動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 今日も今日とて、お狂です。

 ここのところ、体調がいまいち。気温の変化についていけてないんです。私がへたへたしておりましても、ダイナ君は元気そうです。が、やはり検査データがいろいろと変動して、変動って、もう数週間、悪いのもあるんですけど、こちらも気が抜けません。

 人間生きているといろいろとあるもので、私はあまり人が好きではないので、いろいろと借り出されることもありませんけど、最近、気持ち的に人に対しては誠実であるのはもちろんですが、やはり何かと気を配っておられねばならんのじゃないかと思うようなこともあり、この年からのおつきあいは大切にしよう、などと思っております。いろいろな方からいろいろとアクセスがあり、そう思ったわけですね。

 私は人嫌いでずっときましたので(人と価値観が違っていたりするため?)、人と関わるとしんどいなと思っておりましたが、最近も一つ思うことが、私は本当に子供が嫌いだなと。完全に子育てが終わったことを実感いたしましたよ。「大人の話に口出してくるな」「がきはあっちで遊んでろ」みたいな気持ちになることがあって、おそらく死ぬまでこれでいくのだろうなと思いましたよ。もちろん、困っているようなら、声はかけますよ。大人としては当然の勤めですからね。

 ところで、ダイナ君の大学選びの最終章の予定でしたが、昨夜ですね、私、疲れてしんどいわけですわ。といいますのも、もういいかげんにせ~よと皆様から、言われるに違いない、猫が脱走したんです。

 しかも、気がつくのが遅かった。ダイナ君が塾から帰宅する直前に猫さんをケージから出したんですが、帰ってきたダイナ君が「あれ、猫は? 鳴き声もしないし、音もしないけど」「二階じゃないの?」「閉めてあるの?」「あるよ」「そう」とお台所で用をしていた私を残し、出ていったダイナ君があわててきたのはものの数秒後。

「おかあさん、三匹とも脱走してるじゃん!! 茶の間の扉が開いてるよ」

 三匹とも!!! 懐中電灯を持ち出すダイナ君に続いて、裏庭に出ます。姿は見えず。鈴の音がかすかにします。黒猫年子を見つけたのは、ダイナ君。
「あ、年ちゃん、こんなところに」←すぐ近くにいたのに、闇に紛れてわからなかった。
 なんとかがっつり掴んで、ケージの中に。年子は長毛なのでおっとりしています。塀の上には昇りません。塀の上に姿を現せたのが助三郎。これを見たとたん、ダイナ君に言いました。

「ダイナ君、無理だわ。帰ってくるのを待とう」
「そうか。町子は?」
「町子はもう見えないからお隣に入っていったと思う。町子は必ず帰ってくるけど、助ちゃんはどうかなあ」
「探しにいかなくていいの?」
「ちょっと無理だな。この時間にお隣に入れてもらうのは」

 助三郎はうちの東隣りのお家の庭に(豪邸です。前にも言いましたけど、この家の倉庫がうちの家くらい)、町子は西隣りの日本庭園のお家に(こちらも豪邸。しかし、こちらは平屋の上級公務員官舎)。入ることがかなわないわけですから、もどってくるのを待つしかありません。鈴の音がちりりともしません。お庭真ん中で転がりまわっているのでしょう。

「僕がすぐ気がついたら、阻止できたかもしれなかったなあ」

となぜか後悔しているダイナ君。ダイナ君のせいであるわけがないのですが(私ですね)、問題は助ちゃんです。町子は何度か脱走して、しかし、必ず帰ってきました。今まで助ちゃんは脱走したときに、こちらから捕まえにいって捕獲できていたので、自分で帰ってくるという術を知りません。また、助ちゃんは生後二週間めに動物病院に保護され、そこからうちに来たので、外の世界のこわさも知らないし、家に帰ってくるという術もしりません。その点、町子は六ヶ月は野良猫をやっていたでしょうから、助ちゃんよりは少し安心していられます。

 しばらく勉強して、何度か外を見回ってから、ダイナ君はお風呂に入って寝ました。私は茶の間にタオルケットを持ってきて、鳴き声がしたらすぐ出ていけるようにしました。夜中に町子は二回ほど帰ってきました。ところが、扉を開けると、格之進が先に飛び出してしまい、町子はあわてて塀の上を走って逃げてしまいます。

「格ちゃん、なんで邪魔するの!!」

と怒ってもしかたありまん。

 朝になって、御飯の時間です。年子は夜中に何回か鳴きましたが、一人で寝るのは初めてとて、心細かったのでしょうか? 茶の間の扉を開けて外に姿がないことを確認し、扉を開けたままで、年子に御飯をあげました。格之進にも御飯を上げていると、何事もなかったかのように、助ちゃんが歩いてケージにやってきました。裏庭から茶の間を通って帰ってきたようです。ケージの扉を開けると、ひょいっと入って、餌を食べました。

 ワット君が玄関の前で鳴いています。玄関を開けて、ワット君に御飯をあげると、町子が塀から飛び降りて、家の中に入っていきました。あわてて、玄関の扉を閉め、裏庭へと続く茶の間の扉も閉めにいきます。階段を上ろうとしている町子を捕まえ、ケージにいれ、御飯をあげました。年子はというと、助ちゃんの体をずっとなめています。外で何かおいしいにおいをつけて帰ってきたのでしょうか。

 これから三匹をシャンプーせねば。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。
スポンサーサイト

2008.10.12(Sun)12:20 |  日記  | コメント : 10 | トラックバック : 0

あらら・・・お狂さんもダイナ君も大丈夫ですか?
ダイナ君は元気そうでも検査のデータがよくないんですね。
そして3匹脱走劇。
やっぱり外に出てしまうんですね。
主人の家のネコは皆ノラだったのですが、窓を開けてても今は全然出て行かないんです。
ネコは動きが早いから捕まえるのが大変ですよね。
でも無事戻ってきてよかった。
お疲れ様でした。


