動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 さて、本日はダイナ君が食事療法を始めるきっかけとなった事件をお知らせいたします。ご贔屓様はご存知だと思いますが、私、物を減らすということで、いろいろと減らしてまいりました。そして、ついに嫁入り箪笥を減らしたというお話をいたしました。このときの知り合いの家具屋さんですね、この方が鍼灸院をご紹介してくださったのです。この方の奥様は緑内障。鍼を刺した後、病院に行って検査したら、「あれ、どうしたのかな」というくらい検査の値が改善しているとのこと。家具屋さんご本人は腰が悪いとて、ご自分もかかっているし、何人もご紹介したとのこと。

「でもなあ、皆、先生と喧嘩して、もう行かん、となるわけよ」
「商売気のない先生なわけね」
「施術料が高いって言ったら、もう来なくていいと言うのよ」
「どちらもどちらかなあ」

 私はですね、いまいち乗り気でないというのですかね。料金が高いと続かないんですよ。それに今までいろいろなことをダイナ君にはいたしました。漢方も韓国から取り寄せたり、日本のを飲ませたり、テルミーもやりましたよ。でも、最低でも二ヶ月から三ヶ月やるけれども、全く検査値に改善がないのです。ぶんちゃんが行っている整体は保健がききますので安いのですが、こちらはきかない。一週間に一回でもその出費が痛いというのに、それくらいですむのかなあと。

 でもこの家具屋さんが話をしておくといわれたので、これはもう行くしかないなと出かけていったわけです。六月になってすぐですね。ダイナ君は当然、鍼は痛いと思っておりますので、「どうしても行かないといけないのか」と言います。それで私は諭したわけですね。

 ダイナ君は今、小児特定慢性疾患という医療制度のおかげで、医療費の心配をしなくて病院にかかることができる。でもそれは二十歳までだ。後二年で、この制度が切れて、三割負担となる。週に何回も点滴に行って、しかも調子が悪いときは、夜も土日も休日も行くとなると、いくら医療費がかかるかわからない。うちの家では払えなくなるかもしれない。そして、ダイナ君は腎臓移植はしたくないと言っている。病院では「悪くなるのを待って移植しましょう」という話になっている。これを避けたいなら、もうおそらくこれは最後のチャンスだと思う。これが効かなければもう他に手段はないと思う。

「行きます」

 ダイナ君に、患者さんとは喧嘩する先生だからとよく言い含め、くれぐれも粗相のないようにと言っておいたせいで、ダイナ君、黙っております。

 目のお悪い先生で、見た感じ、全然見えない風はないのですが、脈を見て、鍼を刺していきます。知りませんでしたが、鍼灸にはいろいろと流派があって、この先生が所属する流派は食事についても指導しているとのこと。前に記事にしましたように、あれは食べたら駄目、これは駄目という指導を受けました。
「これ、すぐには治らんぞ。免疫をあげることしかできんかもしれん」
「はあ」
「しばらく通ってきて。週に二回ね」
「二回ですか」(お金ないよ~)
「おかん(=お狂)、一度、甲田先生のところに行って、食事の指導をしてもらってこい」
「え、誰ですか、それ?」
「大阪の先生じゃ。先生の患者には、森みっちゃんという鍼灸師になった人もいるぞ」

 それが、たまたま森さんの出版された本が新聞広告に載っていたので私も記憶にあったのです。こんなことができるのだろうかと思ったもので。
「それって、一日青汁一杯だけで、生活してらっしゃる方のことですか?」
「そうじゃ。知ってるのか?」
「いえ、新聞の広告で見て。そうですか、ちょっと本を読んでみます」
「読んでみ」

 そういうわけで、甲田先生の本と森さんの本を一冊づつアマゾンで注文し、後は図書館に行き、それっぽい本は片っ端から借りてきて読みました(って、蔵書が少ないんだよ、ここの図書館)。おかげさまで、鍼灸についても、食事療法についても、いろいろと学びましたよ。やはり本は読むものだ。以下、明日に続く。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
スポンサーサイト

