動物と暮らす日々を、動物愛護の観点から綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
 フィラリアかあ。治療が長くなるなあ。と思いつつ、帰宅。やはりまだ震えながらケージに丸まる格之進ですが、じっとしていない輩がうちにはいます。
sukesaburou 020.jpgsukesaburou 022.jpg
 年子は黒いので、夜写真を撮ると非常に見難いのですが、まず家のボスとして格之進に接近。以前、ごんちゃんが迷い込んできたとき、体中の毛を逆立てていましたが、格之進がじっとしているので、徐々に近づいていきます。助ちゃんは、まず年子ねえちゃんの様子を見てから動く弟分ですから、そこは静観。「年子ねえちゃん、先発隊でお願いしますよ」と後ろから援護射撃(してない)。

 格之進は猫二匹など、目に入っていない様子。おかげで、「わん」も「にゃー」もなく、「良かったね」と家族皆が一安心。これが一時的なものであることに気がつくのは、もっと後のことです。

 その晩も同じように、私のお布団で一緒に寝た格之進。夜明けには、「ここは僕の寝る場所ではない」と思ったのか、昨夜同様、ケージに帰っていきます。明けて、月曜から金曜までは、私一人が一日家にいるわけで、格之進と二人になります。あ、猫も亀もいるんですけどね。

 皆が学校や会社に出かけていくと、格之進は茶の間のピアノの下の隙間を見つけ、そこに入り込んでしまいました。「そこがいいならそこにいて。でも、本当は楽器の近くにはいてほしくないんだが」と楽器を大切にする私は思いましたが、今はそうも言っていられません。

 とりあえず、玄関を掃き出します。猫たちはケージの中から外を見るのが大好き。お掃除の嫌いな私は弾みをつけつつ(この場合、歌を歌いつつとか、猫に話かけつつということです)、抜け毛をぱぱぱと集めます。ちりとりに入れたら、玄関外に置いてあるゴミ箱に入れてと。「格ちゃん?」茶の間にちょっと様子を見にいきます。あれ、いない。お台所へ。ここにもいない。まさか外になんかいかないよね、臆病な子だもん。二階に上がって、いない。あらら、どこに隠れたのかな? 格ちゃんの隠れ場所なんか、そうそうないよ。うちは狭いもんね。

 ともう一度捜しますが、いません。え!? まさか外へ?

 うちは大通りから一本入ったところなので、交通量は多くありませんが、二件先は大通りへと面する道路が通っています。そこに出ると、大通りはすぐ。市役所の前を走るメインストリートです。

 あわてて、外に出ると、まさにその二件先で、行きかう車の邪魔になりながら、渡ろうとしています。「格ちゃん!!!」叫ぶと、格之進はあわてて信号待ちの車の前を走り、対向車線の車の下にすべりこんでしまいました。

 道を渡り、止まっている車の下を覗き込むと、ぺたっと伏せている格之進。私はまず、助手席に座っている方に「すみません、この車の下に犬が入り込んでいるので、引きずり出すまで止まっていてください」とお願いしました。前はもう動き始めています。

 「格ちゃん、出ておいて」と呼びかけますが、「は~い」と出てくるような格之進ではありません。首輪を持って引っ張りました。痛いかもしれないけれど、ごめんよ。でも、ひかれてしまったら何にもならないからね。

 抱き上げ、「すいませんでした」と頭を下げる母親の私。車の方はうなずいて走っていきました。歩道で見ていた人が「ひかれたの?」「いえ、うちの犬が逃げ出したんです。車の下に入ってしまったので、止まっていてもらいました」と説明します。

 抱いて家までの短い距離を、「格ちゃんの馬鹿! 事故にあったらどうするの! 格ちゃんの馬鹿! どうして逃げ出したの! 格ちゃんの馬鹿!! どうして呼んでも出てきてくれなかったの!!」と言っているうちに、涙が出てきました。

 震えているような犬だから、外になど行かないだろう。そう油断した私が悪いのです。格ちゃんは沖縄に帰りたかったのかなあ。そう思うと、なんか情けなくなってきました。
スポンサーサイト

2006.09.16(Sat)23:55 |  日記  | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
現在の位置
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
動物愛護(になってないかも)日記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年09月 16日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記
  └ 格之進、脱走する
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

いつでも里親募集中
プロフィール

お狂

Author:お狂
社会人から大学院生となった娘ぶんちゃん(猫担当)と大学を卒業した息子ダイナ君(爬虫類、特に亀と恐竜担当)の母親(犬担当)。
先天性代謝異常メチルマロン酸血症のダイナ君と過ごすうえでの出来事、社会に対して思うことなど、動物愛護とは関係ない日もしばしば。
画像提供:ぱたぱたアニメ館(http//www.pata2.jp/index.html)

表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 格之進、脱走する
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2006年09月16日 (土)
  • 23時55分24秒
by AlphaWolfy
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
練馬区で新しい家族を待っている猫さんがいます。詳しくは記事より。
近況コメント (8/16up) Finetoday
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

星が見える名言集100
全ての記事を表示する
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。