動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
収穫感謝祭
 今日も今日とて、お狂です。

 本日、日曜日はクリスチャンである私とダイナ君にとっては、礼拝のある日ですが、収穫感謝祭という礼拝でした。いくつか教会を知っておりますが、収穫感謝祭をやるのは、今の教会だけでして、神様が作物を育ててくださって、感謝していただきましょう、という催しですね。そして、この日に幼児祝福式があります。牧師先生が一人ひとり、頭に手を置いて、神様からの祝福をお願いしてくださるんですね。ダイナ君は幼児ではないですが、教会学校の高校生クラスに籍を置いておりますので、祈っていただきました。

 ダイナ君は食事療法をしている関係で、「皆は収穫された野菜で豚汁を作って、白米のおにぎりを食べるけど、僕は食べられないからなあ。礼拝が終わったら、すぐ帰ろう」と言っておりましたが、礼拝には、いつもはあまり参加しない高校生がきていたので、「ダイナ君、皆と一緒に食事の準備するなら、今からおかあさんは帰って、玄米おむすびを作ってくるけど」「うん、そうして」

 家と教会が近いと便利だ。そういうわけで、私がせっせこと玄米おむすびを作って、再び教会に持っていきますと、ダイナ君は高校生、中学生の仲間と果物の皮むきをしておりました。他の幼稚園の子供たち、小学生の子供たち、それぞれ役割分担があるのです。おむすびをラップでくるんで作るとか、野菜を切って、お味噌汁を作るとか。なぜか、四人のにいちゃんたちは、包丁を持って、柿の皮むきをしておりました。

「ちょっと、ダイナ君、それ、食べたいとは思わないよ。何、そのむきかた」
「う~ん」
「あ、君、すごいじゃん。手馴れてるね」
「へへ」
「君たちの世代は、絶対共働き生活なんだから、料理ができる男の子でないと、いい嫁さんが来ないぞ」

 など、ほとんど、外野から野次を飛ばしているお狂であった。高校四年(浪人生)と高校二年の兄弟がいるのですが、この二人はどちらも上手です。ほれぼれするようなむき方をしております。聞くと、野菜の皮むきなどを家でもさせられているとのこと。彼らにはねえちゃんがいるらしいのですが、彼女も小学生で、見事な包丁さばきを見せていたらしいです。

 食育というのをどこを原点として始めるかといいますと、これは今まで問題にしてきたように、どんな食材を購入するかというところからだと思うのですが、子供たちにとっては、台所に入る。ここからだと思うんですね。母親が何やら作っていると。それを見つつ、やってみようかなと思ってみたりすると。つまり、母親が料理をしているところを見ることがない限り、子供は食については興味を持たないでしょう。「あれが食べたい」「これがおいしい」という、お客の立場から脱却することはないでしょう。
 
 で、私は反省しましたよ。子供二人に、もっといろいろやらせておけばよかった。こと食に関しては、私は母親としては落第です。

 40頭を救いたいと始まった「ねりま猫」ですが、最後の1匹となりました。東京都練馬区の一件の家で、多頭飼い崩壊があったのは、昨年八月。ボランティアさんたちは本当によくやってくださいました。

とわjpg
 最後の永遠(とわ)ちゃんは、性格的にシャイな猫さんのようで、犬さんのいるようなご家庭は無理のようです。また多頭飼いもご遠慮したいとのことです。「最後の最後までよろしくお願い申しあげます」というのは、ご存知、選挙活動最終日の台詞ですが、どうぞ、皆様、最後のご協力をお願いいたします。


さっちゃん3s
 ドッグ・サルベーションで保護した犬さんたちですが、現在、預かり様のもとで生活しています。右の画像がはさっちゃんです。
アクア2s
 左の画像はアクアちゃん。詳細はたんたん家の預かり日記から、状況をお知りになることができます。




スポンサーサイト

2008.11.16(Sun)01:32 |  日記  | コメント : 4 | トラックバック : 0

確かに私くらいの年齢でもお料理だけではなく、自分の生活の面倒が見られない男性は×ですね。逆に女性にも、ある程度の収入は求められるようにもなってますが。こういう状況がどんどん顕著になるんでしょうね。
ぶんちゃん、ダイナ君はご自身でお料理をなさらないとしても、食に対して正しい知識をもつお母様がいる。それだけでうらやましいです。

2008.11.17(Mon)22:37 | 百福 #- | URL [ 編集 ]
百福さま
そうですよね、お料理をする男性はおそらく、
お掃除もお洗濯も自分でするんでしょうねえ。
そういう意味では、やはり母親の存在というのは
大きいですね。
私のような不良主婦の子供はやはり気の毒かなあと。
私が食に対して、関心を持つようになったのは、
ここ数ヶ月なんですね。
それまで、コンビニOK、外食大好き、
ピザもたまには(高いので)、インスタント大歓迎でした。
それで、私、数ヶ月前に、ぶんちゃんに謝ったんですね。
「申し訳なかった」と。
おかあさんの無知のせいで、ろくなものを食べさせてなかったと。
これをぶんちゃんがきちんと受け止めてくれればよかったですが、
二十歳まで身についた食習慣は
なかなか断ち切れないようですし、
食について興味も関心もないようです。
これでは、私と同じ、不良主婦にしかなれんぞ。

2008.11.18(Tue)01:42 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
私も同じくですンー...(*´・ω・)ゞ
作るだけで何もやらせてなかったので
いざ何かのイベントでこういうのがあると
「どうするの?」と聞かれ
「わからんの?」
って言えない母です。
玄米おいしいよね♪
今 食べてます。
おかげで主人が痩せてきました(*`▽´*)


2008.11.18(Tue)07:46 | とら。主 #- | URL [ 編集 ]
とら。主さま
玄米食にしようと主婦が思っても、
家族の反対でできないということがありますが、
主さん宅はOKなんですね。
調味料なんかもかえてみたら、さらによいですよ。
うちは白砂糖は、結婚当初から使用していません。
三温糖か、黒砂糖なんですが、
それもよくないというので、
今使っているとうきび糖がなくなったら、
購入を考えねばと思っております。
しかし、子供を料理好きにしつけるというのは、
なかなか難しいですよね。
子供は学校から下校してきたら、
待ったなしに御飯ですから、週日に子供が包丁を握ることなどできない。
では、土日といいますと、
普通はクラブをやったりするんでしょう。
夜、林檎か柿でもむいてもらうしかないですかな。

2008.11.18(Tue)12:10 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月 16日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 収穫感謝祭に食について反省すること
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 収穫感謝祭に食について反省すること
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年11月16日 (日)
  • 01時32分27秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。