいけないが、社会にそれを求めるのは無理ではないかと、言うことでしょうか。僕は無理じゃないと思っているんだ。そういう付き合いをするかどうかを選択する親の問題でもあると思います。子供にもウザいとかサムいとか言わせずに大人との付き合いを教えれば良いんじゃないかな。みんながなんとなく懐に分け入った近所の付き合いを疎ましがる風潮が強い。あえてそこを深く入っていくと、親戚のようになれる人も結構いてね。そこは空気で解るものですから。母親(妻)が病弱であった我が家はより多く近所に頼り、助けられたかもしれないです。ダイナ君も先生や看護士さんにとっては息子のようではないですか。そういう子に育てる下地が社会にあれば・・・といことでもあるね。
ペンギンさんの画像で新しいテンプレ、可愛いじゃないですかー。

2008.04.02(Wed)22:55 | みゆき楽団みゆき #ulujXjxo | URL [ 編集 ]
みゆきさま
子供を社会全体で育てれば何も問題ないかもしれませんね。
「あ、うちで見ておいてあげるし」とか気軽に言っていただける関係を持つことがかなり難しいというのでしょうか。
私も実はダイナ君が病気だったせいで、上のぶんちゃんは
社宅のいろいろな家に預けられたときがあります。
その頃、私の母はまだ勤めてましたから。
ありがたかったと思います。
そういうことがどの程度、現在可能なのか。
それは確かにその地域によって、違うかもしれませんね。
正直、私も人嫌いですので、子供がいなければ
近所つきあいはしていなかったかもしれませんね。
モンスターペアレントが増えている現在、
どうでしょうか、どのくらい善意だけで近所づきあいができるのか。
それもまた問題としてあるのかもしれませんけど。

2008.04.02(Wed)23:02 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
再びお邪魔します。
子育て、教育、家族関係にマニュアルはないと思っている者で、そんな私の子育てで娘はユニークな子に育ってしまいましたが、それも個性かなと思っています。勉強は全くせず、感性のみで生きております。あれもこれもとチャレンジした習い事はほぼ全滅!ただ唯一クラシックバレエだけは、一言も辞めると言った事がありませんでした。(親はお金がかかるので言って欲しかったですが・・・)学校の成績の主要科目は勿論悲惨なもの、でも体育・音楽・美術は満点♪普通の親なら、あまり嬉しくないと思うのですが、私の場合は、だったら好きなことで才能を伸ばせば良いのではと思い、カナダにバレエ留学させました。そこで発見したのが、英語は中途半端な知識や文法を知らない方が早く覚えると言うことです。なんせ留学する前の通知簿は1でしたから。真っ白な頭の中に、音楽のリズムのような感じで覚えたと本人は言ってました。そして、現在娘はウクライナの小さなバレエ団で踊っています。ただ誤解のないように言っておきたいのですが、我家はお金持ちではありません。バレエ学校の留学の費用は、娘が通う3年間バレエの衣装をボランティアで作るという条件で免除していただきました。言ってみるもんですね!さらに娘が入団したバレエ団はオークションに出した衣装を落札して頂いた方が、たまたまウクライナのバレエ団の監督の奥様だったのです。と、これが参考になる意見とは思えませんが、ちょっと人と違った娘や私のような人間がいてもいいかな?と最近思ってます。

2008.04.03(Thu)01:18 | さゆり #2ncs6jn2 | URL [ 編集 ]
私はこの年にして子供がまだいないのですが、というか薬の影響でダメなんですが自分が母親になる自信がないんですよね。
小さい頃は可愛い・・・ですみますが、親となると責任は犬猫とは違いますからね。
多分子供が出来ても私の場合は時短+自宅での仕事が出来る環境の会社なのですが、まだちょっと自分のことをしたいという思いがあるんです。
私の家は裕福ではなかったので、母は私たちを育てる為に生きてきたと言っても過言でないくらいな人です。
私の心臓が悪かったのは自分のせいだと責めてたり。
でも、その大切さに気付いたのは大人になってから。
一人暮らしや結婚して尊敬する人になりました。
そうゆう親になりたいと思いますが、自信がやっぱりありません。
母はナツにそれだけできるなら問題ないといってくれますけどね。

2008.04.03(Thu)01:55 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.04.03(Thu)01:56 |  # |  [ 編集 ]
さゆりさま
あ、いらっしゃいませ。
なるほど、これはすごい例ですね。
ということは、英語もロシア語もOKなんですね?
って、全然違う方向に話がいきましたけど、
日本の教育の一番悪い点は、型に入れるということでしょうかねえ。
皆同じ方向に向いていないといけないということかもしれません。
私が感じることは、型やぶりな子供は、
親の理解を受けているということでしょうか。
乙武さんの「五体不満足」を読んで、
親御さんのあっけらかんとしたところが印象に残っております。
ユニークな子供を受け入れることのできる家庭と
学校があってはじめて、その子の能力を伸ばすことができるのでは?
そのようなことを感じつつ、コメントを読ませていただきました。

