動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。
080720_1048~0001
 いや~、連休となっている様子ですが、暑いですなあ。この暑さの中、処分は続くよ、お狂のお台所。本日のミッションは「粉末抹茶豆乳」です。寒天入りと書いてあります。正直ですね、どうしてこんな物がうちにと思いますけど、私の衝動買いでしょう、きっと。葛湯のようにして、飲んでみたかったんですよね、寒い季節にね。ところが、ちょっと飲んでもうどうでもよくなったと。責任をとって、きちんと処分せねばなりません。先日のオートミール柚子スコーンの抹茶版を作りました。ドライフルーツをばんばん入れてしまいましたね。

 それはさておき、本日、20日にですね、私の祖母が天に帰りました。朝九時過ぎでしょうか。それで夜はお通夜でした。ご存知の通り、私は家で初めてのクリスチャンなんですね。ということは、仏教のお葬式なわけですよ。これが非常に緊張するんですね。なぜなら、モーゼの十戒の中で、「私はねたむ神である」と書いている通り、キリスト教は一神教ですからね、なんか緊張するんですね、自分にとっての異教のものに。で、ぶんちゃんは間に合いませんでした。

 仏教の読経というのは、はっきり言って何をいっているのかわかりません。キリスト教のような明快なメッセージがありません。しかし、一つ感じたことは、それでも葬儀というのは、宗教色の強いもので、そして荘厳なものなんですね。死者との最期のお別れですから、告別を受け入れつつ、様々な思いを浄化させつつ、その一時を過ごすと。

 思えば、普通に生活していて、一般的な日本人は宗教の、この荘厳さに触れることは少ないです。神と人とが違う、それを思い知らされるのが宗教ですが、神など存在しないとして、生活しておりますので、人の領域から目を神の領域に向けてみる。そういう機会はほとんどありません。

 死後の世界はあるのか。
 死んだら、人はどこに行くのか。

 昔からある疑問ですが、誰も答えられずにいるものです。答えられないからこそ、答えたとしても、正解かどうかわからないからこそ、人は人でしかない。神ではないんですね。

 お通夜の40分の間、実に落ち着いた気持ちでおりました。いつも時間に追われ、やることに追われ、しかし、その時間、どうしようもない事実を受け入れつつ、過去と現在を思う。そこには未来はないんですね。もちろん、いつの日にか会えるやもしれません。それとて、確約でもない。

 そんな思いで夜を過ごしてまいりました。

さっちゃん3s
 新しい家族を募集しています。ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。



望
 さて、40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の3匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。夏が来ると、一年がきます。ボランティアの方々は試行錯誤しながら、いろいろと頑張っておられます。右は望ちゃん。
.とらjpg
 左はとらちゃんですよ。ねりま猫のHPに何枚か画像が出ていますけど、皆、美形なんですけどねえ。ねりま猫は黒猫さんが多かったですけど、どの子も本当にきれいな毛なみをしているんですけど。目がね、皆ぱっちりしてるでしょう? 劣悪な環境で育った猫さんたちを少しづつ避妊手術して、シェルターもないですから、一時預かり様を探して、徐々に徐々に皆新しい家族のもとへと旅立っていきました。
とわjpg
 なお、この三匹めの永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。多頭飼いの崩壊現場はご多聞にもれず、悲惨な飼育環境となります。それが住んでいる動物たちの性格形成にもいろいろと影響するのかもしれません。




スポンサーサイト

2008.07.20(Sun)23:53 |  日記  | コメント : 14 | トラックバック : 0

謹んで、哀悼の意を奉げます。
大変な1日でらしたんですねぇ。さぞ、お疲れになられた事と思います。
今日も暑そうですので、お見送りは、お気を付けて、いらして下さいませ。
御祖母上様のご冥福を、心よりお祈り致します。


2008.07.21(Mon)00:31 | chako #JalddpaA | URL [ 編集 ]
御祖母上様のご冥福を心よりお祈り申し上げます、この度はご愁傷様でした。





2008.07.21(Mon)17:08 | とらのおまけ #GCA3nAmE | URL [ 編集 ]
大変でしたね
ご愁傷さまでございます。お祖母さまのご冥福を心よりお祈りいたします。この猛暑の中の御葬儀さぞかし大変だった事でしよう。仏教は地域、地域で色々作法が違いますよね。厳かな式の間、故人を偲びながら色々な事考えますよね。1日、1日を大切に生きたいです。