2008.08.17(Sun)00:32 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0

東洋医学
鍼灸にも不思議な効用がありますよね。西洋医学がすべてではないし、チャレンジャーになって良いと思います。うちの実父は若い時に頻発に扁桃腺を腫らし高熱を出していたそうですが高名な鍼灸士の一度のお灸でそれから50年ほど扁桃腺は出た事無いそうです。また主人の叔母も胃ガンが見つかりましたが腹部へのお灸だけで胃ガンが消滅、手術なしでそれから20年あまり元気に暮らしています。なんか人間の体って自分で病気を治す力があるんですよね。不思議ですー・ダイナ君頑張ってください。

2008.08.18(Mon)09:36 | カラーリスト #- | URL [ 編集 ]
カラーリストさま
ほう、そのようなことが。
身近に体験者がいらっしゃると、なんか心強いです。
そうそう、癌なんですよね。
切らずに治せるというのが信じられなかったのですが、
なんかいろいろ本を読むと、あまり怖い病気でもなかったのか、
みたいな雰囲気がしてきました。
ただし、抗がん剤は使用しない。
つまり西洋医学との共存はなかなか難しいものがあるようです。
「抗がん剤は使いません」と病院で言うのは、
結構勇気がいりますよ。
「早めに手術すれば治ります」と言われて、
「いえ、手術しません」と言えるものかどうか。
実は、現在、そういう立場にいるお狂とダイナ君でした。

2008.08.18(Mon)11:50 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.08.18(Mon)12:29 |  # |  [ 編集 ]
後二年ですものね、ダイナ君が二十歳までって。
なにが効くかわからないから何でもやってあげたいですけれど
やはり費用が気になります。
高いから効くのか、効くから高くつくのかわからないけれど 心中お察しいたします。
何かそういう病気に関する対策を政府がナントカしてくれないかしら・・・・・・。
あちこちでいろんな病気の方が署名を集めてらっしゃるので
出会ったかたには なるべく署名するようにしてるのですが
ダイナ君の場合はそういうのはないのでしょうか?


2008.08.18(Mon)22:59 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
鍵コメさま
う~ん、人というのはどこでつながっているか
わからないものですね。
びっくりしました。
そうですか。
狭い世界ですなあ。
またお世話になると思います。
よろしくお願いいたします。

2008.08.19(Tue)00:04 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
実は、今月末に島根で学会があるとのことで、
ダイナ君はビデオレターで参戦することとなっています。
そうです、政治家の方もいらっしゃるというので、
「二十歳で医療費の補助を切らないでくれ」
という訴えをすることにしています。
多くの患者さんは、ダイナ君よりお若いので、
ダイナ君に白羽の矢が刺さったのですが、
残念ながら、この暑さの中、島根まで行くのは
体調が許しません。
それで、お狂制作の動画を作りました。
またお見せする機会があればと思います。
ご心配くださってありがとうございます。

2008.08.19(Tue)00:06 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
まだまだ暑いですから、本州まで行くのも負担ですよね。
動画、お待ちしていますね。


2008.08.19(Tue)06:32 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
あ、ども、ありがとうございます。
ダイナ君、こういうことでお役に立たねば、
あまりお役に立つことはないですから。

2008.08.19(Tue)10:12 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
今は動物にも鍼治療ってありますよね。
私も主人も表向きはただのマッサージ屋なのですが、ひどい時には鍼・灸もやってもらいます。
特に主人のメニエールは3日休んでたのがたった1時間で普通になったという体験があります。
ダイナ君の通っているところは、きっと高いのはそれだけの価値があるんでしょうね。
食事の指導にしてもそうですし。
たしかに初めてやることに関してはネットより本が一番役に立つかも知れませんね。
私は立ち読みして暗記してくるので主人に貧乏くさいといわれます^^;

2008.08.19(Tue)11:35 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
ナツママさま
本とインターネットが決定的に違うのは、
携帯からなら別ですが、本は寝転がって読めるということでしょうか。
そして、色が華やかでない分、色彩からくるだましに騙されることなく
情報を受け入れることができるということでしょう。
パソコンの画面を見ていることは結構疲れを感じるのですが、
やはり本だと楽です。
本で仕入れた情報をパソコンで確認するこということもできますけどね。
貧乏くさいのではなくて、やはり本の方が信用できるような
そんな気持ちが、私たちの世代にはあるのではないでしょうか?
って、ナツママさんは私より随分お若かったですね。

2008.08.20(Wed)00:42 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年08月 17日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ ダイナ君、鍼灸院に行く
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • ダイナ君、鍼灸院に行く
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年08月17日 (日)
  • 00時32分31秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。