2008.04.03(Thu)02:00 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ナツママさま
おかあさまのおっしゃるとおり、ナツさんに対する愛情のかけ方を見ていると、
ナツママさんは十分、母親になれる方だと思いますよ。
これからどうなさるのかはわかりませんが、
子供というのは、神様からの祝福とキリスト教では解されています。
では子供のいない方は祝福されていないのかということですが、
いらっしゃらない方には別の形で祝福が与えられています。
親になる資格があって、親になるわけではなく、
子供は神様からの預かりものですので、
ご自分がいろいろなことを経験するための
試練でもあると思います。
偉そうに言える私でもありません。
でも、躊躇されることは何もないと思いますよ。

2008.04.03(Thu)02:08 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
鍵コメさま
具体的な政策のご説明、ありがとうございました。
私の中には実は、「お金がないから生まないのか」
という問いがありまして。
これは私の印象ですが、「そうではないのではないか」
と感じていたりするわけです。
しかし、お金がないから生まないと思っていらっしゃる方々には、
確かにおっしゃるようなことの方が有効だと思います。
また、経済発展があったから医療の発展があった。
その通りだと思います。
先月、経済発展がなければ豊かになれないのかという
本のご紹介いたしましたが、
発展があってほしいと思うのは、実は医療でした。
これだけは何が何でも発展していってほしい。
病気で泣く人がいないためにです。
そして、実は、政府が「少子化から脱しないといけない」
と言っていることも、
何か奇異に感じるのですね。
聡明な鍵コメ様にはご理解いただいていることとは
思うのです。
鍵にしておくには、もったいない気もするコメントを
いただいてありがとうございました。

2008.04.03(Thu)02:19 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.04.03(Thu)03:13 |  # |  [ 編集 ]
異年齢とのかかわりの大切さ
お友だち夫婦は共働きです。子どもたちは「子ども会」という
ような活動で異年齢の人々とかかわって、はじめは可愛がられ
つつ、教えてもらう立場から、可愛がり教えながら自分も学ぶ
という立場になるような成長をしています。親がおうちで「お
かえりなさい!」って言えない状況でも、なんとか異年齢の
良識ある人たちと子どもたちがかかわりながら育つといいなって
思いました。

2008.04.03(Thu)06:20 | モモマルル #- | URL [ 編集 ]
子育てって自分が子供のときの家庭環境も
多かれ少なかれ影響ありますよね
うちは幸運にも父も母も滅多に残業もなく
毎日みんなで夕飯を食べれる家庭でした
しかもテレビはつけずに食事なので
自然と学校の話とか聞いてもらえるんですよね(笑)

そう考えると私は親から愛されて育ったと思っています
だって理想の家庭は私の育った環境
理想の父親と母親は私の父と母
尊敬するのは父と母
そう素直に思ってます(^∀^)
そんな私はきっと幸せ者以外の何者でもないですよね(笑)


2008.04.03(Thu)13:06 | はる吉 #w28f9D4s | URL [ 編集 ]
私もナツママさんと同じ、生まれつき心臓が悪かったのですが、母は姑から「出来損ない」を産んだと責められたそうです。
残念なことに私の母は「自分が1番可愛い」人でしたので、ナツママさんのことが私は羨ましいです。
命にかかわる病気の子供の辛さより、自分が責められたことのほうが辛かったのか。。。と悲しい思いをしました。
子供の頃の私は、いつも寂しく不安な気持ちで胸がいっぱいでした。
母は私の反面教師でもあります。
娘に私のような思いをさせたくないですしね。

私は子供ができにくい体質でしたし、病気のこともありましたので、子供を持つことを諦めたこともありました。幸い子供を持つことができましたが。。。

私は子供にとても厳しい母親だと思いますが、いじめにあったとき「苦しい、辛い」と母親に訴えてくれたということは、私を信頼してくれてると感じました。もちろん私達は、学校・いじめた子・その親たちを相手に戦いました。
そんな私を子供たちは全面的に信頼してくれて、自分は愛されているという自信を持って生きていけるのではないかと思っています。

2008.04.03(Thu)15:45 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
鍵コメさま
子供を産んでから生活が苦しくなっていくというのは、
確かにつらい話ではあります。
福祉の現場というのは、私は見たことがありませんので、
おそらく私が想像するより苛酷なのでしょう。
子供が少なくなると、働き手が少なくなって、
税収、年金問題など困るのはわかるのですけど、
私が感じているのは、どうも子育てというのは、
そういう側面から議論していっていいのかという
ところなんですね。
というのも、子供なものですから、
いのちを育てていくことで、
おっしゃるとおり、未来の担い手ですね。
私は『愛されている」と感じて成長していくこと。
それが一番大切だと思うんですね。
私は、やや間違った愛情の中で育ってきたなと
思うんです。
ですから、精神的にかなりいびつな状態になっておりますしね。
性格的にこれがウイークポイントだなと思っております、自分で。

