動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 どうするかねえ。と思いつつ、その頃は雨ばかり降っていました。格之進は五郎座衛門の登場に、茶の間にいるので、ほとんど被害を受けていないのですが、支障があるのは猫たちです。

 五郎座衛門は猫ケージによっていきたがり、猫たちは大きなごろうざにパニック状態。別に危害を加えるわけではなく、珍しいのかちょっと笑いつつ、近寄っていっているのに、猫たちは「ぎゃー、ふみゃー」と暴れております。犬は格之進でなれていますが、格之進はそういうことをする犬ではなし。

 ごろうざは玄関すぐ外の柱につながれておりますが、格之進は家の中で雨が降ろうがぬくぬくとしています。ごろうざを家の中に上げるとなったら、まずシャンプーせねばなりませんが、咬まれたりしないかなという不安。この大きさで暴れるというか、家の中で自由にされたらどうなるのだろうという不安。しかしそれより何より、「どこに寝させるんだ」という問題。

 格之進が来るまで、犬と暮らすなら大きい犬がいい。ゴールデンとかラブラドールとかがいいと思っていたのですが、格之進が来てわかったことは、うちのような狭い家で大型犬は無理ということです。格之進サイズがmaxだなとわかりました。

 紅葉のときもそうでしたが、何か問題がおこってみて、最初の出発点が安易であったとわかる。そういう意味では、ペットアドバイザーみたいな人が必要だなと感じます。初めて来る動物に対して、いくら本を読んだとて、実感がないわけですから、問題点など自分からわかるわけがない。「ああ、そうか。うちでは無理だな」と思うことなど、どの程度あるのでしょうか。

 どこで日中いてもらうつもりですか? ご飯は誰が与えるのですか? お散歩はどのくらいの時間とるつもりですか? 旅行するときはどうしますか? 病気のときは誰が病院に連れていくのですか? どこの病院に連れていくつもりですか? 寝るときはどこで寝てもらうのですか? 今までその種類の動物と暮らした経験のある人なら、「ああ、もうそんなことわかってる」ということになりますが、初めてだと、「そんなこと、考えてなかった」ということが必ず出てきます。どんな生活になるのか、判らないのですから。だいたい、病気になる、などという可能性すら考えてない場合だってありますから(うちの紅葉ですね)。

 それはさておき、五郎座衛門が来て、格之進は家の中で、ごろうざが外という構図に非常に申し訳ないものを感じました。同じ犬でそういう差別があっていいのか。といって、家の中のどこに入れる? 大きな犬がいいなとど思ったことを、浅はかな考えだったと反省しつつ、「うちでは飼えない」という結論が、出てきます。だが、もちろん、放り出すことはできない。

 激しい雨に夜中、玄関の中にダンボールを敷いて、ごろうざを中に入れます。猫たちはパニックですが、あまりの雨にかわいそうになり、玄関では降り込んできそうだし。ごろうざもじっとしていてくれれば問題ないのですが、そういう性格ではないようです。猫のケージの回りにできるだけ、いろんな物で囲いをして、直接接触がないようにしました。

 数時間後、雨の降りが穏やかになったので、また玄関に出てもらいました。お天気になれば、裏庭にいてもらおうかななどと思いつつ、雨に頭を悩ませるのでした。

 数日後、雨が上がったので、曇りではありましたが、今のうちにお散歩に行こうと五郎座衛門を連れて出ました。ごんちゃんの時のことで、少し利口になっていましたから、お散歩の最後に、お向かいの方に迷い犬情報がないかお尋ねすることにしました。

 チャイムを鳴らします。中から出てこられたおばあさん。五郎座衛門は「わん」と鳴きます。「あら、どうしたの、この犬」「うちに迷いこんできたんですよ。保健所と警察には連絡したんですけど、この近くで犬がいなくなったとか、このくらいの犬を飼っているおうちをご存知ないですか?」「犬を飼ってるところは、ごんちゃんのところくらいだけどね。他にはこのくらいの犬を飼っているところはないと思うけど」「そうですか。病院に連れていったら、フィラリアだし、耳も病気があるし、前立腺肥大ということだから、飼い主がいないんでしょうかね。首輪がないから野良犬かも。でも、よく人になれてるんですよ」

 そこにあわててやってきた人がいました。ワンブロック先のごんちゃんの飼い主のご主人です。
スポンサーサイト

2006.09.29(Fri)23:52 |  日記  | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年09月 29日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 五郎座衛門の正体
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 五郎座衛門の正体
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年09月29日 (金)
  • 23時52分28秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。