動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
wat2.jpg
 今日も今日とて、お狂です。

 寒くなってまいりました。となってきますと、勢い、私のお仕事、いろいろと増えてきます。ダイナ君が登校するときに、使い捨てカイロを背中とおなかに貼る。などという防寒対策ですね。そして、猫さんたちに湯たんぽを入れると。これがなんか面倒くださいんですよなあ。真冬は一日三回。家の中のケージに一つ、外の玄関のワット君用に一つ。今のところ、ワット君は三回ですが、家の猫さんたちは二回です。

 でも、こういう光景を見ますと、面倒くさいけれども、やってあげてねばなあと思いますね。口には出してくれませんけど、「あったかい~」と言ってくれてると思います。でなかったら、許さん。

 ワット君は昨年まではダンボールの箱に入っておりました。が、今年はせっせと衣類を処分したおかげで、衣類の入れ物、箪笥類がなくなっていっていることは、皆様ご存知かと思います。押入れ用の二重引き出しの三段箪笥二つが、既に不要となりました。
wat1.jpg
 ダイナ君は箪笥をかなづちで叩いて壊してくれて、「いや~、ストレスの解消になるわ」と楽しみにしておりました。そして、もう一つは、玄関に置きました。一番下の段の引き出しだけこわさずに置いておいて、その手前の引き出しにカーペットのきれはしを敷き、ワット君の小屋としました。箪笥の外枠は置いてありますので、雨露はしのげます。

 このワット君を引越しのときにはどうするのか。いろいろな方に尋ねられます。ワット君は野良猫さんで、しかし、人なつこいところを見ると、飼われているのかもしれません。ワット君がうろうろと入りこんでいるお家が一件ありますので、そこで飼っているのかどうか尋ねてみて、それから連れていけるものなら連れていきたいと考えております。

 世帯主は「ワット君みたいに、鳥を獲ったり、鼠を獲ったりするような野生的な生活をする猫を、連れていけるわけないだろうが」と言っております。これが、動物飼育に対する無知といいますね。といいますか、おそらく多くの方はそのように考えるのだと思いました。

「知らないことは罪です」

 これは私が動物愛護に興味を持ってすぐに教えられた言葉ですが、動物愛護どころでなく、様々な世界においてもいえることです。まあ、今更、ここにお越しくださるご贔屓様に私が講釈などする必要はありませんが、一言立場をはっきりさせておきましょう。

 犬猫さんは、人間の世話にならないと生きられないようにできています。共存といいますが、これだけ人間社会の生活様式が変化した現在、猫さんは完全室内飼いしないといけません。それは、以下の理由によります。

 1 交通事故防止
 2 近隣住民への迷惑防止(花壇を荒らした、庭での排泄行為)
 3 感染症防止

 この最後の感染症防止ですが、猫は犬よりも感染したなら治らない病気が多いです。そして、その病気は野良猫さんにおける羅漢率は10%。つまり、10匹に1匹は病気となっているわけですね。そういう猫さんを相手に喧嘩すると。感染します。予防注射が防ぐことのできる病気もありますが、できない病気もあります。ワット君は、うちの猫ではないですが、とりあえず、蚤予防、感染予防はやっております。首輪がついていないので、おそらく数件で御飯をいただいているだけだと思われます。

 そして、最近思うようになりました。ワット君は寿命が2年と言われている野良猫の割りに、その温和ですばしっこい性格のために、4年は生きているようです。私が一番心配するのは、老後ですね。もし、駐車場の多いこの場所で、間違えて足でも車に踏まれてしまえば、確実に活動が困難となってしまいます。そして、ワット君はどうなっていくのか。元気でいたとしても、老後はどの家で暮らしていくことができるのか。

 何度も、ワット君をうちの猫にすることを考えました。しかし、うちの家はもうキャパがいっぱい。引っ越し先がもう少し広ければ。ここが決断時でしょう。
めいちゃんとさつきちゃん
 新しい家族を募集しています。二匹の犬さんです。北海道のみのさん経由で、保護主様になられた方のブログから詳細をご覧になれます。

スポンサーサイト

2008.11.18(Tue)12:04 |  日記  | コメント : 8 | トラックバック : 0

犬、猫は完全に人間社会に取り込まれています。人間が経済活動から離れて生活できないように。確か以前、ぶんちゃんも「ワット君はうちで飼ってあげないと」とおっしゃってたような…。こんなにかわいい寝姿を見れば放っておけませんよね~。
前にも書きましたが、両親の猫が外飼いです。お狂さんちのように立派な住宅地ではなく村みたいな所なので許されているのでしょうが、病気やケンカ、近隣への迷惑など気がかりです。去年などは隣の猫(放し飼い)が両親の猫をよくいじめているので、猫名義でお歳暮がきました。こんなのんきな有り様ですから意識が高まらないのかもしれませんね。