2008.04.03(Thu)16:00 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
モモマルルさま
地域で子供を育てるという成功例ですね。
年齢が上の子供、下の子供の中で
面倒をみられること、お世話することを学んでいくと。
社会の中にそういう場所があれば随分違うでしょう。
ただ、私の中で、子供に関わっていられる時間は
それほど長くないのではと思うんですね。
ですから、もったいないなと思うことがあります。
私はぶんちゃんもダイナ君も、彼らが初めてやったこと、
お座りにしても、はいはいにしても、一歩出たときでもそうなんですが、
自分の目で見ることができたんですが、
これを人から教えられて「できてましたよ」と言われると、
ちょっとつらいかなあと。
共働きされていらっしゃる方々はきっと割り切っているのでしょうけどね。

2008.04.03(Thu)16:05 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
はる吉さま
それはもう、はる吉さん、愛されて育っていますよ。
よい家庭に育っていますよ。
だから、はる吉さん、つらい病気との闘いも
乗り越える術をご存知だったのではないですか?
私が非常に感じるのは、愛されていることを確信している人間というのは、
精神的に安定があるような感じがするんですね。
耐えられる強さもあるような。
ですから、本当にうらやましいですよ。

2008.04.03(Thu)16:08 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
ねこつかいさんのおかあさまは、愛されて育った実感がなかったのかもしれませんよね。
それで、親戚の方々から責められたときに、
耐え切れなかったのではないでしょうか。
私は愛されて育ってきた人には、安定と強さがあると思っているんですね。
愛されてきたから戦うこともできるし、耐えることもできると。
そういう意味で、めいちゃんは頼もしいご両親で安心していらっしゃると思います。
子供にとって大切なことは、どんなときでも親は応援団でいてくれるということだと思うんですね。
大きくなっていくと、子供と会話も少なくなる。
だけど、それでも、何かあったときには、
「まかせなさい」と言えるだけの強さのある親でいたい。
が、間違った強さは自分勝手ですからね、
まあ、バランスが必要ですけど。



2008.04.03(Thu)16:11 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ちょうど乃南アサの『しゃぼんだま』という本を読み終えたところです。
「不良少年が更生するって」、いってしまえばそれだけの話しなんですが、
「あなたのことを、いつも信じて見守っているよ」って、そういうメッセージを伝えられる大人が、昨今は少ないのでは?と思いました。
思ってないのは論外だし、思っていても伝わらなくっちゃ意味ないし。
これ、親子間だけじゃないですけどね。


2008.04.03(Thu)21:30 | がるまあ #- | URL [ 編集 ]
がるまあさま
なかなか大人といえども、自分のこと以外の人に
暖かな目を向けて常に見守っていられる余裕はないですね。
そういうせちがらい世の中ですし、
自分の子供でさえ、時には放りだしたくなりますわ。
ぶんちゃんの言い訳を聞きつつ、
「もう好きにしてくれ」と思うこともよくありますよ。
これで親業をやっているのかと言われたら、
実のところ、失格だよなと思います。
親子でこれなら、他人ならなおさら、ですよね。
そういう意味で、動物はいいなあと思いますよ。



2008.04.03(Thu)22:58 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
私も今 こうやって子供が帰宅する頃には家に
戻れる事を感謝してます。
いくら反抗期の子でも やはり家はいろいろな事の吐け口なのだと思ってます。
時代の流れはありますが、昔は親が生活のために
共働きでも、ご近所の方や地域の方が親代わりだった気がします。
何をしていても「あの子はどこどこの子」って把握していて
親の代わりに話し相手になってくれたところもあったりして
そういった人と話す事がよかったのかも知れないですね。
で、親の耳に入る・話せる。
今は なにもかも欠如してきてるんですね。


2008.04.03(Thu)23:09 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
そうですよね。
考えてみますと、「あの子はお狂さんところの子」と言われるということは、
「あの子はどこの子なの、この辺で見かけないよね」
ということになりますよな。
その縛りがきつくなると、よそ者を受けつけない土地柄になるやもしれません。
しかし、町内のどの人も知り合いという土地柄ならば、
何か問題を起こせばその町内ではいられなくなる。
そういう抑止力はあっただろうと思います。
正直、子供が親を殺す事件がおこるたびに、
「もっとやることあっただろう」と思いますよ。
親を捨てて、家出すればよかっただろう。
殺して犯罪者になってどうするんだよ。
それでリセットというわけにはいかないんだよと
言えるものなら言ってあげたいですが、
おそらく当事者の子供さんは、聞く耳をもってないでしょうね。
そして、私も臆して言えないかもしれません。

2008.04.03(Thu)23:20 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年04月 02日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 私は親から愛されていると子供が感じるために
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 私は親から愛されていると子供が感じるために
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年04月02日 (水)
  • 20時34分22秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年03月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。