動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日から九月ですなあ。雨のため、ダイナ君、ぶんちゃんを車で送っていったわいいですが、二人は別々の高校で、下校時間も違うので、こういう日は忙しいですわ。でもまあ、こういうことができるのも後数年。私の子育てもそろそろ終わりに向かっています。

 動物のお世話は成人したらしなくていい、というわけではなく、そういう意味で、二人の子供が家からいなくなってしまった後の喪失感など感じないであろうほど、私一人に動物のお世話がのしかかってくるわけでありまして。これも後数年でやってくるわけです。

 ところで、年子がうちに来て、そろそろ半年になろうかなという12月。さっさと避妊手術を受けさせることにしました。じゃりがきとはいえ牡猫の助三郎がいるわけですから、こいつががきから牡になる前に手を打っておかねば。

 年子と助三郎は動物病院に一月に一回、必ず行って、蚤とり薬の添付と爪きりをしてもらいます。ホワイティちゃんと呼ぶ人はもういなくて、動物病院では皆さん「助ちゃん」と呼んでくれます。助ちゃんは流石に動物病院になれているのですが、年子は体温を測るところから怒り始め、爪きりをするときなど、一体診察室の中で何が行なわれているのかと回りがいぶかしがるほど鳴くのでした。「助ちゃんはお利口さんだねえ」とこのときばかりは、病院スタッフに受けのいい助ちゃん。うちでは全く逆で、やんちゃな助ちゃんは叱られてばかり。しかし、「年子ねえちゃんは診察室で暴れている。ここでは暴れていいのか」と思うようになったのか、助ちゃんも一回ごとに診察をいやがるようになっていったのでした。それに比べて、年ちゃんは徐々になれてきたので、爪きりごときにエリザベスカラーをつけなければ爪きりができなかったことははるか昔。現在では怒って、先生の手をぱしっ、とかしていますが、「ぎゃあぎゃあ」という吼えはなくなりました。

 さて、年子は雌なので、一泊病院にお泊りとなります。私とダイナ君は手術の様子をガラス越しに見せてもらうことにしました。ぶんちゃんは血に対してからっきし弱くて、自分の採血でさえ貧血をおこしてしまって真っ青になる始末。普段の性格はどこへやら。「どうってことないのに」と点滴と採血馴れしているダイナ君。でしたが、ダイナ君は手術中に「あっちで待ってる」と待合に出てしまいました。きちんと見ておかんかい!!私は結構こういうことは平気で、そばにいたなら「これは何ですか? あれは何ですか? それをとったらどうなるんですか? これがないと他の臓器に負担がかかるんですか?」という好奇心を丸出しで質問していたに違いありません。

 知的欲求というのでしょうか、知っておけば今後役に立つじゃありませんか。ただ知っているおかげで、勝手に判断だけはしないように、気をつけてはいるのですが(何かあったらすぐ病院に電話するようにしてはいます)。

 年子は手術後、「穏やかな目覚め」(看護士さん談)をして、洗濯ネットに入れられました。なんかおもしろいなあと思いつつ、後はお願いして帰りましたが、元気な年子なら食いちぎっていたに違いありません。

 帰宅すると、助三郎が「年子ねえちゃんだけ皆とどっか行って、皆は帰ってきたのに、年子ねえちゃんは帰ってきてない」と不思議そうな顔。「助ちゃん一人でかわいそうだから、今日は茶の間になるべく置いてあげるね」いつものようにどったんばったんしつつも、何か勝手が違う感じ。シーツ交換のときに紅葉が部屋に出ると、紅葉をおいかけ、薬がついている目を嘗め回します。紅葉はひどい迷惑で、それでも助ちゃんがかなり友好的に振舞ってくれているおかげで、事なきを得ました。
cats 081.jpg


「一人で寝るのはかわいそうだねえ」とダイナ君。「僕と一緒に寝てもいいかな?」「助ちゃんはダイナ君を寝させてくれないと思うよ」「そうだね」と三階建てケージに一人寂しく寝る助ちゃんでした。
スポンサーサイト

2006.09.01(Fri)21:12 |  日記  | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年09月 01日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 年子の避妊手術
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 年子の避妊手術
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年09月01日 (金)
  • 21時12分44秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。