動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
というわけで、暗い年越しとなってしまいました。

 紅葉が天に帰ってすぐ、ぶんちゃんは紅葉を抱いて、猫ケージに連れていき、猫たちに「紅葉にさよならしてね」と言っていました。さすがに亀たちには言いませんでしたが、ダイナ君もしょげています。

 ペットロスというのは、こういうことを言うんだなあと思い、私が沈んでいると母が、「だから動物を飼うのはいやなのよ」と言いました。確かになあ。

 しかしながら、人間にしても動物にしてもそうですが、その死から何を学ぶかということではないでしょうか。紅葉は私にあまりに多くのことを教えてくれました。最期には、「自分より先に死んでいく動物を、後悔なく見送るためには、一日一日、家族として接していかねばならない」という思いを、私に残してくれました。

 動物に対するキリスト教の見解を説明するとき、必ず創世記1章28節が引用されます。

 海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。

だから一般的に、人間は動物を好きにしていい、という解釈をされますが、聖書は読み方によってどうにでもとれる本ですから、よく考えながら読まないといけません。私は、この「支配せよ」とあるのは、「管理せよ」だと思っています。

 また、クリスチャンでない方々もよくご存知の「ノアの箱舟」のお話。これは同じ創世記8章に出てきます。箱舟から出たノアに神様は同じことを言われるのですが、ニュアンスが変わっています。

 野の獣、空の鳥、──地の上を動くすべてのもの──それに海の魚、これらすべてはあなたがたを恐れておののこう。わたしはこれらをあなたがたにゆだねている。

 創世記9章2節には、こう書かれてあるのですが、どうしてこちらを採用しなかったのかなと思います。ちなみに、聖書のまま読みますと、ノアの箱舟にまつわる大洪水の前、人間は菜食でしたが、この時から肉食を許されています。

 さらに、少し長いですが、同じ9章の5節から11節までを引用します。

 わたしはあなたがたのいのちのためには、あなたがたの血の価を要求する。わたしはどんな獣にでも、それを要求する。また人にも、兄弟である者にも、人のいのちを要求する。人の血を流す者は、人によって、血を流される。神は人を神のかたちにお造りになったから。あなたがたは生めよ。ふえよ。地に群がり、地にふえよ。神はノアと、彼といっしょにいる息子たちに告げて仰せられた。「さあ、わたしはわたしの契約を立てよう。あなたがたと、そしてあなたがたの後の子孫と。また、あなたがたといっしょにいるすべての生き物と。鳥、家畜、それにあなたがたといっしょにいるすべての野の獣、箱舟から出てきたすべてのもの、地のすべての生き物と。わたしはあなたがたと契約を立てる。すべて肉なるものは、もはや大洪水の水では断ち切られない。もはや大洪水が地を滅ぼすようなことはない。 

 ノアの箱舟は、神様が大洪水をおこされるので、箱舟を造ってそれに乗って避難しなさいという神様のお知らせから実行されたものです。神様はどうして大洪水をおこされたかというと、あまりにも世の中が乱れ、人間を作ったことを後悔されたため、何もかもをリセットされようとしたためです。ですが、ノアとその家族は他の人と同じように堕落していなかったので、神様はノアを救われるとともに、動物の種を守るため、つがいで箱舟に乗せられたのでした。

 聖書の中で、神様はもう大洪水をおこして、人間すべてを滅ぼすようなこと、動物すべてを滅ぼすようなことはしないと契約をされたのですが、この契約は人間だけに対して結ばれたのではないことがわかります。

 人間は動物を守るようにゆだねられている。

 クリスチャンの立場としてからも、動物を守っていかねばならないと再認識して、今年のスタートをきったのでした。
スポンサーサイト

2006.09.07(Thu)22:48 |  日記  | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年09月 07日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 2006年の始まり
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 2006年の始まり
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年09月07日 (木)
  • 22時48分14秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。