2008.11.18(Tue)19:42 | 百福 #- | URL [ 編集 ]
こんばんわ。ワット君、あったかくてシアワセそうですねー。一緒に連れて行ってもらえたらいいなぁ。

実は私も少し前に野良にゃんに出会いました。博物館のとなりの畑で。真っ白で4~6ヶ月くらい?のオス。ちびっこでしたがサカリがついている様子。何日かゴハンをもらいに来ていて、わりとなつっこく、でも目も鼻も黒くなっていてあごの下はハゲてました。もう少し慣れたら、保護して動物病院に連れて行って、里親さんを探してあげようと思ってました。我が家には15歳の老猫がいて同居は無理。そして私の住む町には悲しいことに動物病院がないのです。タイミングを計っている間に姿を見せなくなってしまいました。正直、今とても後悔しています。今度もし出会ったら。その時の覚悟が今日できました。ありがとうございます。

2008.11.18(Tue)21:42 | きてぃ。 #xf8tDmz. | URL [ 編集 ]
ワット君、可愛いです。(*^_^*)
毛色もとっても綺麗ですね~。
お狂さんに一緒に連れて行ってもらえたら良いのに。。。と思いますが、格の進クンもいるし、同居もなかなか大変ですよねぇ。
う~ん、でも、ワット君、可愛い。。。

2008.11.18(Tue)23:03 | みい #- | URL [ 編集 ]
百福さま
私もですね、外飼いをなんのためらいもなくなさっていらっしゃる方に
時々お会いします。
夏にもお会いしましたが、なんというのか、
よい方なんですよ。
「うちはこのとおり道路にそばでしょ。
仔猫ちゃんが出ていって、轢かれてしまうのよ」
いや、そりゃ、室内飼いしないとそうなることはわかっているだろ、
と言いたいのですが、
立場的にいえないというのでしょうかねえ。
自分よりも年上の方を相手にして、
「そりゃ、だめですよ、室内飼いしないと」
とさらっと、嫌味なく言えたらどんなにいいか。
同じことを言っても、私は非常に正直な人なので、
「飼い主の責任を何と思ってるんだよ」
という思いがわかるように言うだろうと思うんですね。
手順を踏んで、徐々に言っていかないといけないのですが、
これがまた、できるような状況ならいいですが、
そんなに頻繁にお会いしないとなると、
人間関係が深まっていくはずもなく。
といって、ビラみたいに、
「猫は室内飼いしましょう」
みたいなのを作って、お渡しするのもまた、
これまた嫌味かなと。
頭が痛いです。

2008.11.19(Wed)00:38 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
きてぃ。さま
いえいえ、お礼など。
犬猫さんなど動物を相手にするときには、
時というのが非常に問題となることがあります。
「この時保護していれば」
(しかし、ケージを持っていなかった)
などという後悔とセットでやってきます。
ですけれども、どなたもそうだと思いますよ、
そういうことを経験して、どんな場合でも対処できるように
なっていくのだと思います。
コメントをくださったみいさんなど、
保護のベテランさんですが、
まあ次から次へと保護して、そしてきちんと家族を見つけて、
時には、ぎりぎりのところで、お断りしたりもなさいます。
私はブログを拝見していて、この方、
プロだなと思います。
一人動物愛護団体ですよ。
きてぃさんも決心なさったなら、
きっと一歩を踏み出されて、
そしてまたそこから何か変わっていくと思います。
猫さんに対する愛情といいますか、
どの猫さんもしあわせになってもらいたいという思い、
それがあれば、必ず猫さんをしあわせにできると信じます。
もう一度、猫さんがやってきてくれるといいですね。

2008.11.19(Wed)00:44 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
みいさま
ワット君は、猫さんのわりに、犬さんみたいに、
表情で言いたいことがわかるんです。
なぜか、猫と仲の悪い格之進もワット君には何もしません。
ワット君は玄関の扉を開けておくと、
勝手にあがってきたりします。
そして、ダイナ君のそばでくつろいだりします。
図々しいといえば、図々しい猫さんですが、
一番、人間らしい感じのする猫さんです。

2008.11.19(Wed)00:47 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.11.19(Wed)09:57 |  # |  [ 編集 ]
鍵コメさま
お気持ち、お察しいたします。
鍵コメ様はいつも思いますが、努力の方だなと感じます。
ご自分の意見というのを曲げない。
というか、猫さんのためならという思いが
いつも感じられるんですね。
そのために、時には粘り強く、時には熱く、
私など拝見していて(って、お書きくださったものを読んでいるだけですが)、
うらやましく思いますね。
時々、自分の意気地のなさに、
「おまえは本当に動物愛護について真剣に考えているのか」
と自問するときがあります。

2008.11.20(Thu)01:47 | お狂 #- | URL [ 編集 ]
コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月 18日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 冬がやってきた
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 冬がやってきた
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年11月18日 (火)
  • 12時04分43秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。