2008.07.21(Mon)17:14 | カラーリスト #- | URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.07.21(Mon)22:27 |  # |  [ 編集 ]
お狂さん。。。寂しくなりましたね。。。
お悔やみ申し上げます。
宗教は違っていても、亡くなった方を思う気持は同じですもんね。。。

2008.07.21(Mon)23:53 | ねこつかい #- | URL [ 編集 ]
心から悔やみ申し上げます

お別れのあるたびに
色々と考えることがあったりします
でも常に私事なのですが行きつく先は
残されたものが幸せにならなければ
あの世というところがもしあるとしても
行くにも心配していけないんだろうなぁ
なんて考えをしてしまいます
なのでお別れのとき泣き虫なもので沢山泣いてしまいますが
そのあとは笑って今日はこんなことがあったとか仏前に話しかける
そんな感じです

2008.07.22(Tue)11:48 | はる吉 #- | URL [ 編集 ]
お別れの時が一番辛いですね。
死後の世界・・・動物では「虹の橋」という話が広まっていますが、人間には真実は分かりませんものね。

心からお悔やみ申し上げます。

2008.07.23(Wed)01:17 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
chakoさま
ありがとうございます。
祖母は実は、二年前にも「もうだめだ」と言われていまして、
今回も「覚悟しておいたほうが」と言われてから2週間ほどありました。
それで、ダイナ君とも一緒にお見舞いに行けたしで、
気持ちの整理がついておりましたので、
私としては、思い残すことはありません。
それが一番よかったかなと。

2008.07.23(Wed)01:22 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
とらのおまけさま
ありがとうございます。
祖母は大正生まれでしたので、
いろいろな時代を生きてきたと思います。
本人はもう十年以上前から
「私はいつ死んでもいいと思っている」と
言っていました。
天で祖父にあったら、
忘れられているかもしれません。
祖父は二十年以上前に天に帰りましたので。

2008.07.23(Wed)01:24 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
カラーリストさま
ありがとうございます。
祖父が亡くなったのも八月でしたので、
暑いときの葬儀に縁がある家かもしれません。
私個人は、寒いときでなくてよかったと感じています。
だって、ご存知のように、ダイナ君に感染がかぶってしまう
それが一番こわいですので。

2008.07.23(Wed)01:26 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
鍵コメさま
私もある方から、鍵コメさまの宗教の葬儀方法を
お聞きして、「それはいいなあ」と思いました。
そういう送り方が一番いいのになと思います。
とはいえ、普通の日本人は仏教の方法で
送ってもらうのが普通ですので、
私自身は時々、複雑な気持ちになることがありますね。
自分で遺言書を書いておかねばならんかなと
思ったりしますよ。

2008.07.23(Wed)01:28 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ねこつかいさま
祖母は二年前から介護施設に入っています。
ですから、家で亡くなることはないだろうと思ってはいましたが、
施設の対応など聞いておりますと、
「これでよかったのかな」と思わないでもないです。
両親からも言われましたが、どのように看取るか、
経験を持って、判断するようにとのことで、
なんか複雑な気持ちがしています。

2008.07.23(Wed)01:30 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
はる吉さま
私は子供の頃、「天国っていいところなのかなあ」
と思ったことがありますが、
よいところだから、生きている人間が自分からあわててこないように、
知られないような形をとっているのだろうと
思うことにしております。
天に帰った人と、地上にいる人が触れあうことができれば、
いいようにも思えますが、
それもまた、怖い話でして。
生ということを考えたときに、
死もまた具体的に考えるわけでして。
どのように、死を迎えるか。
ぼけない間に自分なりに具体案を提示しておかねばならんか
なとど、思っていますけどね。

2008.07.23(Wed)01:32 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
ナツママさま
ありがとうございます。
実は、未だ実感がありません。
最期のお骨になるときに、母から
「会館に残って、荷物の番をしていて」と言われ、
私、この年で、未だ、お骨というのをきちんと見てこと
ないんですよ。
ご遺体が骨になったのを見るときに、
がくっと力がなくなってしまうというお話を聞いたことがあるのですが、
何も実感がありません。
それがいいのか、悪いのか。

2008.07.23(Wed)01:34 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年07月 20日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ お通夜に参列する
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • お通夜に参列する
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年07月20日 (日)
  • 23時53分14秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。