2008.10.12(Sun)19:07 | ナツママ #- | URL [ 編集 ]
お狂さん、お疲れなのですか。
私、お狂さんが子供が嫌いなんて思えないです。
今 自分の子供も見れない母親が増えてますから
そんな人間を見てると愛情をいっぱい感じておりますが。
しかし、3にゃんとも脱走でしたか・・・・・。
外を知らない子の脱走は ひやりとしますよね(´・ω・`)
戻ってきてくれて何よりです。
一晩眠れなかったでしょうに。
今夜は早めに休んでください。
しっかりドアを閉めて。

2008.10.12(Sun)21:51 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
みんな無事に戻ってきてよかったですね。
子供嫌いですか、お狂さん。
ワタシ、赤ちゃん時代をスルーして、
いきなり高校生の息子が欲しいです(^^)
はい、もちろんジャニーズJr.かなんかで♪

2008.10.13(Mon)01:18 | がるまあ #- | URL [ 編集 ]
大変遅ればせながらダイナ君、合格おめでとうございます。ダイナ君のがんばりと、お狂さんのサポートには本当に頭が下がる思いです。賢母とはこういうことか、と。
3匹の脱走劇、みんな戻ってくれてほっとしました。お外を知らない子が、しかも夜に…こんなに不安なことはありません。恥ずかしながら両親の家では猫三匹を外飼いしていますが、とんでもない田舎なので近所もだいたいそんなノリです。彼らは道路で寝そべったり、好きなところへ散歩に出たり、そんな様子を近所の方々も温かく見守ってくれ…田舎ならではですね。
私も子供嫌いですが、二人のお子さんを立派に育てたお狂さんとは月とすっぽんです。私は何がダメかというと騒がしさですね。静かさは私の心の拠り所ですから。また子供を媒介にして人付き合いが広がることも避けたいなと。せっかく社会人になって学生時代のような人間関係から解放されたのに元の木阿弥ですし。ただ北欧のような社会保障、教育制度のしっかりした国であれば子育ても悪くないかもしれないと思います。

2008.10.13(Mon)11:48 | 百福 #- | URL [ 編集 ]
ご無沙汰をしておりました。
人嫌いの私が、ここのところ、ずっと、揉め事とと接待(?)に明け暮れておりました。
芯から疲れました~!

長毛さん、やはり、おっとりなんですね!
でも、お狂様の心中は嵐のごとく、大荒れだったと思いますが、助ちゃんも、町子ちゃんも、自分から帰って来てくれて、本当によかったです。町子ちゃん、ワット君に会いに行くのかしらん。

ダイナ君とお狂様、これからの半年が、正念場ですね。お引越しも含めて、本当に大変な時だと思います。どうぞ、お身体を労わりながら、お進み下さいませ。


2008.10.13(Mon)16:37 | chako #JalddpaA | URL [ 編集 ]
ナツママさま
脱走しない猫さん。
そういう猫さんがいるんですか。
よほどそのお家の居心地がいいか、外での生活が悲惨だったか。
どちらでもいいですが、うちの子たちも脱走しないでくれ~!!
いつも茶の間の裏庭へと続く扉のところに行き、
鍵がかかっていないかどうか確認する猫たちです。
腹立つ!!

2008.10.14(Tue)02:22 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
主さん、いろいろと大変そうですね。
それに比べると、猫が脱走したことなど、どうってことないのですが。
しかしなあ、私もこりない奴ですが、猫たちもこりない猫です。
脱走したらシャンプーされるのがわかっていると思うのですが、
シャンプーがいやなくせに、脱走するんですから。
今回、年子はおとなしくシャンプーされておりました。
後の二匹はもう戦争です。

2008.10.14(Tue)02:24 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
がるまあさま
確かに、高校生くらいのイケメンの男の子と腕組んで歩いたりなんかしたらいいですけど、
普通は高校生くらいの頃って、親と口をきいてくれないんですよね。
ダイナ君のお友達のおかあさんが、
「うちの子は何も言ってくれなくて」とか言われるんですが、
うちなど、何でも話してくれます。
それはそれでいいですけど、なんか幼いからなあと、
これも悩みの種なんですけどね。

2008.10.14(Tue)02:26 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
百福さま
おっしゃるとおりですわ。
子供はうるさい。
私も人嫌いでしたけど、子供が社会生活をするにあたって、
人とつきあうしかなかったですね。
それはそれでよかったかもしれません。
少なくとも、自分の子供が小さい間というのは、
子供の騒がしさにも我慢ができたんですね。
ところが、そういう時期を過ぎると、
そんな時期があったことすら忘れてしまうんですね。
そして、子供が騒いでいるのを見ると、
「ちゃんとしつけろよ」とか思うわけですね。
寛容さがなくなってきます。
「子供ってそういうもの」と思えていた時期が自分にあった、
ということに、今更ながら愕然としたりするんですけどね。
だから、子育てって不思議なんですよね。

2008.10.14(Tue)02:29 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
chakoさま
いろいろとご心配ありがとうございます。
chakoさんこそ、いろいろとあったようで、
ねこさんのお具合も悪かったみたいで、
お察しします。
うちの方はなるようにしかならないわけですからねえ。
まあ、まだこれからですけどね。
頑張ってみます。

2008.10.14(Tue)02:31 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年10月 12日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ またか。眠れない夜。
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • またか。眠れない夜。
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年10月12日 (日)
  • 12時20分06秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。